FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ボルドーワインを楽しむ会 @ よし町(茨城・土浦)

_DSC4770.jpg

先付 牡蠣クリーム焼き トマトソース


遅くなってしまいましたが、先日のワイン会の写真です。

ボルドーワインと和食の組み合わせでしたが、とてもいい感じのもの、やっぱり難しかったもの、、、
なかなか楽しい経験となりました!


Chateau Charron Acacia Vieilles Vignes 2004 Blanc
Chateau Mont-Perat Blanc 2007



先付けは、やや洋風のアレンジ、牡蠣のグラタンです。

ミネラル感の豊かな、濃さのある白ワインととてもイイ感じです♪
もっと食べてくなります。。。


_DSC4778.jpg

合肴 朴葉焼き 豚角煮 舞茸 茄子 銀杏 長葱

Chateau de Chantegrive 1999 Caroline (Graves)


ここが難しかった、、、

単体ではとても美味しいお料理とワイン、
でも一緒にいただくと・・・。

味噌とワインの相性なのである!
これが難しい、、、 和食らしい甘みのある風味豊かな味噌と酸味ある白ワイン、

ぶつかる・・・。
アルコール感や嫌味しかかんじなくなってしまう。

あああ、難しい。


_DSC4780.jpg

造り替り 鮪のステーキ風

Pavillon Rouge de Chateau Margaux 2006


ここは定番の組み合わせ、生の鮪と濃い赤ワインの組み合わせ、

脂分がびっしりという部位ではなく適度にサシがはいっているところを使っている。
そのため魚の生臭さが出ず、ワインとの相性もばっちりなのである!!


_DSC4788.jpg

小鍋 牛肉と松茸の煮物

Chateau La Mission Haut Brion 1979


ここはワインの素晴らしさが際立っていた、
まだちょっと若い状態であったが、グラスから立ち上る、素敵な薫りにうっとり♪

松茸の土の香りと牛の旨みが、これまたイイ感じなのである。

両方とも個性を放っていた!


_DSC4794.jpg

握り 江戸前寿司  


お寿司で一休み。。。
やっぱり、握りを頂くと嬉しくなる。


_DSC4797.jpg

甘味 栗のクレームブリュレ


〆は、洋風なクレームブリュレである。


ボルドーと和食、悪くないどころか、いい部分がたくさんあった!
ちょっと失敗した部分も、もう少しアレンジできれば、意外にびっくりと相性になったかもしれない。

もっと研究してみたい。





スポンサーサイト



  1. 2009/11/13(金) 23:37:02|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワイン日記 | ホーム | ワイン日記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/1547-6f1a4245
Total: Now: