FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

2008年キャロットクラブ 応募馬 No.4

Azusa-Yumi02.jpg

2008年キャロットクラブ 応募馬 No.4

Azusa-Yumi03.jpg

#5 アズサユミの2007 @ ノーザンファーム Yearling 遠浅


この繁殖の仔は、かならず大物をだすと思っています。
それが本馬であることを願う!

そして、抽選なのかな?! 無事に当たってくれることを、また願うのである!!


Symboli-Kris-S02.jpg

シンボリクリスエス @ 社台スタリオンステーション


父シンボリクリスエスは、恵まれた体格を生かし、大きなストライドで大活躍した馬でしたが、
早い動きがをするような瞬発力、軽いバネが少し足りなかった思います。

今まで見てきた産駒は、少し硬かったり、運動神経が少し鈍いような印象受けます。
それはロベルト系の特徴だと思うので、
そのあたりを配合によって、上手く補う馬から活躍馬が出ていると思います。

しかし、この系統特有のネバリあるい強靭な筋肉を受け継ぎ、父譲りの体格や骨格に恵まれた仔は多く、
体質が強化される、古馬になっていくとさらに成績が上がってくると見ています。

繁殖に恵まれているとはいえ、
2歳リーディングサイヤーランキング上位に入ったのは、正直びっくりした。

思った以上に早い時期から動くことからも期待できる種馬と言えます。


Azusa-Yumi04.jpg


本馬は美しく、抜群のバランスを持った骨格と体格を持っています。
父似て、その特徴が前面に出た骨格と体格、そして体質をも持ち、父の足りない素軽いバネも母から受け継ぎました。

そして、お母さんが優秀な繁殖ということもあるのですが、
この系統らしい、歩くたびに感じる芯力、柔軟なネバリのある、強靭な筋力がありながら、
特質べきは、この系統に足りない、繋ぎのクッション性、素軽いバネもあるので、動きが違います!

手先が重々しくありません!

前捌きが、もう少し柔らかい方が個人的には好きなのですが、
この系統としては、全く気にならない程度で、むしろこの体質と運動神経を持っていれば、
兄弟の活躍を考えれば、大きな期待をしてしまう1頭です。


Azusa-Yumi01.jpg


乗っていたバスが放牧地の横に到着して、
ぱ~と馬を見渡し、一頭違う雰囲気で並んでいた馬で、垢抜けた馬体をもっていました。

他の馬とは違う、何かオーラみたいなものが見えました!!
その部分に大きな期待を寄せています。

色々適当なことを長々と述べていますが、最後は閃きです。
馬って、いつも「ひらめき」なんですよ!(苦笑)


スポンサーサイト



  1. 2008/09/27(土) 07:43:47|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽しいひと時☆ | ホーム | 2008年キャロットクラブ 応募馬 No.3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/938-90382320
Total: Now: