一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

_DSC5938.jpg


昨晩は、退職祝いの会、、、 33年のお勤めご苦労様でした。


日本酒2升にワイン6本、当然のように臨界手前でした。

気持ちよく、楽しく飲むことができたので、目覚めは思いのほかさわやかな感触。。。


美味しいものに、美味しいお酒、そして楽しい友、

素敵な時間でした☆



スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 23:57:05|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

3/06
_DSC5735.jpg

-Roero Arneis Recit 2002 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)


やや濃さのある色合い、透明度のある黄金色!

香りとしっとりと奥ゆかしく現れる、柑橘系のフルーツ、
熟した文旦、パッションフルーツのアクセントに甘いハーブがある♪

味わいは、繊細で豊かなミネラルと透き通る酸がストレートに伝わってくる!
後味に少し石ぽい味が残る。


とても良い熟成をしている。
こういうシンプルなワインが熟してくると、ほっとするような感覚になる。

いい年を重ねているワインであった!!!



  1. 2010/03/31(水) 16:32:03|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

3/03 Tワイン会(茨城・つくば)
IMG_0438[1]


-Meursault Collection Alain Corcia 2006 Domaine T.& P.Matrot (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1988 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Chateau Pavie 1988 (France/Bordeaux)
-Domaine De Chevalier Rouge 1988 (France/Bordeaux)
-Chateau Montrose 1988 (France/Bordeaux)



マトロのムルソー、2006年とても美味しいです♪

まだまだ若いにも関わらず、口当たりの良い丸みを帯びた果実味が多い、酸味が心地よい!!
繊細さがあり、良い感じで飲めます♪♪



赤は88年のワインをずらずらずら~~と、、、

ブルゴーニュは、酸のハリが目立つ年だけに、少々堅さは感じますが、フルーツ感はさすがです!!
ボルドーはメルロの比率が高い順にサンテミリオン、グラーヴ、サンテステフへと河口の方へ、
硬質なワインヘと続いてきます。

今だとシャトー・パヴィが、やっぱりいいかな。



3/04-05 休み




  1. 2010/03/30(火) 16:29:48|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

3/02
IMG_0437[1]

-375ml Chateau Petit Village 1988 (France/Bordeaux)


シダーの香り、少し焦がした黒糖、甘いバニラが少しエキゾチックな印象を与える。
木になる赤い実のフルーツ、動物的な印象も感じる。

とても豊かで、スケールを感じさせる香りが心地よく広がる♪


味わいは丸く、しなやかで甘い口当たり、とろみある旨みがいっぱい☆
88らしい独特な堅さを感じる酸があるが、ワインが素晴しく、充実している。

とてもニュートラルな印象を受けた。
前日も感じたが、ハーフのボトルだけに熟成の限界がある。



  1. 2010/03/29(月) 16:28:14|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝ちました!

_DSC5904.jpg

ザスパ草津戦 @ フクアリ


いろいろと言いたいことはありますが、、、

とにかく勝った! 勝ち点3をもぎ取った!ことが一番大切なことです。



ジェフサポにとって、戦友であり、大切な存在でもある戸田選手、

やってくれました。 お見事です! そして、今でもジェフのことを、サポーターのことを思ってくれている。

改めて、心の#41だと思います。



詳しくは、また明日にでも! 

体が冷え切り、体力を使い果たしたので、今日は寝ます。




  1. 2010/03/28(日) 23:59:47|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

3/01
IMG_0434[1]

-375ml Beaune Greves Vigne de L'Enfant Jesus 1989 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)


やや野暮ったい香り、土や黒糖にベリーのフルーツ、
次第に甘い樽香が顔を出す♪ 豊かで複雑な香りを感じることが出来る。

味わいは、透明度は欠けるものの、重量感を感じる、少しマッタリとしたもの。
ボーヌらしい石ぽさ、土のアロマがある。

89年の濃度溢れる旨みがある。

ワインが仕上がっている状況にあり、
ハーフボトルということで、熟成の限界を感じてしまう。



  1. 2010/03/28(日) 16:26:25|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/27 ワイン会
_DSC5645.jpg

-Puntay Weisburgunder 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Weisburgunder Q.b.A Trocken 2003 Donnhoff (Germany/Nahe)

-Syrah 1999 Villa Pillo (Italy/Toscana)
-Saint-Joseph Rouge Les Serines 1997 Yves Cuilleron (France/Rhone)
-Gevery Chambertin En Champs 1998 Philippe Leclerc (France/Bourgogne)
-Gevery Chambertin 1986 Rene Leclerc (France/Bourgogne)
-Vivaldaia 1997 Villa Pillo (Italy/Toscana)

-純米大吟醸「全麹」1998 満寿泉 (Japan/Toyama)


イタリアとフランスのシラーの比較、、、

ヴィラ・ピロは、ちょっと泥っぽい香りが出ていましたが、次第にチェリーの甘いフルーツ、
味わいにも少し濁った印象がありましたが、印象としては明るい。

フランスのキュイエロンは、ペッパー!ペッパー!!
いかにもシラーらしいブラックペッパーの華やいだ香りが出ていました。

酸やタンニンにハリがあり、少々堅めの味わいでしたが、奥行きを感じる味わいがあります。
もう3~5年くらいすると、相当良くなりそうです。



ヴィヴァルダイヤは、とても良い状態に仕上がってきています!!
このクラスの97年は、絶対にイイです♪

カベルネ・フランらしい、シダーの香りにフルーツ、
樽とフルーツにハーブや動物的な印象が溶け込み、とても素敵な香りを放っています。

味わいも、旨みがのり、厚みがあります。
誰が飲んでも分かりやすく、美味しい!と思える1本です。



2/28 休み




  1. 2010/03/27(土) 16:23:51|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏 万歳!!

DSC_0845.jpg



香ばしく、ジューシーな手羽先♪

うん、うん、うまいーーー!! もう最高です☆



セリーグも開幕!

さすが!城島君です。 いきなり、大活躍!!




  1. 2010/03/26(金) 23:09:54|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/26
IMG_0446[1]

-Santenay 1er Cru Les Beauregard Blanc 2009 Alain Corcia (France/Bourgogne)
-Chablis 1er Cru Montmain 2009 Alain Corcia (France/Bourgogne)



バレルサンプルを試飲する。


白ワインは、どうしてもフィルターによって味が大きく変わってしまう。
ふんわり柔らかい果実味や酸味が、簡単に言うと、締まって堅さが出てしまうのである。
そうした、ボトリングされたイメージをもって試飲しなければならない。


2本とも良く出来たシャルドネのワインである!


特にシャブリは秀逸で、らしさに、鮮やかでクリーンなフルーツと酸味がある。
またミネラルが心地よく、気候の良さを感じる、穏やかな味わいがある♪


サントネーは、珍しい白ワイン、

赤ワインの方が断然に美味しい、この白も良く出来たACブルゴーニュ的な品質だと思う。
悪くはないが、キャラクターが少しぼけているというか、感じられない。
安ければ、、、という話になってしまう。


  1. 2010/03/26(金) 16:17:42|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目が、、、

_DSC5758.jpg


今日もいじられています。 顔ひきつってます。

可哀そうに・・・。


昨日は、久しぶりに一日寝ていたのですが、まだ12時間以上寝られることが嬉しい。

一日が極端に短くなり、なんとももったいない過ごし方ではありますが、1年のうちには何回かありますよね。

また寒くなって、すかっと!さわやかで暖かい春が来ないかな、、、



  1. 2010/03/26(金) 13:56:03|
  2. Bell
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンキエロ・カルボーネのワイン会 @ 藤右ェ門 (茨城・つくば)

_DSC5763.jpg

Monchiero Carbone


先日行われた、モンキエロ・カルボーネのフランチェスコさん来日イベント、

つくばの藤右ェ門でのディナーの様子を、、、


古民家を使った、とても雰囲気のあるレストラン、、、が!写真を撮るには暗すぎる・・・。 (汗)

なかなか巧く撮れませんでしたが、ご覧くださいませ。。。


_DSC5774.jpg

春野菜の生ハム仕立て

Roero Arneis Cecu 2006


さわやかなチェクで乾杯、アルネイスらしい繊細でフルーティーな味わいのシンプルな白ワイン、

こいつを頂きながら、突き出しは軽めのサラダ仕立てです。


_DSC5780.jpg

お米のサラダとサーモンのマリネ

Langhe Bianco Tamardi 2006


前菜には、バリックを使った力強いタマルディです♪

シャルドネの旨み、ソーヴィニヨン・ブランのさわやかなフルーツが合わさった、とても素敵な味わいです。

樽の香ばしさやバニラの香りがアクセントになっています。


_DSC5784.jpg

手打ちタリアッテレの田園風

Roero Sru 2000


思った以上に良かったのが、2000年のスルゥ、柔らかい果実がエレガントな味わい、

タンニンがこなれるまではいってませんが、これから旨みが出てきそうな雰囲気があり、甘い果実が出てきています。

このワインは、これから凄く良くなると思います!



ここでのパスタにかかっていた熟成したチーズ、ペコリーノかな、、、

僕は平気でしたが、、、、 熟成し、独特の強い香りを放っていました。 


_DSC5785.jpg

魚介の金串焼き ケッパーソース

Barbera D'Alba Monbirone 2001


魚と赤ワイン、さあ、どんなもんかな。。。 と思いましたが、

賛否両論ありますが、なかなか良かったと思います。



バルベーラのモンビローネ、アルバという個性、そして2001年というヴィンテージ、

少し酸味が立っているので、しゃきっとした旨みが、なかなかシンプルなソースと良いじゃなかったかと。。。


_DSC5806.jpg

仔牛のロース肉のインボルティーニ・オリエンタルソース

Roero Printi 2000
Roero Superiore 1990



プリンティは強いワインです、今97年を飲んでも若いです・・・。

2000年、もちろんネッビオーロ独特の強いタンニンが健在です!! まだまだこれからのワインだと思います。



対して、90年のロエロ・スペリオーレですが!これが素晴らしい!!!

現在のスルゥなのでるが、鮮やかなフルーツが明るく、豊かな味わいを醸し出し、タンニンさえもしっかりと主張している。

バローロでも熟成香がでているものも少なくないのに、コイツはまだ全然古くなっていない!

恐るべきワインである! こういうワインは本当に感激する、ワインが輝いている☆☆☆


_DSC5810.jpg

ピエモンテ風 カッサータ

Moscato Passito Sori Di Ruchin 2001


〆はパッシート、陰干しブドウで作るワイン、ドライフルーツなどの独特な香りと、ボディのある味わい、

ただ甘いだけではなく、豊かな風味とほのかな苦みが少しワインの奥行をつくっている。


_DSC5841.jpg

記念写真は、フランチェスコさん、川頭さん&ジョバンナさん、そして藤右ェ門オーナーシェフの広田さんです。

楽しいお食事会となりました☆


ごちそうさま!




  1. 2010/03/25(木) 22:39:06|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/24
_DSC5884.jpg

-Syrah 2005 Villa Pillo (Italy/Toscana)


1本目はブショネ・・・、 仕方なく2本目を抜栓することに、、


当たり前ではあるが、全然違います。

とても強いワインです、ある意味シラーらしいエグさがでています!



正直、美味しさが足りないので、抜栓してから3日ほど放置、、、

いやー、イヤな香りや濁った味わいが消え、フルーツが、果実味が、美味しい要素が出てきた!!


少なくとも10年は熟成させるべきワインで、それだけのポテンシャルがある!!



2/25 休み




  1. 2010/03/25(木) 22:37:24|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/23
_DSC5741.jpg

-Sant'Antimo Rosoo 2007 Tenuta di Collosorbo (Italy/Toscana)
-Rosso di Montalcino 2008 Tenuta di Collosorbo (Italy/Toscana)
-Brunello di Montalcino 2004 Tenuta di Collosorbo (Italy/Toscana)
-Brunello di Montalcino Riserva 2004 Tenuta di Collosorbo (Italy/Toscana)



サンアンティモはシラー50%にカベルネ・ソーヴィニヨン25、メルロ20%、プティ・ヴェルド5%のブレンドワイン。
まだ木が若いようで、凝縮度は足りませんが、青さなどは全くない良いワインです。

シラーの個性を感じませんが、サンアンティモらしさ、カベルネの堅さを感じます。
サンアンティモの赤は、硬質な印象があります。


抜栓4,5日目が一番美味しい状態になりましたが、今ならロッソでしょうか、
キレイなフルーツ感が香りにも味わいにも、しっかりと出ています!!


ブルネロはクラシックなスタイルですが、どれも良く出来ています。
最低10年くらいは待たないと良さが出ないでしょうが、しっかりと造られているので、のびしろはあると思います。



  1. 2010/03/24(水) 14:05:49|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/21 ジョルジョ邸にて
IMG_0422[1]


-Prosecco di Conegliano e Valdobbiadene Spumante Brut NV Le Manzane (Italy/Veneto)
-Kanzemer Altenberg Riesling Sekt b.A. Brut 1989 Weingut Von Othegraven (Germany/Mosel)
-Losmann Sauvignon 2007 Viticoktori Alto Adige (Italy/Alto-Adige)
-Collio Sauvignon 2007 Tercic Matijaz (Italy/Friuli Venezia Giulia)
-Collio Ribolla Gialla 2008 Tercic Matijaz (Italy/Friuli Venezia Giulia)
-Vermentino 2002 Cima (Italy/Toscana)
-Puntay Chardonnay 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Alzace grand Cru Vorbourg Riesling Clos St Landelin 1998 Rene Mure (France/Alsace)
-Marna 1998 Sangervasio (Italy/Toscana)
-Nur Verdicchio dei Casteli di Jesi Classico Riserva Gli Eremi 2008 La Distesa (Italy/Marche)

-Roero Riserva Printi 2006 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)
-375ml Herzog Rieslaner Auslese 2007 Muller-Catoir (Germany/Pfalz)


いやー、短時間で色々と飲みました☆

どれも個性を持った、素晴しいワインです。
楽しく酔っぱらい気持ちが良かったので、ワインの印象は頭の中で、ふわふわと、、、(苦笑)

白ワイン、とても良いですよ。
ジョルジョ 殿、Mちゃん、美味しいゴハンご馳走様でした!!



2/22 休み



  1. 2010/03/22(月) 23:07:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに臨界モードへ爆走

IMG_0402[1]


楽しい飲み会、、、


気がつくと軽く零時をまわるが、まだまだワインが次から次へと・・・。(汗)

その後、臨界モードでカラオケへ、帰宅は4時前、、、


世の中は3連休ですが、僕はもちろん、朝起きて仕事でした・・・。


久しぶりに、やってもーた。。。

まじ、だるいっす!





ヴォルティス戦の録画を、だるだるモードで見たが、正直ひどい内容だった。

もう、がっかり!を通り過ぎて、悲しすぎ、、、

自分たちのウイークポイントを気にし過ぎて、全然サッカーができていませんでした。


もう一度、自分を、仲間を信じる勇気が必要だね。





  1. 2010/03/21(日) 23:46:19|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦闘服、到着!!

_DSC5875.jpg

#6 山口慶


今年も新しいユニフォームが届いた!

例年以上にスゲー悩み、、、誰にすんばか。。。 ブレイクしそうな米にするか、帰ってきた勇人か・・・。
あまりに決まらないので、そうだ、千葉銀を見てから決めよう!と決心する。



その試合での動きに惚れてしまった、山口慶選手にしてみた☆

名古屋時代は、正直良く見てない、、、(汗)
というかジェフでのプレーぶりを見ていると、カメラの範囲以外で、絶妙な動きを見せる。
だから、対戦相手として、あまり印象に残っていないのであろう。 うちが守ってばかりだったから、、、(苦笑)

スタジアムに行かないと、彼の凄さがなかなか伝わってこないのである!


テレビ画面を見ていて、彼が目立ていれ(写っていれ)ば、これはピンチを意味し、
存在が少なく、時々ゴール前に出てくるくらいだと、それは非常に試合がうまく行っていることになる。


現代サッカーで、もっとも大切なポジション、アンカー

相手を潰しボールを奪う、スペースを埋め、カバーリングを行う、守備のスペシャリストであり、
奪ったボールを素早く、そして的確に繋ぎ、攻撃の起点となる!!



さあ、草津戦に着ていくべ。



  1. 2010/03/19(金) 13:50:06|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AVATER 3D

IMG_0452[1]


久しぶりに映画館へ、、、
昔はよく足を運びましたが、最近は本当に御無沙汰していました。

今頃ですが、話題のアバターです。


きれいな映像とCGの凄さ、画面の躍動感が素晴らしかったです。

宮崎映画的な画使いと色使い、過去のSF映画の名作をミックスし、最先端技術で作った映画でしたが、
3Dとはいえ、立体感のある映像は、素晴らしく迫力満点でした!!


長めの映画も、あっという間、いい気分転換になりました☆



  1. 2010/03/18(木) 23:11:41|
  2. Movies
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お休み♪

_DSC5756.jpg


今日は、ちょこっとお休みさせていただきます。
また、あした!!



  1. 2010/03/17(水) 23:31:24|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/17
_DSC5506.jpg

-Fuente de Irache Gran Reserva 1976 Bodegas Irache,S.L (Spain/Navarra)


熟成したスペインのワイン♪

アメリカンオークの香りも落ち着き、テンプラニーリョらしい風味が出ている。
もう少し果実味が欲しいところだが、こなれた優しい味わいは、品のある後味を残してくれます。

無駄なものがそぎ落とされ、ワインに透明度が出てきている。
古酒しか味わうことが出来ない、独特の雰囲気と味わい、色々と考えさせられます。



2/18-19 休み




  1. 2010/03/16(火) 16:46:23|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/16
_DSC5501.jpg

-Nuits-Saint-Georges 1995 Lecheneaut Fernand & Fils (France/Bourgogne)
-Nuits-Saint-Georges Les Vignerond Cuvee Richard de Bligny 1990 Hospices de Nuits (France/Bourgogne)



ニュイ・サン・ジョルジュを2本頂きました♪
どちらも銘酒、これからの熟成が期待できる、凄く凝縮したワインです。


レシュノーの95年は、村名とはいえ、若々しく、剣のような酸持っています。
果実味が隠れ、タンニンも豊富で力強く、己を主張しています。
あと5年は待つべきでしょう!


オスピス・ドゥ・ニュイは、素晴しい90年のボトル、
まだ残っていることに感謝、このワインを飲ませてくれた方に感謝!!です。

ふんわりとした果実のエレガントな酸味、タンニンも気持ちが良く、豊かな風味を醸し出しています。
厚みのある味わいは、口の中で広がり、フルーツで口がいっぱいになります♪

このワインも濃い旨さはありますが、こなれた、熟した旨みは出てきていないので、もっともっと伸びていくと思います。
大きな可能性がある、素晴しいワインです。




  1. 2010/03/15(月) 14:45:51|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレックスが3人くらいいた気がした。。。

_DSC5845.jpg

サガン鳥栖戦 @ フクアリ


正直、前半は悪くはなかったが、相手にうまくやられ、死んでいた。


鳥栖が、しっかりとゾーンでブロックを作り、最終ラインの設定も良く、コンパクトで人数の多い中盤でプレスを掛けていた。

そこからサイドに繋ぎ、ゴール前へ、危険な場面は少なかったが、シンプルに良いサッカーをしていた。鳥栖のペースといって良い。



うちは、ボールのおさまりどころがなく、ぎこちないボール回し、ボールを持っても時間がかかってしまう。

米倉の惜しいシュートはあったが、鳥栖の方が良い良い場目もあり、イーブンの前半戦(贔屓目)、、、



お互いに狭い局面での潰しあい、ロングボールを跳ね返す内容だった。 ゴール前の迫力ある攻防がなく、正直、あまり楽しくない内容、、、 (苦笑)



_DSC5866.jpg


後半戦は開始早々に、米倉があっという間の 2ゴール !!!!

ワイドから中へ、スリートップの良さがでた、素晴らしいゴールであった。 高い位置で素早いプレスを掛け、ボールを奪ってからの攻撃であった。

狙い通り、我々のやりたいサッカーができた!



その後、鳥栖が攻め、うちがカウンターと、ゴール前の見ごたえのある攻防、、、

見ていて楽しかった☆



目立っていたのは、左サイドのアレックスさん、自分のサイドを突破したと思えば、いつのまにか逆サイドでセンタリングを上げ、

カウンターを食らうと、なぜかゴール前では守備のカバーしている。

そして、また全速力でゴール前に駆け上がり、スルーパスを出し、

はたまた自分の守備をこなし、自陣深くの守備を献身的に行い、またゴール前でシュート。。。


あれ?! またアレックス。。。 え!どうしてそこにいるの? 

3人くらいいましたよ。 間違いなく1人じゃないでしょ。。。 アンタ凄すぎます!!

平然と走っていました。 味方で本当に良かったです。 頼もしすぎます、めっちゃ惚れました♪



後半の勇人は凄く良いパスを出していました。センスが違うし、キックの精度が素晴らしいです。 スルーパスしびれました♪

インテリジェンス溢れるプレーと闘争心むき出しのプレー、さすがです!

お帰りなさい! そう言ってあげたい。 言うのが早いかもしれないが、帰ってきてくれて、ありがとう!!




千葉銀カップで惚れた、山口慶、ポジショニング、アグレッシブで冷静な守備はさすが!!

守備の安心感があります。 激しくボールを奪い、丁寧に繋ぐ、そして空いたスペースを埋める、素晴らしい仕事です。




ミリガン、体の入れ方が巧いです!

相手とボールの間に巧く体を入れブロック、空中戦も強く、うちに欲しかった人に強いセンターバックです。

足元のキック、カバーリングにマークの受け渡し、これからもっと良くなりそうです。

そして、ロングスロー、強烈すぎです! センタリングみたいです。。。 でも、もっともっと期待させてください。




  1. 2010/03/14(日) 22:30:57|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬の応援

_DSC5754.jpg


サッカー日和な、いい天気♪

たっぷり充電もしたし、さあ!フクアリに行こうか。



鳥栖は、戦力がアップして、とても良いチーム、

相手をリスペクトして、千葉銀カップの時のような、自分たちのサッカーを起こしていくことを期待したい。

決して相手を、自分たちを怖がらずに、みんなで、勝ちましょう!!!




  1. 2010/03/14(日) 12:00:49|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランチェスコ @ 藤右ェ門

_DSC5804.jpg


今日は、つくば・藤右ェ門でのモンキエロ・カルボーネのワイン会でした♪

とっても楽しい食事会となりました♪ 詳細は、また後ほど、、、 お楽しみにね!!



そうそう、フランチェスコに会うのは3年ぶり?!

ヴィニタリー以来かな。。。

相変わらず、イタリア人らしい、おおらかで陽気な憎めないヤツです^^

それでいて、ワインの話となると、 熱く! 目つきが変わる職人気質も受け継いでいます。



1990年の ロエロ・スペリオーレ 、やっぱり凄いワインでした!!



さあ! 明日はジェフ!

ホーム開幕戦です。 もう寝ます!! 


  1. 2010/03/13(土) 23:36:28|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/15
IMG_0441[1]


-Champagne Brut NV Pierre Darcys (France/Champagne)


シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエのオーソドックスなブレンド、
爽やか系の軽い味わいのシャンパーニュでした。

やはりシャンパーニュには、瓶内二次発酵由来の豊かな香りと風味を期待してしまう。
フルーツが出て良いだろうけど、それないと、いや乏しいと、
どうしても、クレマンやヴァン・ムスーと価格を考え、良さを失ってしまう。


正直、強い個が足りず、ネゴシアンの造る、まあままのシャンパーニュになっている。



  1. 2010/03/13(土) 16:25:39|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなかピントが来ない、、、

_DSC5749.jpg


落ち着きがなく、動きっぱなしのベル、

小心者だが、良い表情を時折見せる。 だが、黒い物体のカメラが怖い・・・。


なかなか捕えられない、、、



申し訳ないがMFで、すばしっこいと付いていけない・・・。

やっぱり、ピントが甘くなる。



でも、雰囲気がよかったので、載せてみる。



  1. 2010/03/13(土) 02:31:58|
  2. Bell
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は、、、

_DSC5760.jpg


今日は モスの日 だったそうです。

知らなかった、、、20年近く食べているけど、この時期には不思議と行かなかったのでしょう。



気になるのは、モスの日 ではなく、そう、、、その色使いだ!!

菜の花色 に グリーン っていったら、まじ今年のユニフォームカラーじゃん!!!

思わずジェフのスポンサーになってくれたんじゃないか!と思っちゃったよ! (笑)



話は変わって、ライスバーガーの 海鮮かきあげ 、やっぱ、まじ旨いよ!!

この塩だれに、スゲーやられる。。。



いつ食っても、衝撃が走るよ!!!




  1. 2010/03/12(金) 23:57:08|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/14
IMG_0428[1]

-Barleit Goldmuskateller Secco 2007 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


抜栓2日目のボトルを頂いた。

香りは、とても甘くシロップ漬けのマスカットのようなもの、
悪く言うと芳香剤にような甘い香り・・・。(苦笑)

繊細な酸味とクルーンな味わい、果実味が心地よく口の中で広がる♪
エステ&ノイエのワインは、透明度を感じる味わいである。

さっぱりした味わいで、これからの春野菜には良く合いそうだ!!



  1. 2010/03/12(金) 16:23:34|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい日

_DSC5711.jpg

Amatriciana


今日は天気がすっきり、お掃除日和でした。

お家がきれいさっぱりになり、昼食はパスタでーす♪



本日は、手軽に作れる、アマトリチャーナです。

パンチェッタ (正式には、脂分が多いグアンチャーレを使う) に玉葱を炒め、ホールトマトで軽く煮込み、
仕上げにペコリーノを少々加えてからパスタと和える。

シンプルなパスタは、やっぱ!イイね!!

旨さダイレクトに伝わる。



いっぱいパワー充電して、お出かけではわ!



  1. 2010/03/11(木) 20:48:08|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

2/12
IMG_0429[1]

-Pouilly Loche 1998 Domaine Cordier Pere et Fils (France/Bourgogne)


グランドの線を引く、石灰のような香り、鮮烈な印象を残す香りである。
次第にフルーツが出てくるが、如何せん、このミネラル香と熟成香のワックスぽい香りが鼻に残る。

味わいもドライでシャープ、エッジがとがった印象を感じる、鋼のようなワインである!
2日、3日と経つと濃度感じるバランス良い味わいになってくる。

これは熟成過程でのものなのか、飲むたびに印象が変わっていく、、、

コルディエが造るワインは、面白い味わいである。



2/13 休み



  1. 2010/03/11(木) 16:20:58|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルギブソン @ マイネメリアンの2008

Meine Merian09062704


このたび、競走馬名が マイネルギブソン に決定いたしました。

Meiner Gibson カクテルの名 (英語)


運動神経のある、祖母マイネカトリーヌ、そしてオカノブルーに遡る母系、
そして、さらなる運動神経を持った、母父のパントレセレブルが入り、この仔も確実に運動神経の良さが出てきています。
思ったよりも体が大きくなりませんが、これは父タニノギムケット、ブライアンズタイム系の特徴、体高が低いこと影響しているのでしょう。

まあ、そんなことは大きなマイナスにはなりません。

芝を走る、優れた運送神経と闘争心があれば大丈夫です。




  1. 2010/03/10(水) 22:19:53|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: