FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

さすがに代表選手

_DSC6340.jpg

アビスパ福岡戦 @ フクアリ


久しぶりのフクアリ、ゴールデンウイーク5連戦、最後の試合である。

日差しが強く、とても暑い14時キックオフの消耗戦が予想されるゲームとなった。



内容はというと、扇谷レフリーに助けられ(試合後のレフリーへのブーイングは意味不明、、)た前半、

正直、前半に3点くらい取られてもおかしくないほど、チームが動けない、中盤のプレスが掛からない状態、

アビスパの決定力不足、フクアリの力で、どうにか持ちこたえられた。



チーム全体が動きが重く、替えがいないとはいえ、工藤は完全に消えて、完全に死んでいた。

フクは、今日もPKを与えてもおかしくない軽率なプレーで、小さくなり、鎌田は軽いプレーが目に付いていた。



しかし、サッカーとは不思議なもの、全くいいところがなく、ゴールへの糸口がないうちが先制する。

それは、シュートの意識だった! 勇人の気持ちの入ったミドルシュートが相手ディフェンダーに当たりゴールに入った!


その後、アビスパも反撃、

単純なワンツー、縦パスが、サイドチェンジがジェフを苦しめ、ミルジーの素晴らしカバーリングで、どうにか失点を食いとめていたが・・・、


見事なミドルシュートが突き刺さった。


前半スコア 1-1



後半は、アビスパの運動量が急激に落ち、付け入る隙があったように見えたが、アタックするパワーが足りなかった。


いつものフクアリ劇場を試合終了までまで期待したが、そのまま終了。

1-1のスコアを考えると、負けなくて良かったように考えた方が良い試合だった。



今日に関しては、スターティングメンバーの選定、交代選手、交代時期、時間帯でのシステムの柔軟な変更、

もっともっと柔軟に考え、自分たちのコンディションを考えた、現実的な戦い方も必要だと思う。

いつもの試合をするには連戦により、あまりにもフィジカルが落ちていた。



最後の砦、ミルジーが目立ってしまったのが、今日の試合内容を物語っている。

読みの良さ、カバーリングの広さ、アグレッシブでフェアなアタック、さすがに代表選手だと思いました。

本当に頼もしく、心強い味方です。


長くジェフでプレーしてください、お願いします。





スポンサーサイト



  1. 2010/05/09(日) 23:44:06|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: