一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スープ&魚料理編 @ Cuisine Francaise Yamaguchi (茨城・つくば)

_DSC6270.jpg

スープ 伊勢エビのコンソメ


興奮気味のフォアグラ料理が過ぎ、スープで一休み♪

さあ、メインだ!



_DSC6274.jpg

お魚
金沢産桜マスの低温ロースト
 桜マスのグラスを使ったブール・ブラン ビーツ・キオッジャと葉のソテー添え


_DSC6273.jpg


桜マスを頂くのは初めてでした☆


旨みがあり、とても川魚とは思えないほどである。

が! 調べてみると、降海型:サクラマス、河川残留型(陸封型):ヤマメ だそうで、やはり海で育っているようだ。

どうりで、どこか海っぽさを感じるのであった。



スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 23:37:51|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前菜編 @ Cuisine Francaise Yamaguchi (茨城・つくば)

_DSC6248.jpg

冷前菜
フランス産ホワイトアスパラと日本の緑のアスパラ サラダ仕立て
  セロリラブのゼリーよせ トマトソース サフランとグリーンペッパーのクリーム


_DSC6249.jpg


一皿目は、春らしくアスパラ料理、フランス産のホワイトアスパラと風味の強い日本のグリーンアスパラ♪

濃度あるサフランとグリーンペッパーのクリームのソースが利いている!



_DSC6255.jpg

温前菜
フランス産鴨のフォア・グラのソテー オレンジソース
   ローズマリー入りじゃが芋添え


_DSC6254.jpg


このフォアグラには正直参った!

素晴らしい火入れである! 旨みがとろけ、脂っぽさがない!!!

なかなか、このような皿に出会うことはないだろう。 絶品料理である!!


これを食べるに行くだけでも、このキュイジーヌ・フランセーズ・ヤマグチへ行く価値がある。

それぐらい忘れられない一皿となった。




  1. 2010/05/31(月) 23:24:47|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ワイン日記

4/27 キュイジーヌ・フランセーズ・ヤマグチ(茨城・つくば)にて
_DSC6300.jpg

-Pinot Brut 2004 Donnhoff (Germany/Nahe)
-Stern Sauvignon 2005 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Sancerre 2007 Domaine Dominique et Janine Crochet (France/Loire)
-Muscadet Sevre & Maine H Sur Lie 2004 Alliance Loire (France/Loire)

-Magno Megonio 1999 Librandi (Italy/Calabria)
-Puntay Lagrein Riserva 2004 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Chambertin 1973 Taboulet Ver (France/Bourgogne)



以前飲んだときよりも好印象のゼクトは、ドンフォフの造ったもの、
さっぱりした爽やかさが、とても気持ちがよい♪

ステルンはブショネ・・・。 最後の1本だっただけにショック!!!
ロワール料理と言うことで、ご当地のワイン、サンセールとミュスカはとても良かった。


マニョ・メゴニオは、マリオッコ・カニーニョ100%のマニアックなワイン、
野性的でありながら、タンニンはそれほど荒々しくなく、良い意味のしなやかさがある。

面白いワインで、鳩の風味と良くマッチしていました☆


エステ&ノイエのラグレインも、どちらかというと野性的なワイン、
違いはより鮮明で分かりやすいフルーツがあるといこと。

シャンベルタンは73年の弱さはなく、まだ芯があり、生き生きとしている。
さすがに凝縮度などは無いが、なんとも言えない風味が、熟成とワインの趣とを感じさせる。

香りは、とっても素敵であった♪♪♪




  1. 2010/05/30(日) 23:11:02|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/25
_DSC6490.jpg

-Poggio Ai Chiari 2004 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana)


チェリーや果物のフレッシュなフルーツ、そして花のアロマがある♪
フルーツの奥には、品の良いバニラやローズマリーの香りが少し顔を出している。

しっとりと美しく、穏やかに広がっていきます。


味わいは、瑞々しいフルーツが充実して、甘みと酸味が煌びやか、
気持ちよいほど真っ直ぐに、繊細に酸味が広がり、ワインを美しくまとめています。


そのため完成度が違い、香りも口当たりも味わいも余韻も素晴しいのでしょう。
凝縮度からは考えられないほどの、軽やかさ、繊細さを持ち、ワインが重々しくないのです。


サンジョベーゼから造られるワインとして、異色かも知れませんが、
鮮やかでクリーン、ゆとりのある、他とは明らかに違う世界観があるのです。

良い緊張感がありながら、力が抜けているような、、、



4/26 休み


  1. 2010/05/26(水) 16:27:16|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/23
_DSC6491.jpg

-A Sirio 2005 Sangervasio (Italy/Toscana)


ア・シリオの最新ヴィンテージ、04に続き、05もイイ感じです。

豊かな香りと味わい、圧倒するようなタンニンは厚みがあり、それでていてマイルド、
バランスも申し分ないですし、繊細さもあります。

04に遜色ないほどの出来ではないでしょうか。

熟成していくのが楽しみです☆



4/24 休み



  1. 2010/05/25(火) 16:25:30|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/20
IMG_0480[1]

-Vin de Pays Sauvignon NV Baron de Meursanges (France)
-Vin de Pays Merlot NV Baron de Meursanges (France)


昨日の続き、こちらも同じ、赤ワインが不自然なほど含みが甘い・・・。
シャプタリのやり過ぎ?!



4/21-22 休み





  1. 2010/05/24(月) 16:23:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/19
IMG_0479[1]

-Vin de France whine NV Baron de Meursanges (France)
-Vin de France red NV Baron de Meursanges (France)


あまり質のない、量産タイプのワイン、香りも味わいも薄っぺらい・・・。

コメントのしようがない。




  1. 2010/05/23(日) 23:21:29|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクアリ劇場

_DSC6499.jpg

東京ヴェルディ戦 @ フクアリ


久しぶりのナイター、まだちょっと肌寒いかな。。。

でも、ハラハラドキドキ、最後に逆転のフクアリ劇場でした。

細かい感想は、また明日にでも、、、


とりあえず、今日のヒーローです☆





  1. 2010/05/22(土) 23:59:25|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルサンリット @ 休憩中

_DSC6433.jpg

マイネルサンリット @ ビッグレッドファーム鉾田


鉾田滞在馬を何頭か納めましたが、これが最後の一頭です。

ファヴールと同厩のサンリットです。 ちちも同じくアフリートなんか親しみがわいてきます。


未勝利戦、頑張ってほしいです。




  1. 2010/05/20(木) 21:27:59|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルタイクーン @ 可愛いやつ

_DSC6426.jpg

マイネルタイクーン @ ビッグレッドファーム鉾田


鉾田の写真がまだありました☆

アイルの仔、マイネルタイクーンです。


この仔も、通りがかると顔を出してお出迎えしてくれました。

遊んでほしそうです。




  1. 2010/05/20(木) 21:19:01|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すっきり、さっぱり。

IMG_0470[1]


dalloyau @ 自由が丘


今日は目覚め良く、朝7時から始動! やっぱり、たっぷりと睡眠をとるとイイね☆

お外は雨模様、、、お出かけはやめることに。。。


そこで、あさっぱらからほぼ一日、お掃除してみる。

いつもは触らないゾーンまで、きれいきれい☆☆☆ いらないものを処分し、また気持ち良くなる。

だんだんと片づいていくと、お部屋も気持ちもスッキリです♪



思えば、本棚、布団1つに衣装ケース2つだけで家を出てから、ずいぶんと荷物が増えていったものだ・・・。

次の引っ越しは、大変なことになりそうだ。




  1. 2010/05/20(木) 20:36:13|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/18
IMG_0474[1]

-Bianco 2005 Sangervasio (Italy/Toscana)


少しローズマリーを燻したようなハーブのアロマ、黄色い果物が熟した印象、
仄かにバニラが薫り、ミネラルが出てくる。

気持ちの良い酸味とミネラルがワインを引き締め、フルーツが包んでいる♪
少しアルコールの堅さも感じるが、その分ワインの厚みがあります。

何度飲んでも美味しいです♪




  1. 2010/05/19(水) 21:23:29|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/17
IMG_0469[1]


-Felciaio Bianco Pisano di San Torpe 2005 Badia di Morrona (Italy/Toscana)


このクラスのワインとしては、少し熟成が長かったかな、、、

果実味がしぼみ始め、アルコール間と強いメネラル感が全面に出ていました。
ハードに、そして酸味がでばった、酸っぱい印象です。

ヴィンテージから2~3年以内に飲んだ方が良いでしょう。




  1. 2010/05/18(火) 17:51:24|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネオレオール @ 食事中

_DSC6447.jpg

マイネオレオール @ ビッグレッドファーム鉾田


馬房にてお食事中のオレオールに近づくと、鼻つらを出してくる。

まだ2歳馬、こやつもやっぱり甘えたいようだ。


父ブライアンズタイムの牝馬、やっぱり期待したくなります。




  1. 2010/05/18(火) 13:50:03|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/14 食事会
_DSC6134.jpg

-Champagne Reserve Brut NV Germain (France/Champagne)
-Le Vigne Bianco 2007 Ca'del Vispo (Italy/Toscana)
-Puntay Gewurztraminer 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

-Terre di Rfanciacorta 1996 Ca'del Bosco (Italy/Lombardia)
-Cotes Rotie 1994 Robert Niero (France/Rhone)
-N'antia 2002 Badia di Morrona (Italy/Toscana)

-Oberhauser Brucke Riesling Auslese 2002 Donnhoff (Germany/Nahe)


コース料理とワインのお勉強です。。。
良い点&悪い点色々あり、もっと頑張らないといけないと痛感した1日でした。


食べ物との組み合わせ、簡単なようであり、難しくもある。 ワインとは奥深いです。


4/15-16 休み



  1. 2010/05/17(月) 19:06:00|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルデフィ @ 二歳馬

_DSC6417.jpg

マイネルデフィ @ ビッグレッドファーム鉾田


ダービーも近づいてきました。そして、新馬シーズンもすぐそこまでやってきます!

ここ鉾田にも、二歳馬たちが8頭ほど入厩していました。


とても気になり、応募をかなり検討したマイネルデフィも、その一頭。

昨年のツアーでもキレイな栗毛が目立っていました。


まだ移動したばかりで、動きどうのこうのという話はありませんが、早期デビュー組のようです。




ツアーでの様子は こちら からどうぞ!


  1. 2010/05/17(月) 14:02:51|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/13
IMG_0465[1]

-Alte D'Altesi 1994 Altesino (Italy/Toscana)


少し鉄っぽく、硬質な香りがある。
そして、仄かなフルーツと大樽のような木の香りが抜ける。

味わいは、やや細身であるが、熟し艶のある旨みがある。
香り以上に、甘く美味しさを感じる。

飲み頃を迎えている。

力強さはないが、しっとりと、趣のある、深さを感じる風味が出ている。



  1. 2010/05/16(日) 18:19:59|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルクラリティ @ 甘えん坊

_DSC6410.jpg

マイネルクラリティ @ ビッグレッドファーム鉾田


父グラスワンダーから受け継がれた、キレイな栗毛の馬体が印象的です。

そして、近寄ると顔を出し、なでてーと甘えてくる。 とっても愛らしい仔でもあります。 


しかも、競馬に行くと4勝もしている、孝行息子☆ お持ちの方は、さらに可愛く見えるでしょう。


この仔の瞳も、くりくりで透きとおり、とっても素敵♪ 

癒されます♪♪



  1. 2010/05/16(日) 14:10:19|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/10 ワイン会
_DSC6107.jpg

-Meursault 1er Cru Clos de Perriere 1990 Albert Grivault (France/Bourgone)
-WB Riesling Auslese Trocken 1990 Dr. Burklin-Wolf (Germany/Pfalz)
-Chablis 1er Cru Vaillons 1990 Jean-Marie Raveneau (France/Bourgone)

-Nuits-St-Georges 1er Cru les Boudot 1994 Domaine Jean Tardy et Fils (France/Bourgone)
-Nuits-St-Georges Au Bas de Combe 1995 Domaine Jean Tardy et Fils (France/Bourgone)
-Griotte Chambertin 1998 Domaine Rene Leclerc (France/Bourgone)
-Griotte Chambertin 1995 Domaine Rene Leclerc (France/Bourgone)
-Cotes Rotie 1979 Emile Champet (France/Rhone)

-375ml Piemonte Moscato Passito Sori Di Ruchin 2001 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)


とっても美味しいワインが、いっぱいいっぱい飲めました♪

ラヴノー、やっぱり凄いシャブリです!香りも味わいもスケール感が違います!!
95年のブルゴーニュは、やっぱり硬いです・・・。

シャンペのロティ、熟成すると本当に素晴しい香りと味わいを奏でます。 シラーは古くしないとダメですね。



4/11-12 休み




  1. 2010/05/15(土) 22:55:30|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネアロマ @ 一休み中

_DSC6399.jpg

マイネアロマ @ ビッグレッドファーム鉾田



とっても澄んだ瞳、本当に奇麗です。

これって、やっぱり走る馬の特徴です。 素直そうですし、利口な印象を受けます。


そして、カッコイイ馬体、見ているだけでもワクワクさせられます。

走りっぷり、なるほどと唸ります。



_DSC6400.jpg


デビュー戦の走りから、父の名を高めるために、ちと背伸びをしたレース選定が可哀そうであった。

でも、まだまだこれからの馬であることは確か☆


しっかりと調整し、これからが本当のスタートになってくれればと思います。




  1. 2010/05/15(土) 01:43:32|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慎重に調整しています

_DSC6377.jpg

マイネルファヴール @ ビッグレッドファーム鉾田


普段は、ややおっとりとしているファヴールも鞍を付けるとテンションが上がっていきます。

レースを使い、じっくりと調整している効果があり、前向きさが出てきて、動きも格段にアップ!!

前走とは違うレースができそうだとのことです。


_DSC6388.jpg


ファルケなどは、さすがな動きを見せていましたが、

ファヴールも躍動感あふれる、パワフルで小気味の良いフットワークで坂路を駆け上がっていきます。

とても良い動きに見えました!!


_DSC6364.jpg


あとは脚がもつかどうか、、、

少しずつ痛がる様子を見せるようになっているそうですので、次がひとつの大きなレースとなることでしょう。



動きや能力的には、このクラスでは!と思いますが、

まずは、美浦での追い切りがまず第一関門、

そして無事にレースでコースを回ってくること。 それで結果が付いてくれば。。。


ここからは、本当に一戦一戦に力が入ります。




  1. 2010/05/14(金) 16:29:04|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン日記

4/07 Tワイン会(茨城・つくば)
IMG_0464[1]

-Chardonnay 2006 Sangervasio (Italy/Toscana)
-Vivaldaia 1997 Villa Pillo (Italy/Toscana)
-Pommard 1989 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Torgiano Rosso Riserva Rubesco Vigna Monticchio 1978 Rungarotti (Italy/Umbria)
-Torgiano Rosso Riserva Rubesco Vigna Monticchio 1975 Rungarotti (Italy/Umbria)
-Chateau Certan de May 1978 (France/Bordeaux)



イタリアの古酒、ルンガロッティの78,75です!

サンジョベーゼから造られたワインは、思いの外、ふんわりとした果実があり、
まだまだ熟成をさせても良い印象がある。

決して若々しいわけではないが、しっかりと艶を保っている。

少し鉄っぽいニュアンスがあり、プラムの熟したフルーツ、
紅茶や落ち葉のアロマ、

味わいは奥ゆかしい、趣を感じさせる、何とも言えない風味がある。




4/08-09 休み



  1. 2010/05/14(金) 14:28:31|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入厩直前です!

_DSC6382.jpg

ビッグレッドファーム鉾田


朝から日差しの強い、快晴な一日、最高の散歩日和♪ 


マイネルファヴールを見に鉾田へ☆

良い感じで走っていました。 1回使って、動きがアップしているようでした。


来週入厩予定です。

安田記念の日、東京3週目の2400が目標だそうです。



詳細は、またあとで!!




  1. 2010/05/13(木) 17:24:37|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さすがに代表選手

_DSC6340.jpg

アビスパ福岡戦 @ フクアリ


久しぶりのフクアリ、ゴールデンウイーク5連戦、最後の試合である。

日差しが強く、とても暑い14時キックオフの消耗戦が予想されるゲームとなった。



内容はというと、扇谷レフリーに助けられ(試合後のレフリーへのブーイングは意味不明、、)た前半、

正直、前半に3点くらい取られてもおかしくないほど、チームが動けない、中盤のプレスが掛からない状態、

アビスパの決定力不足、フクアリの力で、どうにか持ちこたえられた。



チーム全体が動きが重く、替えがいないとはいえ、工藤は完全に消えて、完全に死んでいた。

フクは、今日もPKを与えてもおかしくない軽率なプレーで、小さくなり、鎌田は軽いプレーが目に付いていた。



しかし、サッカーとは不思議なもの、全くいいところがなく、ゴールへの糸口がないうちが先制する。

それは、シュートの意識だった! 勇人の気持ちの入ったミドルシュートが相手ディフェンダーに当たりゴールに入った!


その後、アビスパも反撃、

単純なワンツー、縦パスが、サイドチェンジがジェフを苦しめ、ミルジーの素晴らしカバーリングで、どうにか失点を食いとめていたが・・・、


見事なミドルシュートが突き刺さった。


前半スコア 1-1



後半は、アビスパの運動量が急激に落ち、付け入る隙があったように見えたが、アタックするパワーが足りなかった。


いつものフクアリ劇場を試合終了までまで期待したが、そのまま終了。

1-1のスコアを考えると、負けなくて良かったように考えた方が良い試合だった。



今日に関しては、スターティングメンバーの選定、交代選手、交代時期、時間帯でのシステムの柔軟な変更、

もっともっと柔軟に考え、自分たちのコンディションを考えた、現実的な戦い方も必要だと思う。

いつもの試合をするには連戦により、あまりにもフィジカルが落ちていた。



最後の砦、ミルジーが目立ってしまったのが、今日の試合内容を物語っている。

読みの良さ、カバーリングの広さ、アグレッシブでフェアなアタック、さすがに代表選手だと思いました。

本当に頼もしく、心強い味方です。


長くジェフでプレーしてください、お願いします。





  1. 2010/05/09(日) 23:44:06|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/06
_DSC6108.jpg

-Riesling Q.b.A Trocken 2003 Donnhoff (Germany/Nahe)


丁度、中間的な熟成状態、もう少しフレッシュな果実味があった方が好きだし、
またドライなテイストなので、熟して旨みが出てきて、濃度があったほうが良い気もする。

美味しいけど、少し物足りないというか、贅沢な悩みです。

ワインとしては、やはり一流の造りであり、味わいでもあると思います。




  1. 2010/05/08(土) 23:54:40|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4連敗・・・

IMG_0472[1]


先日は、スクールのテニス大会、硬式テニスでは初めての試合でした。


久しぶりのハードコートに慣れず、打点が合わず、初めて組む方とのダブルスではありましたが、

やっぱり練習とは違い、緊張している体は、大きなスイングがなく、今思うとガチガチ!!


1ゲーム目は、序盤良い感じでリードするも思わぬ(相手からすると当然の)逆転負け、、、

そのショックからか、その後は思った以上に気持ちを切り替えられず、良いところなしの連敗モードに突入・・・。


修行が全く足りず、叩きのめされました。 (涙)



試合後、コートを借り、2時間ほど練習したのは、言うまでもありません。。。


めっちゃ、くやしぃ====!!!!




  1. 2010/05/07(金) 22:35:01|
  2. Tennis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/05
_DSC6044.jpg

-Bianco 2005 Sangervasio (Italy/Toscana)


ハーブにフルーツ、ミネラルに樽の印象もある、とても良い香り♪

味わいのバランスも良く、濃度も酸味も出張りすぎず、少なすぎず、本当に美味しく頂ける。
繊細さもあり、トスカーナの白ワインとしては、秀逸なワインだと思います。

我が家の定番の白ワインになっています♪



  1. 2010/05/07(金) 21:34:28|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソルスティス号の引退について

Solstice.jpg

Solstice

「お兄さんの活躍を見てもソルスティスに対する期待は大きかったのですが、
前向きさが見られず、なかなかいい走りができません。
距離を延ばしたりダートから芝に替えてみたり、また気持ちを維持できるように工夫して、
少しでもいい結果を出せるように試行錯誤してきました。
しかしながら、課題のメンタル面は改善されず、競馬に行くとどうしても走ることをやめてしまいます。
最近は特に牝馬特有の繊細さが出てきていますし、今後大きく変わるのは難しいと言わざるを得ません」(伊藤圭師)

走ることに対しての前向きさが足りない現状を打破するため、馬具を用いるなど調教から様々な対策を行ってきました。
またレースの条件をいろいろと試しましたが、前進することができませんでした。
これまでの戦績を踏まえると、これ以上の上積みを見込むのは難しいと判断し、伊藤圭三調教師と協議を行った結果、
28日付で中央競馬登録を抹消(繁殖)することになりました。



正直、最近のキャロットでの出資馬の成績が、全く振るいません。

馬見の少なさ、新しい勉強も不足ぎみ、毎年同じような結果が出てしまっている現状、
牧場や競馬場に行く回数もわずかでは、これは致し方がないのかもしれません。

どうしたものだろうか、、、



牝馬としては雄大すぎる馬体、そして難しい気性、いろいろな原因はあったとは思いますが、
大きな問題は、単純に能力がなかったと思います。

SSのバネと筋力にクロフネのパワーがあると見えたのですが、残念。




  1. 2010/05/06(木) 23:05:07|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

4/04
IMG_0459[1]

-Cerviolo Bianco 2002 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)


もの凄い黄金の深い色合い、

香りはミネラルと合わさり、古漬けのような熟成香がかなり出ている!
さらに、ナッツや麦わらのような香りも、、、

熟したパイナップルやマンゴーの香りもあるが、前者の香りが支配的である。


味わいは酸とミネラル感がきき、意外にシャープな印象で、ねっとりとしたエキス分を締めている。
とても太い味わいであるが、もう少し爽やかさがあった方が好きである。

好みはありますが、ちょっと熟成が進んでしまったかな。。。



  1. 2010/05/05(水) 13:52:57|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに、、、

_DSC6258.jpg

フランス産鴨のフォア・グラのソテー オレンジソース
           ローズマリー入りじゃが芋添え



久しぶりの更新となりました。


いっぱい詰まった、充実の1週間を送っていました。

決して、病気や怪我をして、寝込んでいたとかではありませんので、ご心配なさらぬように。。。。


休日ではないにもかかわらず、あっちに行き、こっちで食べ、あそこで遊んでいました☆



内容は、後で順次アップしていくとして、、、近況を書いておくと


食はというと、水戸・しゃも地、 つくば・ヤマグチ(フレンチ)、 八幡山・餃子館、

愛馬では、ついにソルスティスが未勝利で引退、

テニスはデビュー戦から4連敗・・・、


などなど


もう、更新する時間もないくらいでした。。。  いや、嘘です。

更新するパワーが残っていませんでした。 (苦笑)





  1. 2010/05/04(火) 14:02:57|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: