FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

強風のため、お家でまったり♪

_DSC4623.jpg

キャベツとアンチョビのスパゲッティーニ あしたばのソース


今日は出かける気がしないので、お家でゆるりと、、、
ニュースを見ていると、お仕事の方は可哀そうであり、大変な1日となってしまったようです。

ということで、冷蔵庫を整理しようと、、、と!
何も入っていないぞぉ~~!

仕方がないので、兄夫婦から頂いていた、あしたばソースを使いパスタにすることに、
にんにくを炒め、アンチョビの臭みを取り、くたくたにしたキャベツを加え、そのソースであえる。
とってもシンプルなパスタである。

バジルのジェノベーゼソースがイメージになったので、
あしたば?!ちょっと個性が足りないような、、、 (汗)

次回は、優しい味わいなので、それを生かす料理に使ってみよう!



スポンサーサイト



  1. 2009/10/08(木) 20:25:21|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

9/25
IMG_0317[1]

-Auxey-Duresse 2006 J.F.Coche-Dury (France/Bourgogne)


白ワインの名手ジャン・フランソワ・コシュ=デュリの赤ワインを久しぶりに、、、
10年前にロンドンで97年のヴォルネーの1級を飲んで以来、それぐらい希少なワインなのである!

少しハーブを感じさせるチェリーの香り、品のあるさくらんぼのコンポート、
仄かに甘いバニラ、次第にフルーツがたくさん出てくる。

味わいは、とても繊細でしっかりと造られている。
どこが良いのかというよりも悪いところがない、実に良く出来たバランスなのである!!

凝縮度や香りの豊かさ、ワインの厚みは、さすがにオクセイ・デュレス、、、
まあ、とても良く出来たACブルゴーニュと言ったところだろうか。

如何せん、ワインが高すぎる!!!



9/26 休み
  1. 2009/10/08(木) 16:25:54|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム Yearling 遠浅展示馬 No.9

_DSC3728.jpg

#43 ポトリザリスの2008 @ ノーザンファーム Yearling 遠浅

馬体重:441kg 体高:157cm 胸囲:177cm 管囲:20.5cm (9/3)


いよいよ真打登場です!!

まあ、僕がどうのこうのいう馬ではないと思います。
正直、素晴らしかったです、もし1次で応募するとすれば、間違いなくこの馬だったでしょう。
って、そうなんです。ツアーまで行きましたが、今回は応募していません。
今年は、売れ残りで勝負してみようと思っています。


_DSC3745.jpg


父ディープインパクトは説明不要の歴史的な名馬です。
サイレンススズカと並んで、サンデーサイレンスの最高傑作と言っても良いでしょう。

全身のバネが半端ではなく、無駄肉のつかないアスリート的な体系と体質をもっていました。
筋肉の質は素晴らしく、少ない量でも圧倒的なパワーを生み、筋肉の収縮力がずば抜けていました。

産駒は、ややこじんまりした仔が多かったのですが、成長につれ母系の良さを引き出し、
見栄えのする馬に育ってきています。
動きもパワーやしなやかさを持っていますので、種牡馬としても期待を裏切らないことと予想しています。


_DSC3731.jpg


本馬は、どうして兄弟に比べて安いのか?と思ってしまうほど良い馬です。
兄バルトーロも昨年のツアーで良く見えましたが、こちらはもっと良く見えました。

顔立ち、目の深さ、体格や骨格、筋肉の質、動き、そして雰囲気、
どれをとってもS級だと思います。


_DSC3733.jpg

_DSC3734.jpg


どのような競走馬に育っていくのか、楽しみでなりません。
愛馬ではありませんが、注目したい1頭です。




  1. 2009/10/08(木) 12:52:47|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム Yearling 遠浅展示馬 No.8

_DSC3756.jpg

#14 タイキジュリエットの2008 @ ノーザンファーム Yearling 遠浅

馬体重:452kg 体高:153cm 胸囲:170cm 管囲:20.5cm (9/3)


ツアーでは、人だかりがなく、おそらく一番人気がないと思われる本馬、
パンフレットを見ても、尾形厩舎ということ以外、あまり強調材料を感じていませんでした。

父シンボリクリスエスの特徴は、アズサユミの2007 の部分をご覧ください。


_DSC3753.jpg


ただ、募集馬の中で、成長度、これからの期待値が大きい募集馬ではないでしょうか。
丸みを帯びた大きなお尻、骨格も十分で、脚元に全く不安な個所はなく、無駄な動きをしません。
本来の姿のバランスや体の造りの良さがあるのです。

現時点では、正直、何の変哲もない馬に見えます。
パワーを感じ良く見え、母系の活躍などを見るとお隣のビューティフルジェムの2008の方が良さそうに見えるにもかかわらず、
この馬の方が値付けが高いのか? そこを考えないといけないのです!


_DSC3750.jpg


繋ぎは少々硬めではありますが、これはこの系統の特徴でマイナスにはなりません。
その分、手先にパワーがあります。
歩かせてみると、手先にパワーが漲っていることがわかります。

それでいて、母父のクラフティプロスペクターから受け継いだ、柔らかくて収縮力のある筋力を全身に纏い、
父シンボリクリスエスの骨格とパワーを持っているとすれば、
形の良い後駆から繰り出されるパワーがあれとすれば、走らないとは思えません。


_DSC3755.jpg


予想通り、売れ残っていますから、成長を見ながら出資の検討をしようと考えています。
コイツは化ける要素がいっぱいあります。



  1. 2009/10/08(木) 12:28:54|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム Yearling 遠浅展示馬 No.7

_DSC3739.jpg


#59 ローザネイの2008 @ ノーザンファーム Yearling 遠浅

馬体重:445kg 体高:155cm 胸囲:173.5cm 管囲:20.7cm (9/3)

なかなか判断が難しい、父フジキセキの特徴については、
トウカイステラの2008 、ラフィアンの募集馬 ベリーリズミックの2008 などで書いていますので、そちらをご覧ください。


_DSC3736.jpg


本馬は、手先や柔らかく、そしてシャープに動きます。母の繁殖実績を考えると当然といったところでしょうか。
血統、素性の良さがにじみ出ています。

SS系らしく、全身が柔らかく、適度にハリがあり、強いバネを感じます。
ヒセツは滑らかに動き、秘めたパワーを感じます。 歩く姿がとても良く見えます。


_DSC3738.jpg


_DSC3741.jpg


胴伸びがあり、高齢出産で気を付けたい、弱さや骨格の細さが全くありません。
母、晩年の名馬になる可能性は、十分だと思います。
前脚の膝下からの造りが少し良くないので、その部分を十分にケアできる厩舎でもあるのも良い点でしょう。


_DSC3737.jpg


フジキセキの仔は硬めの方がパワーがあって、分かりやすいので良いのですが、
このような芝向きのタイプは良く見せるだけに、正直、僕には判断が難しい、、、

ただ、兄弟が募集されていましたが、一番良く見えました。

ゴムみたいに見える、豊富な筋力が、ゆるいのか、びしっ!と力が出るのか?!
ぎゅっ!とした筋肉の収縮力があるのかどうか、、、 それを感じれれば出資だと思います。



  1. 2009/10/08(木) 11:58:01|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: