FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン会 @ ワイン日記

4/14 ワイン会
DSC05392.jpg


-Champagne Rose Brut NV Roger Coulon (France/Champagne)
-Cabernet Sauvignon Special Reserve 2008 Domaine Helan Mountain (China)
-The Judge Chardonnay 2009 Kongsgaard (America/Calfornia)
-Chateauneuf du Pape Pignan 1997 Chateau Rayas (France/Rhone)
-Chateau Pavie 1970 (France/Bordeaux)
-Cabernet Sauvignon Napa Valley 1978 Heitz Wine Cellar (America/Calfornia)
-Chateau Trotanoy 1978 (France/Bordeaux)



中国のワインは発展途上、まだまだのレベルです。

高級ワインの雰囲気はなく、香りもグレープジュース・・・。

長い目で見る必要がある。



カルフォルニアのシャルドネ、あのジャッジです!

超プレミアムの一本で、さすがの風味を出し、独特のオーラを持っています。

さすがのエレガンシーを持っていますが、やはり甘く感じる緩さを感じますし、飲んだ後に残るアルコール感がまた強いです。

酒質が強烈です!!!

ただ者ではありませんが、価格を考えるとバタール・モンラッシェかな。。。



ラヤのピニャン、これは通常のパプとは違いますね。

良い感じの熟成具合で、美味しく頂きましたが看板のパプとは違う仕上がりに、フォンサレットの方がスケールを感じます。



ハイツ・ワイン・セラー、ここの赤ワインはいつ飲んでも素晴しい!!

本当に旨い!

香りも味わいも余韻も全てが高いレベル、ベースのワインでもまだまだ熟成できるポテンシャルがある。

カルフォルニアのカベルネで一番好きかも知れない。



ハイツと同じ年のトロタノワ、やはりボルドーは冷涼な印象があります。

比べてしまうと、香りの複雑性と味わいの奥行き感、ワインのスケールがあります。


これは甲乙つけがたい、美味しい個性とワインの方向性があると思います。






4/15-16 休み






また雨か、、、
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト



  1. 2012/05/02(水) 08:20:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02ドイツの力 @ ワイン日記 | ホーム | 硬質な白ワイン @ ワイン日記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/2016-575c6b15
Total: Now: