FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記

12/01 Tさんホールインワンの祝賀会
081201_2127~0001

-1500ml Puligny-Montrachet 1er Cru Les Morgeots 1992 Domaine Ramonet (France/Bourgogne)
-Luce 1995 Frescobaldi & Mondavi (Italy/Toscana)
-Chateau Clinet 1970 (France/Bordeaux)
-1500ml Nuits-Saint-Georges 1996 Domaine Emmanuel Rouge (France/Bourgogne)
-1500ml Griotte Chambertin 1987 Domaine des Chezeaux (France/Bourgogne)
-Clos de Vougeot 1997 Alain Hudelot-Noellat (France/Bourgogne)
-Musigny 1976 Louis Latour (France/Bourgogne)
-Chateau Mouton-Rothschild 1981 (France/Bordeaux)



さすがに豪勢です!!
なかなか飲むことが出来ないワインが、ずらりと並びました♪

どれも個性を放ち、印象的でしたが、特に心に残ったワインを書いておきます。。。


081201_2202~0001


ルーチェの95年は、少しメルロが入っていると思うのですが、
そのメルロらしさ、しなやかさだったり、動物的な香りだったり、があります。

そして、繊細で非常にエレガント、最近のルーチェとは全く違い、素晴しく美味しいです!!
柔軟性とキメのある繊細さを兼ね備えた、極上の1本でした。


081201_2157~0002


シャトー・クリネの70年、これは素晴しかった!!!
メルロが、本当に良く熟した印象があります♪ まさに飲み頃でした!

香り、味わい、余韻、ワインが醸し出す雰囲気、どれも一流のもので、
さらに見事なまでに熟成し、旨みを醸し出しています!!


081201_2156~0001


アラン・ユデーロ・ノエラのグロ・ド・ヴジョ、97年とは言え、とても美味しい状態で、
今風の濃さとピノ・ノワールらしい繊細さがあります。

97年にしては、とても厚みがありました!!


12/02-07 休み




スポンサーサイト



  1. 2008/12/28(日) 17:29:10|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<落ち着く。。。 | ホーム | ワイン日記>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fabrizio.blog18.fc2.com/tb.php/1128-7bc9e5cf
Total: Now: