FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記。

9/02
-Chassagne-Montarchet 1er Maltroie 1994 Domaine Coffine-Duvernay (France/Bourgogne)
-Pouilly-Fuisse Tete De Cru 1986 Domaine J.A.Ferret (France/Bourgogne)
-Chablis 1er Vaillons 1995 Jean Dauvissat (France/Bourgogne)
-Rudesheimer Klosterlay Riesling Auslese 1976 Kloster Eberbach (German/Rheingau)


P1050061.jpg

「ジャン・ドーヴィサ」のシャブリの1級「ヴァイヨン」のワインです。非常に濃く、ボディーがしっかりとあるタイプなので、シャブリというかコルトン・シャルルマーニュやピュリニー・モンラッシェのイメージが湧く味わいでした。シャブリらしいミネラル感もあるのですが、それ以上にパイナップルなどのフルーツが出ています。「ルネ&ジャン・ドーヴィサ」は知っていましたが、この方もシャブリを代表する造り手と言って良いのでしょう。

P1050060.jpg

ドイツ、ラインガウの「クロスター・エバーバッハ」が醸した76年は、ワックスや蝋の香りに蜜、ミネラル、アプリコットなどの複雑な香り、繊細で上品な酸は、大人しく熟成しており、品のある甘み(一つクラスの下であるスペトレーゼくらいの甘さ)と絶妙な味わいを醸し出しています。甘さは大人しいのですが、ワインの厚みはトップクラスのアウスレーゼに間違いありません。粘りある柔軟性と芯力がさすがに、素晴しい収穫となった76年なのでしょう。


9/03-04 休み

9/05
-Louis Barthelemy Pick Brut Rose NV (France/Champagne)
非常に良くできたロゼ・シャンパーニュです。ロゼ特有の重々しさがなく、繊細で上品な味わいです。ただし、香りにもう少しフルーツがあると良いかな・・・。

9/06-08 休み
スポンサーサイト



  1. 2006/09/09(土) 17:03:22|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<B級グルメ(北千住・三河島) フィナーレ | ホーム | B級グルメ(北千住・三河島)その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/272-f5e7646c
Total: Now: