FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

うち飲み @ ワイン日記

1/19 自宅にて
DSC04976.jpg

-Bourgogne Aligote 2008 Domaine Leroy (France/Bourgogne)
-Corton Charlemagne 1987 Andre et Jean Rene Nudant (France/Bourgogne)

-Vino Nobile di Montepulciano Riserva 1988 Fattoria della Talosa (Italy/Toscana) GOOD!
-Gevrey Chambertin 1er Les Cazetiers 1980 Pierre Bouree Pere & Fils (France/Bourgogne)
-Chateau La Lagune 1983 (France/Bordeaux)
-Poggio Ai Chiari 2000 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana) GOOD!
-Chateau Margaux 1970 (France/Bordeaux)


ドメール・ルロワとはいえ、アリゴテはアリゴテでした。(苦笑)

凄い樽高と酸っぱい香り、パーマ液の香りに近いです。熟成させて、、、どうかな・・・。


硬質な白ワインが続きますが、お次は特級格のコルトン・シャルルマーニュです。

ワインの質が違いますね。濃密でミネラリーですが、フルーツの緻密な構成力が違います。底力があります。

87ですが、10年は若く感じるほどワインが引き締まっています。フレンチの魚料理が欲しいです。


DSC04960.jpg

-Vino Nobile di Montepulciano Riserva 1988 Fattoria della Talosa (Italy/Toscana) GOOD!


タローサの88、これが旨旨です!

少し単純ですがフルーツが丸く、ワインの味わいが滑らかで膨らみます。

サンジョベーゼの美しい熟成がありました。これはなかなか味わうことが出来ないと思います。


ピエール・ブレの80は、カゼティエのものです。80年イイですねー!!

ブルゴーニュワインのこうあるべく姿がありました。香りとフルーツと酸味とエレガンス。

グラスがすすんでいきます。


ラ・ラギューンは83です。83のボルドーは美味しい、これもその一本ですね。

外向的な明るさ、まろやかさがあり、充実した旨みが楽しめました。

オー・メドックなので地味ですが、ワインのレベルが2級並だと思います。


DSC04967.jpg

-Poggio Ai Chiari 2000 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana) GOOD!


ポッジョ・アイ・キアリは、明るく外向的な00、まだまだ熟成感はでておらず若い!

瑞々しいフルーツと綺麗な樽のニュアンス、ここまで美しいサンジョベーゼは珍しいと思います。

今後の熟成が期待大です!!!


DSC04971.jpg

-Chateau Margaux 1970 (France/Bordeaux)


酔っぱらった勢いで、シャトー・マルゴーが出てきました! あのマルゴー出てきましたよ!!


ブラインドで飲んだのですが、お嫁サマは見事に的中!なぜに?!

一度しか飲んだことがないはず、しかもちょろっと。。。 恐るべし感性の持ち主・・・。

自分は、カベルネベースのやや硬質なヴィンテージ、70か78のサンテステフとポイヤックの中間のワインでした。

遠からず、まあ良い回答だと思うのですが、如何せんピッタリと当てられてしまうと面目がありません。(苦笑)


70のマルゴーは今のスタイル違って、ちょっと硬質なんですよね。

あー、なるほどと思いながらも、ここまで素晴しいワインが出てくるとは・・・。Y、ご馳走様!!



1/20 休み




シャトーマルゴーに酔い酔いっす!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



  1. 2012/01/29(日) 09:42:41|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイネルエクレウス @ 1回東京2日 7R (混合)(特指) 3歳500万円以下 | ホーム | まぜまぜ @ 印度料理専門店ナイルレストラン(東京・銀座)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/1926-b3ba6f77
Total: Now: