一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

余計なものを省き、素材の本質を振る舞う @ Ristorante Italiano Cortesia (東京・南青山)

リストランテ・イタリアーノ コルテージア


久しぶりの青山、所用を済ませ少し散策しているとお腹もすき、

プーリア料理と看板の雰囲気に惹かれ入店する、雰囲気のある店内は落ち着きがあり良い感じ。


メニューを眺めると、プリモにチーパスがオンリストされている!

カーチョ・エ・ペペは、いわば賄い料理のようなもので、リストランテでオンリストされていることは珍しい。

いったい、どう仕上げてくるのか、、、興味津津


店内の雰囲気、そしてお料理への期待感も膨らみ、

カーチョ・エ・ペペを入れて貰った、お任せのコースランチを頂くことにする。



DSC05419.jpg

プーリア風前菜盛り合わせ


手前から、生ハムのコッパ(さすが、味わい深い!)

ブルスケッタはフォカッチャの上に白インゲンの煮込みが載せられ、グラナパダーノが添えられている。(良い感じ♪)

いわしのカルピオーネは、酢の利いていて軽快な味わい。それでていて良いイワシの風味が生きている。(美味)


前菜を頂いているだけで、シェフのセンスを感じる。



DSC05421.jpg

プリモ1 チーズと黒コショウのパスタ


パスタ1つ目はチーパスです!

僕はソースにバター使いますが、パスタの名前通り、ペコリーノチーズと黒コショウのみ!


ここではシンプルに茹で汁のみでパスタを煽っています。

細めん、チーズのおろし方、黒コショウのアクセントと風味、全体の一体感、さすが。。。

パスタのゆで加減、火入れの加減、茹で汁の分量、チーズのおろし方、コショウの挽き方の全てが気持ちいい。


恐ろしくシンプルだけど、一つ一つの工程を大事に、強いこだわりを持って作られていると思います。



DSC05425.jpg

プリモ2 トマトソースのオレキエッテ


パスタ2つ目は手打ちの耳たぶパスタ、オレキエッテです!


こちらもトマトソースの美味しさがダイレクトに伝わってきます。

ソースを仕込むときに、ほんの一かけらニンニクが入っているでしょうか、

単純にホールトマトだけを大切に仕込んだ、そのままのソースの印象です。(家でも作りたい味)


皿の温度もアツアツ、イタリアンらしい、ややぱさぱさのフォカッチャも温められ(ここは日本的)、

これをソースにつけると格別にウマイ!!


また、ちぎられたバジルが香って、凄くイイ感のアクセント、落ち着く味わいです♪

そしてチーズが、モッツァレラのクリーミーな味わいがまた素敵!!



DSC05428.jpg

セコンド 群馬県産はるなポークのソテー 菜の花のソース


オレキエッテが出てくるところで、今なら菜の花のオレキエッテかなー、なんて思っていたら、

こっちで使うのかー、わぉー、お洒落♪♪


プーリア地方では、ブロッコリーやキャベツなどもくたくたにしてソースに使うそうです。


お肉の焼き方が良く、歯応えがあり旨みのあるポークに、少し苦みの利いた菜の花のソース、

このソースが始めしょぱいと思ったのですが、ソースにお肉と付け合わせのポテトと一緒に頂くと三位一体!!


菜の花の苦みと塩み、ポーク脂と旨み、ポテトの香ばしさとしっとり感、マリアージュ♪



DSC05430.jpg

ドルチェ


最後にオレンジのシャーベットを頂き、フィニート!!



いやー、大満足ですよ。


最近のイタリアンには珍しく、隠し味のバターを入れない、本当の伝統的なイタリア料理を堪能した!!

イタリアンらしい素材感がダイレクトに伝わってくる、シェフのこだわり料理。

決して派手さはないけど、この感じこそイタリアンなんだなー。。。 そう感じるのであった。


ご馳走様でした!






シンプルこそ奥深い。

追求つくされ無駄を省いたら、もとに戻った、しかし全てを知ってこそ出来る料理だろう思います。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 07:55:22|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化 @ ワイン日記

4/11
IMG_0465.jpg


-Stern Sauvignon 2010 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


北イタリア、アルト・アディジェのソーヴィニヨン・ブランの白ワインです。

ラベルが、、、また変わった・・・。 それも正直ダサし、安っぽい!


さて、味わいはまだ若いせい、温度が少々高かったせいか、エグみを多く感じる。

そして、余韻に柔らかい甘さも感じる。

昔は、もっとびしっと酸が入って、かっちりしたワインでしたが、その面影が薄れている。

温暖化なのか、造りの変化なのか、、、


単純にとても美味しいが、ワインの雰囲気が緩い。







4/12 休み






ゴールデンウイークもお仕事中、、、(汗)
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/04/29(日) 22:05:01|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白ワインの熟成 @ ワイン日記

4/10
IMG_0425.jpg


-Cerviolo Bianco 2002 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)
-Cerviolo Bianco 2003 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)



カルチナイアの白ワインを比較、、、

チェルヴィオーロ・ビアンコ屈指の02ヴィンテージと猛暑の03です。


樽醗酵のトスカーナ白ワインの難しさ・・・。

濃さはあるけれども、ワインを引き締める酸が足りずに、アルコールの苦みとそれによるボディの欠如うを感じる。

難しい。。。。


素質を活かしきれていない、やはり木が若いせいなのだろうか、

それとも気候風土、テロワールの違いなのだろうか。







洗濯物が良く乾いた今日でした。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ











  1. 2012/04/28(土) 23:59:59|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

27年ぶり

DSC05416.jpg


妻の紹介を兼ねて、親せきにご挨拶。

従兄弟とは27年ぶりの再会・・・、本当に久しぶりでした。


いっぱいっぱい、刺激をもらい、また頑張ろうかと、

伯父さん、ありがとうございました。





スカイツリーを横切り、ホテルから東京タワーを眺める。 日本の誇るツインタワーを制覇!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/04/27(金) 21:40:52|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニ鯉幟 @ 亀城公園(茨城・土浦)

IMG_0484.jpg


今日、明日とお休み致します。




今晩もポチっとお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/25(水) 22:29:54|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨引観音 @ つくば・桜川

IMG_0473.jpg


ちょこっとお散歩です。

放し飼い、生き生きとした鯉、なんだか、元気をもらえる場所ですね。


眺めも良く、桜もばっちり!

気に入りました!!








明日頑張って、連休に突入しよう!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/24(火) 23:55:21|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慈悲深い白ワイン @ ワイン日記

4/09
IMG_0481.jpg

-Prunar Pinot Bianco 2003 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


イタリアの樽を使っていない、シンプルなタイプの白は美しく熟成していきます。

僕はそう感じている。 特に北イタリアの白は良くなります。


このプルナーも良い感じの熟成具合、

さすがに煌びやかなフルーツがおしとやかになっていますが、軽快な酸と甘い果実感とフンワリした旨みがいい!

慈悲深さを感じる、趣のある味わいだと思います。


甘いハーブと熟した林檎や洋梨に仄かにピーチのアロマ、

丸さのある、エレガントな酸味と旨みがじわりと広がります。


飲み飽きない味わい。







またアウエーで苦戦、、、負けた。(涙)
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/04/23(月) 09:27:38|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バースデイヴィンテージ @ ワイン日記

4/08
IMG_0447.jpg


-Champagne Blanc de Blancs Brut 1998 Pannier (France/Champagne)
-Corton-Vergennes Cuvee Paul-Chanson 1987 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)

-Volany 1er Cru Les Champans 1983 Domaine Joseph Voillot (France/Bourgogne)
-Beaune Cuvee Nicola Rolin 1983 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)
-Nuits Saint Georges 1er Cru Les Vaucrains 1983 Domaine Robert Chevillon (France/Bourgogne)
-Chateau La Lagune 1982 (France/Bordeaux)



Kちゃんの誕生日祝いのワイン会が遅くなってしまいました。

バースデイヴィンテージの83が並びます。


パニエの98は思った以上に硬質で若いイメージ、

ブラン・ド・ブランの熟成した香りがあまりなく、真っ直ぐな味わいとパニエらしい柔らかさがある。

キレイにまとまっているように思います。


オスピスの白、披露宴以来のコルトン・ヴェルジェンヌ87です!

このボトルは熟成が進みすぎている印象です、果実感を失いつつあり、味わいは堅くなっている。

ちょっと残念ではあるが、古い白はこういうボトルもある。


ジョセフ・ヴォワイヨのヤンパン83は、少し硬質で強さを感じる味わいではあるが、美味しい!

あと5年ほど待ってみたい。芯の強さを感じるし、若さあるボディもまだまだ健在です。


ニコラ・ロランの83は、ワインガ強すぎた!

タンニンも酸も、まだまだ熟成不足、味わいも内向的で、開けるのが早すぎました・・・。(涙)

改めて、このキュヴェのポテンシャルに驚かされた!!


シュヴィヨンのヴォークラン83も、現状では内向的で、味わいのベクトルが内に向かっている感じ、

香りの華やかさや味わいの深さ、素質を感じますが、フンワリとはしていない。



最後にボルドーを飲みたくなって追加で抜栓、、グレートヴィンテージの82です!!

さすがの厚みと果実の厚さ、そしてワインの若々しさ、凄いレベルです。

厚い果実に包まれて、タンニンの質の良く、丸く重量感のある、飲み応えを感じます。







ワインのの見ごろは難しい、、、もっと良くなるのが分かるだけに・・・。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/22(日) 23:53:53|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日も休養、、、

画像 194


この季節は体がだるくなります。

花粉か、それとも・・・。


本日も写真だけでもお楽しみください。






早く寝よっと!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/21(土) 22:47:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おやすみ

IMG_0458.jpg


本日はおやすみ致します。

また明日!






今年は満開の桜を楽しみました♪
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/20(金) 21:39:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラスワインの自信 @ ワイン日記

4/05 Oh! la Vache (つくば)にて
DSC05333.jpg


-Langhe Favorita 2009 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)
-Chianti Classico 2007 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)


久しぶりにお邪魔しました♪


軽快なファヴォリータの清涼感ある味わいは食欲を誘い、昼下がりにはピッタリです。

そして、このカラフルな酸が、次のスープをも引き立たせてくれます♪


酸味のある白ワインとスープの相性も最近のお気に入りの組み合わせ方です。



カルチナイアのキャンティ・クラッシコ、07は良い感じのバランスに仕上がってきています。

タンニンの厚み、果実の厚み、ベースのワインとしては優秀です。


この濃度ある甲殻類のソースと良い感じの余韻、

うまく、ワインとお料理、お互いの良さが引き立ちました!!



こういうワインがグラスで楽しめるのは嬉しい。

イタリアワインって、お料理を良く引き出してくれますね。





4/06-07 休み








 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/19(木) 08:18:06|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

食事をいっそう楽しめるイタリアワイン @ ワイン日記

4/04
DSC05373.jpg


-Candia Dei Colli Apuani 2004 Cima (Italy/Toscana)


良いバランスの白ワインです。 この04は飲み頃ですね。

しっとりとした果実と酸味が心地よく、溢れる旨みが心地よく広がります。

食事と頂くと、さらに引き立ちます。


樽を使わないワインは、キレイに年を重ねていきますね!!







今日も一日ご苦労様!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/18(水) 23:59:53|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祝いの会 @ ワイン日記

4/03 Tワイン会
IMG_0433.jpg


-Red Sparkling wine Yahagi Collection (Australia)
-Meursault 1er Genevrieres 2000 Francois Mikulski (France/Bourgogne)
-Paleo Rosso 2000 Le Macchiole (Italy/Toscana)
-Nuits-Saint-Georges 1er Cru 1995 Prieure Roch (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Les Fremiets 1974 Joseph Voillot (France/Bourgogne)
-Chateau Leoville Las Cases -Saint Julien- 1994 (France/Bordeaux)



YさんとMさんの2000勝のお祝いの会でした。


オーストラリア、赤のスパークリングワインはYさんの差し入れです。

少し甘さがあり、飲みやすいです。


ミクルスキーのジュヌヴリエールはまだまだ若々しく華やかですね!!

とても濃密で引き締まった味わい、太い酸と果実味、クリーンでエレガントな余韻があります。

やはり、素晴しいワインだと思います。


パレオ・ロッソの2000年は美味しいです。 文句ありません!

ここのところよく飲む機会に恵まれていますが、どれも抜群な味わいを奏でています♪


プリューレ・ロック、丸く甘い香り、樽とフルーツが詰まっています。

味わいも酸とタンニンがきっちりバランスを取っていますが、膨らむ果実が素敵です!!

熟成向きだと思いますが、今での美味しく頂けました。


ジョセフ・ヴォワイヨのヴォルネー、74はいいですよー♪

ブルゴーニュワインの、熟成した旨みを堪能出来ました。


レオヴィル・ラスカズは、さすが!と思わせられる雰囲気があります。

まず香り、シダーの品のある香り、これがなかなか他にはない、一流の証だと思います。

さすがにタンニンは若く、高さを感じますが、ワインのスケール感に感心させられます。







凄い雷雨、停電も2回ありました、、、、(汗)
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/17(火) 23:12:35|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白ワインとステーキ @ ワイン日記

4/01
DSC05319.jpg


-Recit Roero Arneis 2007 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)


残っていたランプを焼いてみたが、赤がない・・・。(汗)

持ち帰っていたボトルは、モンキエロのレチット07のみ。。。

まあ、いっか。


少し熟成しているので、フルーツ弾ける果実味も、良い感じの熟成バランスになっている。

ハーブの甘い香り、清涼感のある味わい♪

この安定感を感じる味わい、いつ飲んでも美味しい!!


塩っけのあるお肉、脂分をさーと流してくれる。 白でもイケるね!




4/02 休み







 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/16(月) 09:22:32|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷涼さと濃さの間で @ ワイン日記

3/31
DSC05403.jpg


-Azord Monferrato Rosso 2009 Scagliola (Italy/Piemonte)


チョコレートやバニラが溶け込んだフルーツジュースのような甘い香り、

華々しくはなく、おしとやかで少し内向的な印象もある。


味わいはかなりの濃さがありながら、このセパージュらしい硬質なタンニンと酸がワイン支えている。

ピエモンテらしい冷涼さが良いのかも知れない。

良いバランス感覚を持ったワインで、食事をとりながら引き立ちそうな気がする。





ホームで引き分け、、、うまく行かない日もある。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/15(日) 23:21:57|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果実溢れるバルベーラ @ ワイン日記

3/30
IMG_0423.jpg


-Barbera d'Asti Superiore Sansi 2009 Scagliola (Italy/Piemonte)


フルーツいっぱいのスカリオラらしいワイン、ただ以前ほど濃すぎずに良いバランスを持っている。

決して薄いわけではないが、マイルドな酸味と果実が良い感じ。


丸く、甘く感じる、バルベーラワインの良さがいっぱいあると思います。

誰が飲んでも美味しい!そう思える赤ワイン。






ボルドーの古酒は旨いね!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/14(土) 23:41:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お休み

_DSC2167.jpg


本日はお休み致します。

また明日!






人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/13(金) 22:17:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルボナーラとロッソ・ディ・セーラ @ ワイン日記

3/28
DSC05309.jpg

-Rosso di Sera 2001 Fattoria Poggiopiano (Italy/Toscana)


初めは少し大人しいというか、香りが隠れている。

次第にサンジョベーゼが熟した香り、焦がした黒糖や仄かなバニラの豊かなもの、

そしてシガー、無花果や杏にさくらんぼのスイーティーな香りが立ちあがってきます。

良い気分になる素敵な香りが楽します。


味わいは、甘く丸みを感じる果実味が優しく、

大いなる熟成により、酸とタンニンは繊細に美しく仕上がり、心地の良い口当たりがあります。

90年代のワインと比べると、少し薄く感じるのは畑を増やしていたからでしょう。





3/29 休み







本日もポチっと!宜しくお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/12(木) 20:58:24|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熟成するとワインは美味しい♪ @ ワイン日記

3/26
DSC05383.jpg


-Chateauneuf de Pape Rouge 1998 Chateau Maucoil (France/Rhone)


澄んだ美しい色合いは、光輝くガーネット色、まだまだ若々しい印象。


香りは、チェリーやプラムのフルーツに、梅ジャムのアクセント、複雑な香りが立ち上がっていきます♪

ハーブやスパイシーな香りに、土を連想させる香りが湧き出します。


味わいは熟成しエレガントに仕上がり、研ぎ澄まされた、透明度ある美しいものです。

口当たりに濃度を感じ甘く、洗練された品のある酸とタンニンが心地よくもあり、

シャトーヌフならではの複雑味と、奥行きを感じる深さある味わいが楽しめます。


簡単な言葉ですが、バランスに優れ、ワインが見事にまとまっています。、

自然と、もう一杯、もう一杯とグラスが進んでいきます。




3/27 休み






桜満開中!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/11(水) 23:57:07|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々変わっていくワインの成長力 @ ワイン日記

3/25
DSC05300.jpg


-Vosne Romanee 1er Cru 2009 Domaine Gros Frere et Soeur (France/Bourgogne)


燻した樽香、バラ、ローズマリー、還元香が強くでている。

次第に濃いチェリーやプラムなどのフルーツも出てくるが、まだかなり若い印象がある。


味わいは、質の良い酸が太くあり、タンニンの厚みも感じる。

正直、しまった印象で昨年フーデックスで頂いたものとは、全く違ったものだった。

野性的で暴れている、より強く、逞しい状態になっているます。

しかし、ワインのバランスや奥行、存在感、これは伸びしろがありそうです!!


1年といえども、ワインは大きく成長し、また違った表情を出していました。

ワインって、面白い。





良い息抜きな一日でした♪ また明日から頑張ろう!!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/10(火) 22:41:46|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン会 @ ワイン日記

3/24 ワイン会
IMG_0415.jpg


-Chablis 1er Cru Mont-De-Milieu 2007 Domaine Pinson Freres (France/Bourgogne)
-Bourgogne Les Bons Batons 2009 Philippe Leclerc (France/Bourgogne)
-Bourgogne Les Bons Batons 1999 Philippe Leclerc (France/Bourgogne)
-Gevrey Chambertin Clos Prieur 1999 Rene Leclerc (France/Bourgogne)

-375ml Antos Passito 2005 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


パンソンのシャブリ、凄く良くなっていました!

旨みが表に出てきて、さすが1級の実力を感じます。これから、さらに良くなっていきそうです。

また飲みたいです!!


フィリップの99と09の比較、やはりしまった、硬質なワインです。 堅い!

09の方が果実が濃く、少し甘みを感じるので、今飲んでみると意外と柔らかく感じます。

99はまだまだ熟成させた方が良いかな。。。 恐るべしワイン!





さあ、テニスしてこよっと!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/09(月) 20:24:47|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロブションのニューワールド多彩なグラスワイン @ ワイン日記

3/22 LA TABLE de Joel Robuchon(東京・恵比寿)にて
DSC05296.jpg


-Champagne Premiere Cuvee Brut NV Bruno Paillard (France/Champagne)
-Corbieres Le Blanc de Villeajou 2009 Gerard Bertrand (France/Languedoc)

-Cabernet Merlot 2008 Vasse Felix (Australia/Margaret River)
-Espagne Coleccion Privada 2009 Sierra Cantabria (Spain/Rioja)



ロブションと言えば、シャンパーニュはブルーノ・パイヤールですね。

それを頂きつつ、プリフィックスのメニューを決める。


白は支配人のお勧め、ジェラール・ベルトランのコルビエール、

以前、ドメーヌ・ド・エイグルのシャルドネが美味しくて名前を少し覚えていましたが、ベースのボトルです。

マルサンヌ、ルーサンヌ、ブールブーラン、マカベオを各25%ずつのブレンドだそうで、

香りが良く、なかなか厚みがあって、酸のバランスも良く、ホワイトアスパラとバッチリでした!!



またグラスのワインリストを見渡すと、チリのカサブランカ・ヴァレーに始まり、

メンドーサ、ピエモンテ、マーガレット・リヴァー、サンタバーバラ、リオハにブルゴーニュとボルドー、

割高なのは致し方がありませんが、多彩な品ぞろえだと思います。







今日も良い天気、花見に行きたい!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/08(日) 08:53:26|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

09ブルゴーニュの可能性 @ ワイン日記

3/21
DSC05277.jpg

-Bourgogne 2009 Serafin Pere & Fils (France/Bourgogne)


09のブルゴーニュを試してみる。

中でも早飲みに向かないだろう、クラシックな熟成タイプのセラファンです。


やはり、締まっている・・・。(苦笑)

しかし09らしい、丸い果実と酸が、素敵なバランスを取っている。

ACブルゴーニュと言え、ここはジュヴレの村名格以上した畑を持たないので、中身はジュヴレ・シャンベルタンです。


今回も確信したが、2009のワインは可能性を感じる。



特売のローズポークをシンプルにグリル、塩コショウがワインとはイイね♪

脂分も程よく、この豚は美味しぃー!!







茨城ローズポークのグリル!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ









  1. 2012/04/07(土) 08:05:10|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしい赤ワイン @ ワイン日記

3/20
IMG_0402.jpg

-Intistieti 1991 Case Basse (Italy/Toscana)


先日のワイン会で美味しかった、インティスティエティを一口頂きました!


今回のボトルは、少し熟成しているようで、黒糖を焦がしたようなアロマがある。

しかし、次第にフルーツが広がっていき、うっとりするような香りが、いやー素晴しいです!!


味わいも旨みがいっぱい!

タンニンも充実し、甘く柔らかく、心地よく広がる。


あぁああー、なんて旨いんだろうか。。。






このワインは違うね!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ








  1. 2012/04/06(金) 23:38:56|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素材の美味しさがダイレクトに伝わる、丁寧なフレンチ @ Oh! la Vache (茨城・つくば)

DSC05328.jpg


久しぶりにつくばのフレンチレストラン、オ!ラ・ヴァッシュでランチを頂く、

本日は、シェフがコレを食べてくれー!ということで奮発してシェフお勧めのコースです。



前菜は鮪のタルタル、そしてここの名物である地元の野菜のサラダ仕立て。。。


シンプルに軽く下味がつけられた野菜、素材の旨みがダイレクトに伝わってきます。

葉っぱ一つでも、それが活かされる、邪魔しないドレッシングが抜群にいい!!

添えられいるソースも二種類、自家製マヨネーズとタップナードソース、これも軽快でいい感じです。



DSC05332.jpg


スープは、ゴボウにフォアグラが入り、ミルクのカプチーノ仕立てです。


以前にさつま芋のヴァージョンを頂き、とても印象的でした。

今回のものは、大地が香るゴボの風味、とじゃが芋のコクにミルクの旨みが入り、味わうごとに大地の旨みが広がちます。

繊細な塩加減は、旨みのような甘さが控えられ、ワインとよく合っていました!!


グラス売りのはつらつとした軽い白ワインも濃さが出てきます。



DSC05334.jpg


お魚料理は、渾身の帆立に魚のムースを使ったパイ包み焼きです!

ソースが甲殻類で取って濃度のあるものに、野菜のピューレが添えられ、これが合わせると素晴らしいバランスを生む!

甲殻類のエキスが中和され、繊細な帆立が生き生きとしてきます。


重厚なパイ包み焼きと濃度あるソースが、重苦しくありません!!



DSC05340.jpg


お肉は牛たんの煮込みです。

一緒に入った黄色ニンジンやインカの目覚め、芽キャベツの味が濃くて、お肉に負けていない!

どっちがメインのだか、、、肝心の牛たんも柔らかく味も入っていて、メインにふさわしい一皿だと思います。


パイ包みに煮込みとヘビーな組み合わせも、シェフらしい丁寧で繊細、品のある味わいで残すことなくたいらげられました。



DSC05350.jpg


デセールは、苺です!!


この時期の苺ですが、甘さと酸味が良く、〆として最高に旨いです!

フレッシュな苺も丁寧に下処理されているところが憎いですね。






今日も大満足、今度はディナー食べるためにガンバロー!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/05(木) 21:14:59|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンジョベーゼの魅力 @ ワイン日記

3/18
IMG_0431.jpg

-Chianti Classico 1996 La Massa (Italy/Toscana)


赤色の小さな木の実の香り、愛らしいチェリーの品の良い香りがある。

そして、サンジョベーゼが熟した香りは、焦がした黒糖や仄かなバニラの豊かなもの、

時間とともにシガー、無花果や杏にさくらんぼのスイーティーな香りが立ちあがってきます。


香りを楽しむだけで、とっても良い気分になります。


味わいは、甘く丸みを感じる果実味が優しく、

大いなる熟成により、酸とタンニンは繊細に美しく仕上がり、心地の良い口当たりがあります。

そして、熟した至福の甘みを感じます。


ワインが充実して飲み頃を迎え、とても丸く仕上がっています。






3/19 休み






強風もおさまり、静寂な夜
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/04(水) 23:48:29|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルーツの密度と硬質なミネラル→和食 @ ワイン日記

3/17
DSC05261.jpg

-Chablis Vieilles Vignes 2010 Saint-Antoine (France/Bourgogne)


シトラスの香り、熟した文旦や小夏のアロマが美しく立ち上がる♪

シロップの甘い香りとフルーツが心地よく、口の中で広がっていきます。


さすがシャブリの出来が良かったといわれる2010年!

丸い濃度溢れるフルーツが充実して、口当たりが柔らかく、おだやかな風味が楽しめます。

そして、シャブリらしいミネラルたっぷりの余韻、これはかなり質の高シャブリです。


このシャブリは、覚えておくと良いですよ!






豆乳ヤクルトで、お腹スッキリ!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/03(火) 08:00:23|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シラーが入ることにより熟成向き @ ワイン日記

3/16
IMG_0388.jpg


-Gigondas 2005 Collection Alain Corcia (France/Rhone)


ダークチェリーの熟した香り、濃いフルーツをいっぱい感じる。

次第にシラーからでしょうか、ハーブ、グリーンオリーヴや油のような香りが立ち上がってくる。


味わいは果実が詰まった、濃度を感じるものと良い感じの酸味がある。

そのため、濃くてもバランス良く美味しい余韻が残る。


タンニンが少し荒く、仄かにビターなので、もう暫く熟成させた方が良いかも知れない。






さあ、パン屋さん行って焼きたての食パン買いに行くとするか
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ







  1. 2012/04/02(月) 08:07:42|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和食とワイン @ ワイン日記

3/14 よし町(茨城・土浦)
DSC05227.jpg

-Meursault Les Tillets 2004 Laurant Leclerc (France/Bourgogne)
-Latricieres Chambertin 2000 Drouhin Laroze (France/Bourgogne)


ローラン・ルクレールのムルソーは芳ばしい樽香が勝っている印象、

04ですが凝縮度も普通、、、安いとは言え、正直まあまあという感じワインです。

和食には、この樽香が少し合わなったかな。。。


ドルーアン・ラローズのラトリシェール・シャンベルタンは、若かったっす!!

さすがに特級ですね、真っ直ぐな硬質な味わいがやってきます。

次第にフルーツの香りと、甘酸っぱさが出てきますが、内向的な状態だと思います。

これは熟成向きでしたね。



最近思うことは、和食の味付けは、ダシの旨みがあり、甘さの利いた皿があり、

バランスを考えると、そこそこ重さのあるボルドーの方が、酸のエレガントなブルゴーニュよりも良いかと。

ある意味、和食の繊細さを壊してしまう、とも言えるけどね。


食事に重きを置くのか、ワインを楽しむのか、なかなか良いバランスを取るのは難しいです。


ただ白ワインの場合、少し若めで強く樽が利いていない、フルーツが凝縮している、硬質なタイプだと思っています。





3/15 休み







本日もクリック宜しくお願いします。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/01(日) 23:16:08|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: