FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

まだ書いていない、えびす料理が3つもあります。(苦笑)

-1 Antipasti-
甘えびとポロネギの冷たいリングエッティーネ

P1070064.jpg

カノビアーノの話になって、そのスペチャリテを改良しようと珍しく出てきた「冷製パスタ」です。ポロネギとフルーツトマトをソースにして和えています。自分もそうですが、細いパスタの「カッペリーニ」はあまり好きではないで、リングイネの細いやつで作っています。さっぱりしながら、食材の味がしっかりと引き出されています。

-2 Antipasti-
白アスパラのトリュフ風味
      &
ビンクアスパラとイカのサラダ

P1070068.jpg

浅野さんから「3色のアスパラ」が入ったとのことで、いったのですが、数が少なく緑色のヤツは残念ながらありませんでした。しかし、よくもまあ、千葉でこんな立派なアスパラが出来るなあと感心させられます。白は軽くボイルしてから、バターソテーし、終いにトリュフでお化粧です。ボイルしているので、あのしっとりとしながら、シャキっと感もあります。おいし~い!ピンクは、グリルです。こちらは、しっかりとした歯応えがあり、シャキっと感がいっそう強くありました。

-3 Antipasti-
小ふぐのラルド巻き、白子のディップ
        &
白魚のフリッタータ、菜花のピュレ

P1070070.jpg

さっぱりしたねぎとふぐに、濃厚な白子のソースは相性が良いです。綺麗な色合いのソース、菜花の仄かな苦味がさっぱりした白身のフリットに合います。どちらも上品なお料理です。

-4 Antipasti-
シャンピニオンのロワイヤルとフォアグラ
           牛房のカプチーノ仕立て

P1070072.jpg

これはシェフのスペチャリテですね。何度か頂いています。その都度、改良されていますので、同じものは二度と食べられません。(笑)フォアグラとマッシュルーム、いいですね!グチャグチャにすると最高に美味しいです。

-Primo Piatto-
桜えびと菜花のペペロンチーノ

P1070074.jpg

時期ですね!桜えび、菜花とさっぱりしたアリオリです。色合いも良いし、味も良いし、あっという間に食べてしまいます。美味しいのですが、桜えびのもぞもぞ感が、個人的にはちょっとかな・・・。


-Risotto-
春のリゾット

P1070076.jpg

今日は珍しいものが続きます。今度はリゾットです!ズッキーニ、そらまめ、その他の野菜は忘れてしまった。。。(汗)何か足りず、最後にプロシュートをちぎってできました。さっぱりしたリゾットでたくさん食べられそうです。すげ~旨いではなく、なんかこう心温まるお皿でした。

-Secondo Piatto-
いろいろ野菜、牛腹身のグリル添え

P1070078.jpg

「アル・ページュ」の話で盛り上がり、アラン=パッサール並みの超低温でソテーした、紫ほうれん草、普通のほうれん草、そして今年最後のハニーキャベツ、ズッキーニのグリル、野菜のオンパレードです。付け合わせに牛腹身のグリルです。もちろん、メインは「野菜君」です!とろけるような、ほうれん草は独特の風味が美味しく、紫のほうが、火を通すと甘くなっています。

-Dolce-
いちごのカプチーノ仕立て

P1070080.jpg

ホワイトチョコのプリン、その上にパンナコッタのジェラート、そこにフランボワーズのソース、その上に牛乳の泡が乗っけられています。4層です。固まるギリギリのところで作られているWチョコのプリンの仄かな苦味と甘みと風味が冴えるパンナコッタ、そして酸味が利いているフランボワーズ、全部をまとめ、口当たりを良くする牛乳、いや~、見かけは分かりませんが、もの凄く手の込んた、そして美味しいデザートでした。色々な味わいが楽しめ、最高の出来でした。また食いたいといっても、もう恐らく出てこないでしょう。。。やったね!
スポンサーサイト



  1. 2006/05/01(月) 00:07:12|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワイン日記。 | ホーム | ワイン日記。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/198-1af6ab65
Total: Now: