FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記。

4/24
P1030456.jpg

-Carignano Del Sulcis Superiore Terre Brune 1995 C.S.Santadi S.C.R.L (Italy/Sardegna)
-Gravello 1995 Librandi (Italy/Calabria)


サルディニアのワイン。使われている「カリニャーノ」というブドウは、ほとんど経験が無く、どんなものか?と抜栓してみました。オレンジがかった色合いで、やや色の薄いタイプ。しっとりとしたフルーツ、イチゴやサクランボのようなもの、カシスも感じる。そして「レザー」や土の香りが立つ。とってもクリーンな酸で、果実味豊かでありながら、冷たさを感じさせるエレガンスがある。もっと北のワインのイメージが湧く。

「ガリオッポ」がメインでしたが、思ったよりも濃い色合い。ふわっと香る「チェリー」、仄かな「カシス」、熟した「ブルーベリー」、「バニラ」や「煎りたての珈琲」が、優しく香ります。アフターには、どことなく「高級ダージリンティー」のような香りが残ります。熟成し、口当たりは繊細で、優しく、心地がよい研ぎ澄まされた、優雅なタンニンと美しい果実を思わせる酸が広がります。心が落ち着つかせてくれる、豊かで、みずみずしい味わいです♪

4/25-5/6 休み

5/7

P1060631.jpg

-Colli Euganei Chardonnay 2000 La Montecchia (Italy/Veneto)
-Puntay Chardonnay 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Segumo 2000 Ca'del Vispo (Italy/Toscana)
-Bourgongne Chardonnay 2000 Francois Mikulski (France/Bourgogne)


「シャルドネ」の飲み比べをしてみました。

ナッツや麦わらを思わせる、熟成香がいっぱいの「モンテッキア」、味わいもほぼ仕上がっており、今が旬かも知れない。

エステ&ノイエの「プンタイ」は派手さは無いのですが、透明度を感じさせ、また、しっとりとした味わいに心が洗われます。素敵なワインだと思います。

ヴィスポの「セグモ」は、シャルドネの他にソーヴィニヨン・ブランとピノ・グリージュのブレンドワインで、一部陰干ししたブドウを使っています。ちょっとクセのある蜂蜜や花粉のような、独特香りが印象的で、味わいも濃厚、これは好き嫌いが分けるようなタイプだと思います。個人的には酸がもう少し欲しい。

上記のイタリアワインと比べてしまうと、まだまだ若々しいブルゴーニュ、まずは「酸」の印象が全く違います。堅いというか、締まっているというか、ミネラル感が強いというか、しかし、それがエレガンスなのでしょう。また、熟成スピードの違いともなっていると思います。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/04(月) 16:41:38|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<元気になるねー♪ | ホーム | 未知との遭遇。。。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/375-35e16722
Total: Now: