FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飲みごろが難しい83 @ ワイン日記

6/25 Yさんワイン会
IMG_0634.jpg

-375ml Champagne Selection Brut NV Pannier (France/Champagne)
-Chablis Les Clos 2008 Saint-Antoine (France/Bourgogne)

-Beaune 1er Cru Champs Pimonts 1996 Domaine Lois Dufouleur (France/Bourgogne)
-Gevrey Chambertin Vieille Vignes 1994 Serafin Pere & Fils (France/Bourgogne)
-Gevrey Chambertin En Pallud 1983 Domaine Maume (France/Bourgogne)



Yさんの美味しいお料理とワイン、飲み過ぎちゃいました。


どれも個性があり、そしてヴィンテージのキャラクターも出ていました。

96は意外と美味しくなってきています。

94は少しクローズしていくかな、、、このボトルも香りは出るのですが、味わいが少し内向的。


83のマームは少し温度が低かったせいか、ボトル差か、それとも83の熟成度か、堅く閉じていました。

この1983年のブルゴーニュは、飲みごろが難しいヴィンテージであります。

凝縮度やワインの艶か若さ、さすがの出来と思わせる味わいなのlですが、

美味しいものもあれば、まだ閉じているもの、この年のワインはその熟成度の違いが大きくあります。






6/26 休み






朝の散歩とラジオ体操、継続中!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










スポンサーサイト
  1. 2012/07/01(日) 09:55:16|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロセッコ @ ワイン日記 | ホーム | オレンジの香りが印象的なクロ・ド・ラ・バール @ ワイン日記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/2069-1843a1b5
Total: Now: