FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記

1/03
DSC04897.jpg


-Chardonnay 2005 Sangervasio (Italy/Toscana)  A valuable wine!


昨年飲んだ、マグナムボトルが香り爆発!

素晴しい風味が出ていて、びっくりさせられたのでレギュラーボトルを探して見つけました!


こちらの方が若い印象で?!なぜにと思ってしまいました。 ボトル差?! 瓶詰めのタイミング?!

シャルドネらしいパイナップルの香りと良い酸味があり、引き締まっています。


面白くないので抜栓してからそのまま放置、、、 3日目、いや4日目くらい経ってからでしょうか、

あの誘惑的な、キャラメルやバニラムースの香りと濃厚な味わいが出てきました!!


このシャルドネはなかなか面白い熟成をすると思います。



1/04-05 休み



トスカーナのシャルドネワインとして、大いに気になる一本
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



  1. 2012/01/13(金) 22:54:33|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うれしの @ 若栄屋(大分・杵築)

IMG_0276.jpg


大分県杵築は、松平氏三万二千石の城下町として栄え、

この地に伝わる 「うれしの」 という愛称を持つ、鯛茶漬けがあります。


その昔、杵築藩のお殿様は鯛の身を使ったお茶漬けが大好物だった。

出されたお茶漬けを見て、「きょうは鯛茶漬けか。うれしいのうー」と喜んだそうな。

それが 「うれしの」 の由来と言われています。


お茶をかけ、ふたをしたことで、鯛の切り身に仄かに火が入り、独特の食感、

そして、ごまだれの風味と合わさり、口いっぱいにすすりこむと、お殿様のようにニッコリ、うれしいのーと言いたくなる。

格別なお茶漬け。



鯛ちゃずけに舌鼓
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ




  1. 2012/01/13(金) 09:07:39|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: