FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

#20 シマノキララの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

_DSC2813.jpg

#20 シマノキララの2008 @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


さてお次はネオユニヴァース産駒になります。

ネオユニヴァースは、競走時代から種牡馬として成功するだろうと思っていました。
そのとおり、いや予想以上に初年度からクラシックを獲得する偉業を成し遂げまてくれました。

そのネオユニヴァースは、飛節が硬く、地面を蹴った時に、伸びきれない弱点はありながら、
サンデーサイレンスの柔らかい体質と母父クリスのネバリある、力強い筋力を持って二冠に輝きました。
SS種牡馬の中でも、屈指の強いネバリある筋力と軽いバネをもった優秀な種牡馬だと見ています。


_DSC2810.jpg


産駒を見ていると後駆に比べ、肩が張り出し、前駆が大いに充実した仔が多くみられます。
そのため四輪駆動で走れるので、飛節が悪くても距離が持つのでしょう。
この欠点である飛節の硬さが遺伝してしまったアンライバルドも皐月賞を勝ったのですから、
余ほど優秀な体質を遺伝させる力をネオユニヴァース持っています。

種牡馬として明るい将来が見えています。
これからは、もっと繁殖のレベルも上がるでしょうから、活躍馬の増えることでしょう。


_DSC3142.jpg

#20 シマノキララの2008 @ 募集馬比較展示

_DSC3141.jpg


さて本馬、母父がアフリートと言うこともあり、体に幅がありパワーを感じます。
それでいて、父から繊細さとネバリを受け継ぎ、SS系の軽さか持っているので、品のある雰囲気があります。
重苦しさがないのです。

好みとしては、もう少し、すらっとしたタイプが好きなのですが、
バランスが良く、これはこれで良いと思います。

印象としては、確実に1勝できそうな感じがします。
あとは成長力がどれだけあるのか?!伸びしろがあるのか?!

たとえ速い動きができなくとも、地面を蹴るパワーは強力な感じがします。



スポンサーサイト



  1. 2009/08/30(日) 23:48:10|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#16 コスモハイクラスの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

_DSC2790.jpg

#16 コスモハイクラス @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


オーピーキャットの08にも良く似ていて、いかにもSS系の仔どもだな。。。
と思ってしまう、コスモハイクラスの08になります。

こちらは父がシックスセンス、同期にディープインパクトがいますので、戦績は余計に目立ちません。
3冠馬のような、スゴイ名馬の出現した世代は、だいたいそんな感じです。


シックスセンスは、体の柔軟性はありましたが、筋肉をがちっ!と収縮させるような全身のバネが不足して、
パワーある爆発力はありませんでした。しかし、SS系の運動神経の良さと軽さを持っていました。

産駒はコンスタントには走らないでしょうが、祖父サンデーサイレンスの良さを受け継げば、
活躍する仔どももでることでしょう。 走るかどうかは、確率の問題です。


_DSC2786.jpg


さて本馬、動きまで先ほどのオーピーキャットの08に良く似ており、どっちがどっちだか、、、 (笑)
顔の白い部分から、後脚の白い部分まで。。。 マジで似てる!
あっちが3000万円で、こっちが1300万円、普通に考えると馬って不思議な世界です。
父の成績が違う(種付け料)が違うから。。。 だたそれだけなんですよ。

まあ、冗談はそれくらいにして。。。


やはり、運動神経の良さと全身を使える動きが良いです。
父にて筋力は少し甘いかもしれませんが、骨格もしっかりしており、丈夫に使えそうです。

そりゃあ、不満なところも見えてきますが、
この馬からサンデーサイレンス系の良さをしっかりと感じることができる!
それが最大の長所だと思います。

またどちらかというと、こっちの方がラフィアン向きな募集馬ですね!




  1. 2009/08/30(日) 23:13:01|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#8 オーピーキャットの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

O P Cat09062701

#8 オーピーキャットの2008 @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


ラフィアンのツアー報告、忘れていませんよ!
キャロットのツアーまでにはすべて終わらせようと思って、頑張っていきます。


さて、個人的にディープよりも気になる、注目の新種牡馬ハーツクライ産駒、唯一の募集馬です。
ハーツクライは、枝の長い雄大な馬体とSS系らしい、繊細で軽い筋肉を受け継ぎ、大レースで活躍した馬です。
ディープインパクの調子に疑問があったとはいえ、有馬記念のレースぶりは圧巻でした。

まだまだ、仔どもたちが走っていませんので、大きなことを言ってしまうと良くないのですが、
実際に見てきた産駒、初年度から産駒の評判も良いようで、社台グループの当てた繁殖牝馬のレベルと合わせて、
ポスト・アグネスタキオン、最有力候補の種牡馬ではないかと考えています。


ハーツクライの持っていた、骨格と雄大な体、筋肉の柔軟性、手先の軽さ、全身のバネとネバリ、
それを受け継ぐ産駒、来年のデビューが楽しみです。


O P Cat09062702


さて本馬ですが、全身に柔軟性とネバリがあり、全身運動ができる体質と体型を持っています。
関節の柔軟性もあり、さすがに血統馬だと思わせられます。

さらに、繋ぎの長さや手先のパワーと軽さをもち、運動神経からくる強いバネを感じます。
首もしっかりと使えますし、悪いところを探す必要がないくらい、いろいろな魅力を持っています。

首から背中のラインが美しく、お尻の力強さもあります!!


芝の中距離以上で、かなりやってくれそうな雰囲気を持っています。
この馬は、やはり目に付きました。

あとは育成方法が、この馬に合わせてできるのか?
それだけのような気がしています。




  1. 2009/08/30(日) 22:43:24|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/12
IMG_0225[1]

-Puntay Cabernet 1999 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


ココアムースの甘い香り、チェリーやカシスのフルーツがあります。
非常に真っ直ぐで素敵な香りである♪

味わいはエレガントな酸、旨みが出てきたタンニン、果実味もふんわりとのっている!
口当たりが良く、美味しさをたっぷりと感じることが出来る。

これから5年くらいワインが最高な状況に仕上がっていきそうだ。
また飲みたくなるような、とても美味しいワインである♪



7/13-14 休み




  1. 2009/08/30(日) 16:25:17|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: