一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイン日記

5/27
IMG_0488[1]

-Cerviolo Bianco 2002 San Fabiano Carcinaia (Italy/Toscana)


もの凄く濃い黄金の色合い、粘着性も高い、ねっとりした印象がある。

香りは、ナッツに塩っぽいミネラル漂い熟成香、ハチミツやパイナップルの香りがある。


ドライなテイストに変わりつつあり、もう少し果実味が残っていると良い感じがします。

好き嫌いが出そうな白ワインです。


トスカーナのシャルドネの熟成は早いです。 ブルゴーニュとは違ういます。

土着の白ブドウの方が熟成に関してポテンシャルがあると思います。



5/28-30 休み



全米、始まりました!

早速、錦織、勝った! 次はチリッチかな。。。 とっても楽しみ☆



スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 02:02:39|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/23
IMG_0483[1]

-Chateau Chateau Charron Rouge 2005 (France/Bordeaux)


少し青さを感じるさせる香り、青々しい、、、
次第にフルーツが出てくるが、やはりグレードか、

味わいは香りほど悪くないが、やはりタンニンの厚みがないので軽いです。
このクラスのワインは、もう飲みきってしまうべき時期に来ている。

あのボルトーではあるが、こういうボルドーもある。



5/24-26 休み




  1. 2010/08/30(月) 23:39:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰しております。

_DSC7412.jpg


更新さぼっています。 かなりのご無沙ですね。 すいません!

売れっ子で、あっちこっち行って、色々とやって、ここしばらく更新がなかなかできない状況が続いてます。
もうしばらくしたら、少しは更新できるのではないかと思います、、、

しばし、ゆるりゆるりとやらせていただきます。


ちゃんと元気にやっておりますので、ご心配のないように!



  1. 2010/08/30(月) 02:51:43|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/22
IMG_0477[1]

-Barbera D'Asti Frem 2003 Scagliola (Italy/Piemonte)


果実が厚い、酸味が利いている。

黒糖やプラムをコンポートしたような香り、少し焼けた印象もある。

タンニンは少なめで、ミディアムボディの果実主体のワイン、ローヌのグルナッシュベースのワインかと思いました。


熟成して複雑性を増した香りがあり、味わいも熟している丸さがでてきていました。

以前よりもイイ酸味が表に出てきて、なかなかの具合に仕上がってきている。




  1. 2010/08/08(日) 23:55:09|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/21
IMG_0478[1]

-Chardonnay 2007 Rocca Bernarda (Italy/Friuli Venezia Giulia)


うっ! この香りは・・・、 むっむむむっ、、、、

こいつは完全にブショネでーす・・・。 嗚呼、残念でした。 (涙)




  1. 2010/08/07(土) 23:50:05|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの登場です♪

_DSC6953.jpg


すず、超ー久しぶりにパシャリ撮りました。

お外は暑いので、クーラーのきいた室内で、ねっ転がってくつろいでいます。

まだまだ残暑厳しい日々が続いていきそうです。




  1. 2010/08/06(金) 23:42:48|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/20
IMG_0489[1]

-Pernand-Vergelesses Blanc 2000 Domaine Laleure-Piot
                                (France/Bourgogne)



ミネラル感の強い、シャープなシャルドネのワインです。
そのため、ややソリッドな印象を受けますが、熟成した丸みを少し感じることができます。

もう少し濃度があれば良いのでしょうが、そうなると高くなりますね。 (笑)


このラルール・ピオが造る、コルトン・シャルルマーニュ、その1996年の素晴らしさは今でもはっきりと覚えています。

あのような鮮やかで、きらびやかなワインには、なかなかお目にかかりません。




  1. 2010/08/05(木) 23:35:09|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/19
IMG_0492[1]

-Chianti Classico 2000 Fattoria Poggiopiano (Italy/Toscana)


鉄ぽい香り、プラムのフルーツに落ち葉や動物的な熟成香がでてくる。

サンジョベーゼのの熟したワインらしい香りがある。


少し果実味が弱くなり、酸味を強く感じる。

もうちょっと若い状態の方が好みではあるが、熟成が行きすぎている印象はない。


ただ、2000年の割りには凝縮度がちょっと足りない気はします。





  1. 2010/08/04(水) 21:50:48|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

5/18 よし町(茨城・土浦)にて
100518_2350~01

-Hermannshohle Riesling Trocken (Groses Gewachs) 2003 Donnhoff (Germany/Nahe)
-Champagne Reserve Brut NV Germain (France/Champagne)
-Chassagne Montrachet 1er Cru Maltroie 1994 Domaine Coffinet Duvernay (France/Bourgogne)
-Meursault (Domaine Thierry et Pascale Matrot) 2004 Collection Alain Corcia (France/Bourgogne)

-Pommard (Domaine Charache-Bergeret) 2005 Collection Alain Corcia (France/Bourgogne)
-Barolo Vigna Farina 1991 Cantine Ascheri Giacomo (Italy/Piemonte)
-Ladoix Rouge Haut Mourottes 1983 Gaston & Pierre Ravaut (France/Bourgogne)

-500ml PassOro Passito di Pantelleria 1995 Maggio Vini (Italy/Sicilia)


お食事にワインどれも良かったです。

中でも、ドンフォフのグローセス・ゲヴェックスが素晴らしかった!


素敵なオレンジの香りに、ピーチのアロマ、とても美しい香りがたってくる♪

とてもリースリングとは思えない、美しい香りがあります。


味わいも繊細で厚みがあり、このブドウらしい酸とミネラルのエレガンスがワインを引き締めています。

03ということもあり、酸味がマイルドで果実が厚く、旨みを強く感じることができます。



感激する1本でした。  ずば抜けたワインだと思います☆☆☆




  1. 2010/08/03(火) 21:38:20|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝っぱらから。。。

_DSC6734.jpg

道の駅 あつみ


民宿を後にして、山形の鶴岡方面へ、

朝食を食べたばかりですが、やっぱりここに来ているならば、岩牡蠣を食べないことには!

あつみのレストランで、頂きます♪


やはり、新潟のものよりも味が濃くて、ミルキーです☆


食後のメロンがなかったのが、ちょっと残念。今年の気候の影響かな、、、

一昨年はあったのに、、、




  1. 2010/08/02(月) 21:32:25|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちで上回っていた

_DSC7048.jpg

大分トリニータ戦 @ フクアリ


巻を送り出す大事な試合。


スタメンのメンバーを見て、システムを銀実的な4-4-2、それとも4-2-3-1?!

そんなワクワク感を感じながら、試合の開始を待つ。


監督の指示は今までどおりだったようだが、

選手の判断で、守備から見るとサイドの二人も下がってきてスペースを消しているので、4-4-1-1のような感じ、

トップ下のヤザーが色々動きまわり攪乱している。 そうなると、深井の裏への動きが生きてくるし、スペースが生まれた。

スコア通り、ジェフが好きなように攻撃できる時間帯が多く、ゲームを概ねコントロールできていた。


_DSC7053.jpg


久しぶりにすっきり、とてもゆったりと試合を観戦できたし、最高の盛り上がりでした。

ただ、この結果は、鵜呑みにしない方が良いだろう。 そう思ったのも確か。



正直、後半開始から2人いっぺんにメンバーを代えるなど、

トリニータのコンディションには大きな問題があったことも、このような結果を生むことになったと思う。



ネット、ヤザー、深井に倉田、前線にテクニックをそろえる選手が並ぶと、ワクワクするぜ!

今度は引いた相手に対して、どうできるのか試金石です。





  1. 2010/08/01(日) 21:15:08|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: