一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お休み

IMG_0540.jpg


夕方から、横浜・中華街&山下公園を散歩。。。


久しぶりに華正樓の肉まんをゲットしました!

早くふかして食べたーい!!






高校以来のマリーンタワー、シーのタワーオブテラーの後だけに、ちょっとぞくぞくした!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
  1. 2012/05/30(水) 23:08:17|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワインの飲む順番の大切さ @ ワイン日記

5/23
DSC05541.jpg

-Champagne Blanc de Blanc Extra Brut NV Ulysse Collin (France/Champagne)
-Gevrey Chambertin Vieilles Vignes 2008 Domaine Denis Mortet (France/Bourgogne)
-Nuits-Saint-Georges 1er Les Chaignots 1997 Domaine Robert Chevillon (France/Bourgogne)
-Gigondas Le Grand Montmirail 1996 Domaine Brusset (France/Rhone)



お気に入りのシャンパーニュはユリス・コラン、前ロットよりも硬質でブラン・ド・ブランらしい仕上がり、

それでいて鼻から抜ける樽熟ならではの風味、さすがです!!


ドゥニ・モルテのヴィエイユ・ヴィーニュは、さすがに硬質でまだまだ若い印象、

時間とともに奥のある、雰囲気を感じます。

がa! 今楽しむには、如何せんワインが若すぎました!


ロベール・シュヴィヨンのシェノ97は、ふんわりとした果実、タンニンの充実度、美味しい状態です♪

ピノ・ノワールの美味しさを楽しめます!! ウマイ!!!



そのあとに飲むには申し訳なかった、ブリュッセのジゴンダス、

シラー、グルナッシュらしい風味、熟成した風味ありますが、前のフルーツ感が鮮やかなので、こちらのフルーツが感じにくい・・・。(汗)


飲む順番大事です!







5/24 休み







今日も充実したぞ!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/05/28(月) 23:33:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

小布施ワイナリー @ ワイン日記

5/22
DSC05527.jpg

-Merlot 2 Le Vin Biologique 2009 Obuse Winery (Japan/Nagano)


ピノ・ノワールよりは随分良くできているが、正直まだまだといった感じです。

そこで油分のある料理と楽しみました。


日本ワインの酸味を引き立ててくれます♪


ワインの鮮明なメッセージはありませんが、

抜栓してから、2日目、3日目の方が明るく良くはなっていきました。







季節の変わり目か運動不足か、カナダが重いここ数日・・・。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/05/27(日) 22:57:07|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

熟成向きのシンプルなシラー @ ワイン日記

5/21
IMG_0501.jpg


-Syrah Les Candives Vin de pays des Collines Rbodaniennes 2010 Yves Cuilleron (France/Rhone)


これは、かなりカッチリしたシラーらしいワイン、

ノーマルの方がバランスが取れていて、早くから美味しい状態でした。


こちらは、素性が良いので少し熟成させた方が良いかも知れない。






久しぶりに飲んで食ったー!! 早く寝ます。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/05/26(土) 22:19:36|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温暖化の影響?! @ ワイン日記

5/20
IMG_0497.jpg


-Avarus Chardonnay Vin de Pays D'Oc 2009 Thierry Rodriguez (France/Languedoc)


明らかに、一昔に比べて薄くなってきている・・・。(汗)


バランス的に美味しいが、味わいがどうしてか軽い。

ブドウが熟しすぎて、酸が足りなくなってアルコール感がでてくるから、

早めに収穫し、あえて軽く造っているのかな?!


10年、15年前のワインが素晴らしかっただけに、うーーーーーんって言ってしまう。




久しぶり、夢の国は、ファンタジーやな。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/05/24(木) 23:12:23|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樹齢を上げる継続性 @ ワイン日記

5/19
DSC05525.jpg


-Merlot 2010 Yamazaki Winery (Japan/Hokkaido)


キャンディーのような甘い香り、悪く言うと安いワインの香り・・・。(汗)

味わいは、硬質でストレートな酸とミネラルがびっしりと入り、酸っぱさを感じるほどしゃっきりしている。

しかし、抜栓、2日目、3日目と、丸い果実が出てきて、美味しさをより感じるようになる。

軽めのワインとは言え、3日目くらいが一番バランスが取れていた。


樹齢の問題か、現状ではピノ・ノワールほどのワインの持つ奥や複雑性はない。

しかし造りの良さをひしひしと感じるので、今後の発展を期待したい。



これは山崎ワイナリーのテロワールでしょう、この質の良い酸とミネラルが食事と合わせると抜群に引き立つ!!

和食に合う赤ワイン、きっと洋食でもいいはず!!








日本料理に日本のワイン、素敵です♪
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/05/23(水) 07:51:21|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

餃子に合う白ワイン @ ワイン日記

5/18
DSC05508.jpg


-Macon Pierreclos En Crazy 2007 Domaine Guffens-Heynen (France/Bourgogne)


光輝く、黄金のねっとりした高貴な液体からスケールを感じる。

香りは、ミネラルとバニラが溶け込んだフルーツ、白桃、パイナップル、ビワやキウイのアロマがある♪

濃度溢れる、とろっとした口当たりも酸が利いていて、とてもエレガント、

仄かに残るビターな余韻も美しい!


熟成向きの本格派のタイプで、これは、ちょっとクラスが違う感じです。



少し苦みを感じるアルコール感、酢とあわせると消えてワインが甘く感じるようになった。

餃子の酢醤油と、びっくりするくらいの相性。。。(衝撃)

酢ってワインと合わない気がしたが、アルコールが強いワインと良いのか。。。


とても面白い経験になった!







本日もポチっとお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/22(火) 08:03:49|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワイン会 @ ワイン日記

5/16 Tワイン会
IMG_0510.jpg


-Il Marzocco Chardonnay 1994 Avignonesi (Italy/Toscana)
-Chianti Classico Riserva Vigna del Sorbo 1988 Fontodi (Italy/Toscana)
-Mazys-Chambertin 1988 Pierre Bouree Fils (France/Bourgogne)
-Cabernet Sauvignon Red Rock Terrace 1986 Diamond Creek Vinyards (America/Calfornia)
-Chateau L'Evangile 1994 (France/Bordeaux)



アヴィニョネージのシャルドネは、少し苦みが出ていましたが、

まだまだ果実感が残り、それほどアルコーリックにはなっていらず、美味しく頂けました。


フォントディのリゼルヴァは、正直まあまあ・・・(汗)

欲を言うともう少し、ふわっと膨らむ感じがある良いのですが、広がりがありません。

ふんわり感があるとなあ。。。


ピエール・ブレのマジ・シャンベルタン、これは明るくて華やかさがあって、素晴しい風味♪

88にもかかわらず、ワインが開いて、旨みを余すことなく楽しめました!

ブルゴーニュ、美味!!!


ダイヤモンド・クリークは、ボルドーの雰囲気ありますね!

カベルネらしい、杉や線香のような香りが印象的で、旨みが甘く、フンワリと広がり、ワインの美味しさを感じます。

品が良く、まったく緩さを持っていません。トップクラスのグラーブに近いかな。。。


シャトー・レヴァンジール、素敵なメルロの雰囲気が出ています。

インクの香りとしなやかな口当たり、そして風格と旨み、やっぱりボルドーって旨いですね!

これからさらに良くなりそうですし、今でも十分にポテンシャルを発揮しています。






5/17 休み







 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/21(月) 09:46:51|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ブルゴグネ @ ワイン日記

5/15
DSC05505.jpg


-Rully 1er Cru 2009 Collection Alain Corcia (France/Bourgogne)


ちょっとワインの鮮明さは足りませんが、標準的なブルゴーニュワインだと思います。

適度な果実味、酸味、タンニン、ボディ、飲みやすく感じました。

ワインの造りが良く、素直なワインと言えるでしょう。


1級と聞くとえっ?!と思いますが、リュリィですからねー。



本日のディナーは、酸味をマイルドに仕上げた、シンプルなアーリオ&ポモドーロです!

なかなか美味しくできました♪

ピノの酸味が良い感じに引き立ちました!!






嫁さん、マジ本気です! →イタリア語、猛勉強中!!! ご注意!
さあ、オイラもイタリア語の勉強を始めるか!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/20(日) 09:21:23|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワイン会 @ ワイン日記

5/12 ワイン会
IMG_0508.jpg


-Ossian Vino de la Tierra de Castilla Y Leon 2008 Ossian Vides y Vinos S.L. (Spain/Castilla Y Leon)
-Clos d'Agon Tinto 1999 Vinedos Propios Vino de Mesa de Calonge (Spain/Calonge)
-Cote Rotie Cuvee Classic 2005 Rene Rostaing (France/Rhone)
-Chateau Clerc Milon -Pauillac- 1996 (France/Bordeaux)
-Chambolle Musigny 1994 Hubert Lignier (France/Bourgogne)
-Gevrey Chambertin 1er Cru Lavaux St.Jacques 1983 Rene Leclerc (France/Bourgogne)
-Chapelle-Chambertin Vieille Vigne Reserve 1998 Philippe Livera (France/Bourgogne)
-Clos de Vougeot 1998 Domaine Faiveley (France/Bourgogne)



素晴しいワインを堪能しました♪


クレール・ミロン、96らしく濃さや厚みがあります。これはあと10年は置いておくべきでしょう。

古典的なボルドーな雰囲気があります。


ユベール・リニエの94は、美しく、丸い女性的な果実感がたまりません!

村名とはいえ、素晴しいです!!!

もう手持ちがないのが残念。。。。







5/13-14 休み







 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/19(土) 21:53:11|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

本家を超えるパストゥグラン @ ワイン日記

5/11
DSC05487.jpg

-Yoichi Nobori Passetoutgrains 2010 Takahiko Soga (Japan/Hokkaido)


ピノ・ノワール単一のボトルの雰囲気はありませんが、果実が良く出ていて華やかな香り、

本家のパストゥーグランよりも旨いかも知れません。


ドメーヌ・タカヒコのワインは、かなり旨いと思います!!!



お嫁様がパエリアを作ってくれくれました!

おいしーい!!!






少しおろそかになりましたが、ぽちっとお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/05/18(金) 22:30:58|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この酸がいい!@ ワイン日記

5/10
DSC05469.jpg

-Champagne Hommage a Francois Hemart Ay Grand Cru NV Henri Giraud (France/Champagne)
-Pinot Noir 2009 Yamazaki Winery (Japan/Hokkaido)


思ったよりも深い紫色の色合い、

ブラックチェリーやプラムのフルーツに、苺のアロマ、甘いキャンディーのような樽香が薫る♪

色合い、香りからもワインの濃さを感じる。

味わいは冷涼な印象で、酸味のパワーを感じ、果実はやや内向的な状態です。


少し熟成させるべきなのかも知れないが、硬質な味わいだが変なエグミはなく、ワインに透明度と品がある。

現時点では、このクリーンな酸とミネラルをよりはっきりと感じ、ソリッドな余韻、果実感が全面出でてくると変わるのかな。。。


ドメーヌ・タカヒコのワインとは、また違った方向性のワイン、とても面白い!




抜栓、3日目にもなると、フルーツが全面に出てきて、素敵な酸味がさらに気持ち良くなった♪

なるほど、熟成向きのしっかりとした造りだと思います。


酸が良いので、お料理、パスタでも和食でも気にしないし、何よりお料理を引き立て、ワインが膨らんでいく。

このクリーンで真っ直ぐな、質の良い酸味、とっても素晴らしいじゃないか!









ただ今、日本のワインを体感中!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/14(月) 08:35:57|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

兄貴のピノ・ノワール @ ワイン日記

5/09
IMG_0500.jpg


-Domaine Sigga Pinot Noir Le Vin Biologique 2010 Obuse Winery (Japan/Nagano)


ドメーヌ・タカヒコのワインで、日本の可能性を大きく感じた。


が、お兄さんが造る、長野のピノ・ノワールは、

うーーーん、これが日本の限界かと、改めて感じてしまうねぇー。


樹の樹齢なのか、土地なのか、長野の風土がピノに向かないのか・・・。


といことで、コメントなしです。






兄弟でワイン造り、羨ましいぞ!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ













  1. 2012/05/13(日) 14:06:46|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

日本のピノ・ノワール @ ワイン日記

5/08
DSC05464.jpg


-Yoichi Nobori Kyumura Pinot Noir 2010 Takahiko Soga (Japan/Hokkaido)


一昔のピノ・ノワールのようなロゼ色がかった、赤ワインとしては淡い色合い、

初め香りのたちが悪い、かなり内向的な印象を受ける。。。


奥の方に梅のアロマと線香の香りがある。 嫁さんは仏壇の香りがするといっている・・・。

たしかに、還元香や酵母などの動物的な香りと線香のようなハーブがあるので頷ける。

ややガスっぽく感じる口当たり、酸は甘酸っぱいが、とてもエレガントな余韻、

時間と共に果実の甘みが広がるが、味わいも急激に変化していく。


ワインが、味わいのバランスが、決して壊れるわけではないが、

脆さを危うさのような、壊れてしまいそうな、精妙さや繊細さを感じる。

しかしロゼワインのような、質のミネラルがびっちり入っているのでワインがブレない。

なんとも言えない緊張感を持っている。


温度が上がってきたので、少し冷やし目にしてみると良いかもしれない。


なるほど日本的というか、ワインの素性の良さ、造りの緻密さであり繊細さ、味わいの可憐さ、

面白さ、可能性を感じたワインなので、数本熟成させてみたい。




二日目になると、ワインの奥からの底力を発揮して、厚みある旨みがでてきた!

ワインが花開いた、あの危うい感じの印象はなくなり、ワインが誇らしげに感じる。

凄いぞ! 凄いぞ!!!



思わず興奮してしまった!!!!!








日本のワインって、普段の食事と相性が良く、幅広い食事を引きたてる酸を持っている。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/12(土) 23:59:04|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

2012 春の陶器市 (栃木県・益子)





DSC05446.jpg


益子の陶器市、お嫁さんと豪雨の中出掛けて、調達した陶器です。

豪雨を諸ともせず、二人で黙々とイメージした食器を探す、、、妥協しないところ似てる。


喧嘩もせず、心も折れず、仲が良いと思いました。(笑)





のんびり、お休み満喫中!!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/11(金) 14:59:02|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインと料理 @ ワイン日記

5/06
DSC054471.jpg


-Bourgogne Rouge Cuvee de Pressonnier 2006 Joseph Roty (France/Bourgogne)


梅の香り、少し土や動物的な野性の要素がある。ビオかな。。。

鮮明はフルーツではないが、チェリーやプルーンのアロマが奥の方に隠れていた。


味わいは酸味が硬質で冷涼な印象、タンニンに少しエグミがあるがそれほど気にはならない。

とてもクラッシクなスタイルで、がっちりとしている。


飲み飽きない、お料理あってのタイプで、単体で飲むにはもう少し果実感とボディが欲しい!

しかし鶏肉を頂くと、脂分と塩分でワインが酸が気にならず、味わいが膨らむようになってきた。

酸のしっかり入ったワインは、料理と一緒に頂くとそれまで嫌だった部分が無くなり、それが良いところに変る。

やっぱり、ワインとお料理、切っても切り離さないね!





5/07 休み






ワインを引き出してくれるお料理、シンプルだけど良いね!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/05/11(金) 07:34:56|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2000年代のボルドー @ ワイン日記

5/03 Oさん宅にて
IMG_0495.jpg


-Vouvray Tete de Cuvee 2008 La Vallee Coquette (France/Loire)
-Macon-Pierreclos Tri des 25 ans de Chavigne 2005 Domaine Guffens Heynen (France/Bourgogne)

-Paleo Rosso 2000 Le Macchiole (Italy/Toscana)
-Chateau Calon Segur 2006 (France/Bordeaux)
-Chateau Trotanoy 2000 (France/Bordeaux)
-Bourgogne Rouge 2003 Domaine Rene Leclerc (France/Bourgogne)



僕としては珍しく2000年代の若いボルドーです。

なかなか飲む機会がないので、こういう場は本当に有り難い限りです。


抜栓を早めにしておいたこともあるのでしょうが、意外と美味しく頂けました!


カロン・セギュールはサンテステフらしく硬質な、まさにカベルネ・ソーヴィニヨンらしい風味、

ともすると青さを感じるくらいですが、フランとは全く違う質の良いアロマでした。


タンニンの質、酸味の質、果実感、ワインから感じる奥行き、違いますね。

イタリアやカルフォルニアが、これにかなり近く、似てきているのが分かります。

が! やはりワインの醸し出すエレガントな雰囲気、味の質が違います。 ボルドー凄いです!!



トロタノワの2000年、


2000年のボルドーって、鮮やかで明るい果実感が半端ないっす!!!!

濃密で、丸く、フンワリしていながら、しゅばーっと広がるワインの収縮力が違うのだと改めて感じました。

果実と酸が弾ける、そしてタンニンが熟していて甘い、余韻が永く、まったく当るとことがない。


すでに熟成したワインのような、しなやかさと旨みの広がりがありました。


凄いワインをご馳走様でした!!!






5/04-05 休み








マサージ&餃子館でエネルギー満タン!!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/10(木) 23:24:37|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

久しぶりのドニ・モルテ @ ワイン日記

5/01
DSC05438.jpg


-Marsannay Les Longeroies 2008 Domaine Denis Mortet (France/Bourgogne)


柔らかくて濃密なフルーツ、それでていて酸味が穏やか、すでにバランスが取れた味わい。


これがマルサネかあ。。。 と思ってしまうほどの、ワインに品や濃さと丸さを持っている。

密度のキメがあるので、ワインが濃いけれども美しくある。


若いうちから楽しめ、良い熟成もすることでしょう、以前飲んだ96とは全然違うスタイルになっている。

あの強烈な酸味がなく、ある意味で今風。。。

味わいが明るく分かりやすい、人気なのも良く分かるテイストだと思います。



晩ゴハンは、お嫁様のパスタ、ニンニクが利いたトマトソースです。

フレッシュトマトの酸味が美味しく、パスタとの絡みもばっちり!!


仕上がりのテリが違います。 美味しかった=!!!







5/02 休み










大きな浅蜊がテレビに、、、ボンゴレ食いたーーい!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/09(水) 08:19:48|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

99トスカーナのポテンシャル @ ワイン日記

4/30
IMG_0493.jpg

-A Sirio 1999 Sangervasio (Italy/Toscana)
-Poggio Ai Chiari 1999 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana)



ア・シリオの99、正直ルカがワインの方向性を色々と悩んでいる時でしょう。

ビオだったり、醸造方法だったり、ワインにブレを感じます。(苦笑)

そういう時代があるから、今の素晴しいワインが出来ているのだと思います。


大地のアロマ、果実が膨らむ感じ、香りの感じ、俗に言うビオぽさがあります、今は感じなんだけど、、、



ポッジョ・アイ・キアリ99は、良い感じに熟成しています。


僕が初めてイタリアワインで感激したワイン、熟成が遅く、なかなかの気分屋さん・・・。(汗)

温度とかタイミングがぴったりと合うと、すげー旨いんだけど、そうじゃないときもある。


このワインが持つ果実の透明度、他のサンジョベーゼでは感じません。

それでいて、酸のパワーとエレガンス、タンニンの質、やっぱり只者ではありません!


99良いですよ! これから、もっともっと膨らみそうな感じします。








さあ、本日も頑張っていきましょう!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/08(火) 08:48:09|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワイン会 @ ワイン日記

4/28 ワイン会
IMG_0492.jpg

-Champagne Grande Reserve Brut NV Chaudron (France/Champagne)
-Stern Sauvignon 2010 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

-Rosso di Montepulciano 2007 Villa S.Anna (Italy/Toscana)
-Amarone Della Valpolicella Classico La Coeta 2006 Corte Lenguin di Vantini Silvio (Italy/Veneto)
-N'antia 1999 Badia di Morrona (Italy/Toscana)
-I Balzini Black Label 2000 D'Isanto & D'Isanto (Italy/Toscana)
-Paleo Rosso 2001 Le Macchiole (Italy/Toscana)
-Mondot 1994 Chateau Troplong Mondot (France/Bordeaux)

-375ml Erbacher Marcobrunn Riesling Auslese Blau Kapsel 2002 Freiherr Langweeth von Simmern (Germany/Rheingau)


気温が上がってきてか、ボディを持った赤ワインが一段と美味しく感じました。

ワインが美味しく飲める時期になりましたね。


どれも美味しかったのです!



自分が出したモンド、

カベルネ・フランのパレオを比較したかったのですが、実はほぼメルロ・・・(汗)


動物的な、レザーの甘い香り、仄かにインクや焦がした黒糖のアロマ、

奥の方にチェリーやプラムのフルーツがあります。

とても複雑で豊かな香りが時間と共に広がりを見せます。


味わいは熟成し、丸くふんわりとエレガントに仕上がってきています。

品の良い美しい酸味、果実感、甘くなってきたタンニン、味わいが見事にまとまり、

しなやかな口当たりと至福の旨みを思う存分に頂きました!!



パレオ・ロッソ01について、、、


ワインが閉じて来ていますので、これから暫く熟成させた方が良いかもしれません。

かなりのポテンシャルを感じるので、再び開き始めるのが楽しみです。






4/29 休み







本日もポチっとお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/07(月) 07:54:59|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ナンティア1999 @ ワイン日記

4/22
IMG_0485.jpg


-N'antia 1999 Badia di Morrona (Italy/Toscana)


久しぶりのナンティア、99はモローナを代表するスーパーヴィンテージです。

これが、やっぱり良い熟成をしています。


この年独特の力強く、質の良い酸味がワインを引き締め、エレガントな味わいに仕上げています。

薫り高く、ブレンドの複雑性、それでいて冷涼なエレガンス、旨みも出てきて、

ワインの雰囲気が、かなりの所まで来ています。


まだまだ熟成してワインが良くなりますが、膨らむ美味しさが出てきています♪





4/23-27 休み







99のトスカーナが良い感じに熟成してきました!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/05/06(日) 07:43:08|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトソースとサンジョベーゼ @ ワイン日記

4/21
DSC05407.jpg


-Frasca <12% vol.> 1999 Fattoria Di Varramista (Italy/Toscana)


樽熟成させたタイプで、ヴァラミスタのセカンドワインです。


これが意外なほどクリーンで、素敵なフルーツの味わいを持っています♪

ちょっと堅めな印象で、あと2~3年すると、味わいがもっと弾けて、凄い風味を出しそうです!

覚えておきたいワインです。


シンプルな味わいですけど、ワインの組成の良さを十分に感じました。



最近お気に入りのパスタ、トマトのカルボナーラです♪

トマトソースとサンジョベーゼって、やっぱ相性いい☆ これは欠かせません!!

また卵の濃度とまろやかさがワインと引き合うんだなーー♪







久しぶりの快晴! 気持ちいいぞ!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/05(土) 09:46:22|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

シラーの旨み @ ワイン日記

4/20
IMG_0476.jpg

-Cornas 1999 Alain Voge (France/Rhone)


美味しく熟成している、シラーの本来の良さが出てきている。


実の小さい、濃い色合いのフルーツのアロマ、ミントや黒胡椒のアクセント、

濃密でエレガントな口当たりと直線的な鋭いフルーツの味わい。


丁度美味しくなり始めたところでしょうか、良いバランスの状態で、これから味わいの幅が出てきそうです。

なかなか魅力的なシラーのワインだと思います。







今日もぽちっとお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ










  1. 2012/05/04(金) 14:20:11|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

02ドイツの力 @ ワイン日記

4/17
DSC05440.jpg


-Norheimer Dellchen Riesling Kabinett 2002 Donnhoff (Germany/Nahe)


ふんわりと素敵な甘みを感じる、なかなかの状態に仕上がってきています。

酸やミネラルの質感が違います。

とても繊細で洗練されているので、甘さが気持ちいい!!


少し疲れた体を癒してくれる、丸い果実感と軽快な酸味とミネラル、そして素敵な甘さ♪

こういうワインは、自然とグラスが進んでいきますね♪


美しく熟成しています! 


やはりドイツの一流が醸す、甘口タイプはうまい!!





4/18-19 休み






雨に風ですが、益子行って陶器市参戦! その後の夜はワイン会です。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/03(木) 07:31:45|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン会 @ ワイン日記

4/14 ワイン会
DSC05392.jpg


-Champagne Rose Brut NV Roger Coulon (France/Champagne)
-Cabernet Sauvignon Special Reserve 2008 Domaine Helan Mountain (China)
-The Judge Chardonnay 2009 Kongsgaard (America/Calfornia)
-Chateauneuf du Pape Pignan 1997 Chateau Rayas (France/Rhone)
-Chateau Pavie 1970 (France/Bordeaux)
-Cabernet Sauvignon Napa Valley 1978 Heitz Wine Cellar (America/Calfornia)
-Chateau Trotanoy 1978 (France/Bordeaux)



中国のワインは発展途上、まだまだのレベルです。

高級ワインの雰囲気はなく、香りもグレープジュース・・・。

長い目で見る必要がある。



カルフォルニアのシャルドネ、あのジャッジです!

超プレミアムの一本で、さすがの風味を出し、独特のオーラを持っています。

さすがのエレガンシーを持っていますが、やはり甘く感じる緩さを感じますし、飲んだ後に残るアルコール感がまた強いです。

酒質が強烈です!!!

ただ者ではありませんが、価格を考えるとバタール・モンラッシェかな。。。



ラヤのピニャン、これは通常のパプとは違いますね。

良い感じの熟成具合で、美味しく頂きましたが看板のパプとは違う仕上がりに、フォンサレットの方がスケールを感じます。



ハイツ・ワイン・セラー、ここの赤ワインはいつ飲んでも素晴しい!!

本当に旨い!

香りも味わいも余韻も全てが高いレベル、ベースのワインでもまだまだ熟成できるポテンシャルがある。

カルフォルニアのカベルネで一番好きかも知れない。



ハイツと同じ年のトロタノワ、やはりボルドーは冷涼な印象があります。

比べてしまうと、香りの複雑性と味わいの奥行き感、ワインのスケールがあります。


これは甲乙つけがたい、美味しい個性とワインの方向性があると思います。






4/15-16 休み






また雨か、、、
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/02(水) 08:20:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硬質な白ワイン @ ワイン日記

4/13
DSC05412.jpg


-Riesling Q.b.A Trocken 2006 Donnhoff (Germany/Nahe)


トロッケンとはいえ、とても硬質な仕上がりです。


キレる太い酸とミネラルが口の中で酸っぱくさせます。

もう少しボディがあると好きなバランスですけど、これはこれで個性的な感じです。

もう少し熟成させた方がいいのかな、、、


嫁には乳化が甘いと言われた、小松菜のアリオリです。。。 (汗)

ミネラルいっぱいのワインだったので、やっぱボンゴレが食いたくなった!!








良い天気、気持ちが良いなー
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/05/01(火) 09:46:46|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
Total: Now: