一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桃♪

IMG_0296[1]

桃のタルト @ コートダジュール(茨城・つくば)


桃そのまま1個使った、すごいタルトがあるよー♪
なんて、お友達に伺ってましたが、ついに買ってきました!!

その迫力と艶やかな桃に一目惚れです☆

食べていくと、真ん中の種の部分がくりぬかれ、中には爽やかなクリームチーズが!
桃のそのものを生かしていますが、その桃だけではない!!

そう、、、台になっている、さくさくのタルトが、食感&風味、とっても美味しい♪
甘さ控えめなのがまたたまらないのである!!

そろそろシーズンが終わってしまうので、もう一回食おうかな。。。 




スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 23:26:46|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン会

7/15 Tワイン会
IMG_0226[1]

-Meursault Cuvee Baudot 1978 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Clos Micault 1997 Doamine Vicomte Francois-Xavier de Vaux (France/Bourgogne)
-Corton Les Hautes Mourottes 1987 Domaine Gaston & Pierre Ravaut (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Clos des Chenes 1969 Remoissenet Pere & Fils (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Les Rugiens 1943 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)



古酒、ポティ・リュセのリュジアンは、やっぱりボトル差ありました!
1本はあまり良くなかったのですが、残りの3本は良かった。
さすがに半世紀も前のものです!当たり前!とはいえ、味わいの微妙な違いに感心させられます。

なかなか経験ができない風味を奏でています♪♪



7/16 休み




  1. 2009/08/31(月) 15:28:05|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#20 シマノキララの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

_DSC2813.jpg

#20 シマノキララの2008 @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


さてお次はネオユニヴァース産駒になります。

ネオユニヴァースは、競走時代から種牡馬として成功するだろうと思っていました。
そのとおり、いや予想以上に初年度からクラシックを獲得する偉業を成し遂げまてくれました。

そのネオユニヴァースは、飛節が硬く、地面を蹴った時に、伸びきれない弱点はありながら、
サンデーサイレンスの柔らかい体質と母父クリスのネバリある、力強い筋力を持って二冠に輝きました。
SS種牡馬の中でも、屈指の強いネバリある筋力と軽いバネをもった優秀な種牡馬だと見ています。


_DSC2810.jpg


産駒を見ていると後駆に比べ、肩が張り出し、前駆が大いに充実した仔が多くみられます。
そのため四輪駆動で走れるので、飛節が悪くても距離が持つのでしょう。
この欠点である飛節の硬さが遺伝してしまったアンライバルドも皐月賞を勝ったのですから、
余ほど優秀な体質を遺伝させる力をネオユニヴァース持っています。

種牡馬として明るい将来が見えています。
これからは、もっと繁殖のレベルも上がるでしょうから、活躍馬の増えることでしょう。


_DSC3142.jpg

#20 シマノキララの2008 @ 募集馬比較展示

_DSC3141.jpg


さて本馬、母父がアフリートと言うこともあり、体に幅がありパワーを感じます。
それでいて、父から繊細さとネバリを受け継ぎ、SS系の軽さか持っているので、品のある雰囲気があります。
重苦しさがないのです。

好みとしては、もう少し、すらっとしたタイプが好きなのですが、
バランスが良く、これはこれで良いと思います。

印象としては、確実に1勝できそうな感じがします。
あとは成長力がどれだけあるのか?!伸びしろがあるのか?!

たとえ速い動きができなくとも、地面を蹴るパワーは強力な感じがします。



  1. 2009/08/30(日) 23:48:10|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#16 コスモハイクラスの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

_DSC2790.jpg

#16 コスモハイクラス @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


オーピーキャットの08にも良く似ていて、いかにもSS系の仔どもだな。。。
と思ってしまう、コスモハイクラスの08になります。

こちらは父がシックスセンス、同期にディープインパクトがいますので、戦績は余計に目立ちません。
3冠馬のような、スゴイ名馬の出現した世代は、だいたいそんな感じです。


シックスセンスは、体の柔軟性はありましたが、筋肉をがちっ!と収縮させるような全身のバネが不足して、
パワーある爆発力はありませんでした。しかし、SS系の運動神経の良さと軽さを持っていました。

産駒はコンスタントには走らないでしょうが、祖父サンデーサイレンスの良さを受け継げば、
活躍する仔どももでることでしょう。 走るかどうかは、確率の問題です。


_DSC2786.jpg


さて本馬、動きまで先ほどのオーピーキャットの08に良く似ており、どっちがどっちだか、、、 (笑)
顔の白い部分から、後脚の白い部分まで。。。 マジで似てる!
あっちが3000万円で、こっちが1300万円、普通に考えると馬って不思議な世界です。
父の成績が違う(種付け料)が違うから。。。 だたそれだけなんですよ。

まあ、冗談はそれくらいにして。。。


やはり、運動神経の良さと全身を使える動きが良いです。
父にて筋力は少し甘いかもしれませんが、骨格もしっかりしており、丈夫に使えそうです。

そりゃあ、不満なところも見えてきますが、
この馬からサンデーサイレンス系の良さをしっかりと感じることができる!
それが最大の長所だと思います。

またどちらかというと、こっちの方がラフィアン向きな募集馬ですね!




  1. 2009/08/30(日) 23:13:01|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#8 オーピーキャットの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

O P Cat09062701

#8 オーピーキャットの2008 @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


ラフィアンのツアー報告、忘れていませんよ!
キャロットのツアーまでにはすべて終わらせようと思って、頑張っていきます。


さて、個人的にディープよりも気になる、注目の新種牡馬ハーツクライ産駒、唯一の募集馬です。
ハーツクライは、枝の長い雄大な馬体とSS系らしい、繊細で軽い筋肉を受け継ぎ、大レースで活躍した馬です。
ディープインパクの調子に疑問があったとはいえ、有馬記念のレースぶりは圧巻でした。

まだまだ、仔どもたちが走っていませんので、大きなことを言ってしまうと良くないのですが、
実際に見てきた産駒、初年度から産駒の評判も良いようで、社台グループの当てた繁殖牝馬のレベルと合わせて、
ポスト・アグネスタキオン、最有力候補の種牡馬ではないかと考えています。


ハーツクライの持っていた、骨格と雄大な体、筋肉の柔軟性、手先の軽さ、全身のバネとネバリ、
それを受け継ぐ産駒、来年のデビューが楽しみです。


O P Cat09062702


さて本馬ですが、全身に柔軟性とネバリがあり、全身運動ができる体質と体型を持っています。
関節の柔軟性もあり、さすがに血統馬だと思わせられます。

さらに、繋ぎの長さや手先のパワーと軽さをもち、運動神経からくる強いバネを感じます。
首もしっかりと使えますし、悪いところを探す必要がないくらい、いろいろな魅力を持っています。

首から背中のラインが美しく、お尻の力強さもあります!!


芝の中距離以上で、かなりやってくれそうな雰囲気を持っています。
この馬は、やはり目に付きました。

あとは育成方法が、この馬に合わせてできるのか?
それだけのような気がしています。




  1. 2009/08/30(日) 22:43:24|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/12
IMG_0225[1]

-Puntay Cabernet 1999 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)


ココアムースの甘い香り、チェリーやカシスのフルーツがあります。
非常に真っ直ぐで素敵な香りである♪

味わいはエレガントな酸、旨みが出てきたタンニン、果実味もふんわりとのっている!
口当たりが良く、美味しさをたっぷりと感じることが出来る。

これから5年くらいワインが最高な状況に仕上がっていきそうだ。
また飲みたくなるような、とても美味しいワインである♪



7/13-14 休み




  1. 2009/08/30(日) 16:25:17|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CARROT CLUB YEARLINGS 2009

IMG_0304[1]


キャロットクラブから今年のカタログが届きました!

さぁ~と目を通し、よしっ、これか?!とインスピレーションの働く思う馬はいませんでした、、、
自分の馬が走ってないことも、大きな要因、、、 自信を持っていただけに・・・。
諦めの悪い性格ですが、レーヌは駄目かな。。。 色々な人に勧めただけに申し訳ない限りです。
この場を借りて謝ります。 申し訳ありませんでした。

気を取り直して、これから、じっくりとDVDで動きを観察したいと思っています。
ツアーまでは時間がいっぱいありますからね♪

やっぱり、厩舎のリーディング順に買うべきなんだろうか。。。
馬を選ぶのは難しいのである。



  1. 2009/08/29(土) 23:11:33|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/11 ワイン会

_DSC3315.jpg

-Sanct Valentin Sauvignon 208 St.Michael Eppan (Italy/Alto-Adige)
-Carbenet Sauvignon Private Reserve Georges de Latour 1971 Beaulieu Vineyard (America/Calfornia)
-Carbenet Sauvignon Private Reserve Georges de Latour 1973 Beaulieu Vineyard (America/Calfornia)
-Carbenet Sauvignon Reserve 1971 Robert Mondavi (America/Calfornia)
-Carbenet Sauvignon 1972 Heitz Celler (America/Calfornia)


_DSC3321.jpg

-375ml Wehlener Sonnenuhr Riesling Auslese ★★★★ 1994 Kerpen (Germany/Mosel)


_DSC3316.jpg

珍しいカルフォルニアの古酒が、ずら~~と並びました!!


ふんわりした果実味やタンニンの甘みが、ねっとり口に広がっていきます。
この時期のものは、繊細さとしなやかさを持っていますので、ボルドーよりも美味しく感じるかも知れません。
そrくらい、充実した旨みを持っています。



  1. 2009/08/29(土) 22:24:31|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃墟とならなくて良かった、、、

SDIM0510.jpg


ご無沙汰しておりました。
更新遅くなって、スイマセン・・・。

ちょっとやることが集中し、パソコンに向かえなかったのですが、
実は、さらにパソコンの調子が悪く、Windowsが起動しない!そんなトラブルに見合われていました!!
マジ、ヤバいと思ったぞ!!!

PCを開け、綺麗に清掃し、プラグを繋ぎ直してみたら、復活です!!
あーー、本当に良かった!

写真は、バックアップとっておかないと。。。
そう思うのであった。



  1. 2009/08/29(土) 00:44:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分が悪い

_DSC3365.jpg


今日の名古屋グランパス戦、本当に不快だ!
あそこまでシュートに対して恐れを持ち、消極的な選手を使って欲しくない。
戦う気持ちのない選手は、ピッチに立って欲しくない。

こんな試合やってれば、去年のような奇跡は起こらないし、
もっと早くに最悪な結果が訪れることになるだろう。

がっかりを通り越して、腹が立ってきた!!

ので、もう寝ます。



  1. 2009/08/19(水) 23:59:24|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/10
SDIM0507.jpg

-Petit-Chablis 2006 Maison Kerlann (France/Bourgogne)
-Bourgogne H Pinot Noir 2005 Herve Kerlann (France/Bourgogne)


プティ・シャブリは、あまり良い印象はなく、まあまあのワインでしたが、
ブルゴーニュ・ルージュは良かった!

少し熟成した2005年ということもあり、こなれた旨みがあります。
香りも味わいも、このクラスとしては秀逸な1本だと思います。

日本に入ってくるのが楽しみである!!



  1. 2009/08/18(火) 14:18:01|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

in the clouds 2

SDIM0467.jpg


ボルト、すげー!
9秒58って、、、 人間じゃないぜ!!
200メートルも楽しみ☆



  1. 2009/08/18(火) 00:30:05|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/09 自宅にて_DSC3272.jpg

-Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot Clos de la Chapelle Rouge 1995 Louis Jadot (France/Bourgogne)
-Nuits Saint Georges 1995 Domaine Lecheneaut Fernand & Fils (France/Bourgogne)
-Monthelie Rouge 1986 Domaine Caillot (France/Bourgogne)



久しぶりに自宅でのワイン会、、、
今日のワインは硬派なものばかりになってしまった。

ヴィンテージも、アペラシオンも、味わいも硬質な感じ。。。
まあ、こんな日もあるさ!

95年はもっと熟成させましょう!!



  1. 2009/08/17(月) 14:04:00|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一体感がでてきた

SDIM0513.jpg

柏レイソル戦 @ フクアリ


ネット・バイアーノのプレーは録画映像を確認したが、故意ではないのでイエローで済まなかったのか、、、
それまでがダイナミックなサッカーだっただけに残念!
試合が壊れてしまった。

試合を通して、? 怒 ? 怒、感じるジャッジ、
うちから見ても、レイソル側から見ても、不満の残る笛であったのは間違いない。


SDIM0516.jpg


久しぶりにスタンドが揺れるような声援、必死に走り躍動する選手、はじめの29分のサッカーもわくわくした。
しかし良い頃の、選手とサポーターの一体感があった!
フクアリが揺れかけていた!!

今日は勝ちたかったが、

あの走って、走る選手たちに、
手が痛くなるまで叩き、声が枯れるまで声援を送るサポーターたち、

なにか、良い感触がある!


中後、トーミが復帰まじかとみて、鬼気迫るプレーぶり、パスも走っていた!
ようやくだが、何かわくわくするような期待感が出てきた。



例えば今日10人で戦って、中後が試合中に倒れ、あの中で外には出てほしくはないです。
二人少なくなってしまいますから。

足が折れようが、頭から血を流そうが鼻がもげようがもう絶対立っていろ、
ここは男の勝負だということは明日きっちり言おうと思います。
我々はもう外に出ることも許されない、水も飲ませません。
最後まできっちり戦わせる、それだけです。


(江尻監督)


  1. 2009/08/16(日) 22:25:42|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/08
IMG_0216[1]


-Bianco dei Poggi 2008 Badia di Morrona (Italy/Toscana)
-Rosso dei Poggi 2007 Badia di Morrona (Italy/Toscana)
-Vignaalta 1997 Badia di Morrona (Italy/Toscana)



質の良いトスカーナのワイン、特に白ワインの良さが目立つ!
フルーツ感がはっきりと出たシンプルなワインは、テーブルワインとして最適♪

赤は少々ワインの強さが目立つが、少し落ち着くと良いだろう。
なかなか1000円くらいで、ここまで美味しいワインは少ない!!


ヴィニャアルタは、スケール感が違う!
高級ワインとはこういうものだ!というような、香りと味わいの奥行きがある!!

しかも、グーレートヴンテージで熟成しているのだから。。。
もう言うことはない!




  1. 2009/08/16(日) 16:35:56|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/07
IMG_0281[1]

-Camprianese 2007 Buccia Nera (Italy/Toscana)
-Chianti Sassocupo 2007 Buccia Nera (Italy/Toscana)



あまり質の良くない、昔風のトスカーナワイン、
果実味は薄く、タンニンが膨らまずに苦みをアフターに伴う・・・。

はっきり言って、美味しくない。。。



  1. 2009/08/15(土) 16:04:37|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鰻を狙うも・・・

SDIM0385.jpg


親父が、鰻!鰻!!と言っていたので、
近くの河口に、おやじの作った籠をを2つほど仕掛ける!

餌をきびなご、さんま、、いろいろと変えて狙うも、
入るのは、手長えび と ハゼばかり、、、


ついに鰻が入ることはなった。
どうやら、今年は獲れていないようだ。。。



  1. 2009/08/15(土) 13:41:24|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕方がないので

SDIM0395.jpg


大潮が近いということで、遠浅の海は、1キロ?!先の先まで干上がっていく、、、
時期ではないが、浅利を掘ることに。。。

このクソ熱い、午後の1時過ぎである!
しかし、そこは大人数、30分も掘るとバケツにいっぱい獲れるのである。

ちょっと小さめでかわいそうですが、味はピカイチ!!
美味しく頂きました♪




  1. 2009/08/15(土) 11:37:34|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6人総出も。。。

SDIM0398.jpg


いつもなら、形の良いきびれが釣れるはずなのだが、、、
親父がいないので、餌すらつっつかない。

僕の竿には、1週間もかからないとは、、、

お魚さんがない!
きっと喪中なのでしょう。



  1. 2009/08/15(土) 01:32:38|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

in the clouds

SDIM0459.jpg


最近、雲をよく見る。
大きな空の中でも、とても迫力感がある。

ゆったりと流れる、、、

たぁ~ た、たらり すたっ たぁ、、、



  1. 2009/08/14(金) 22:32:34|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/06
IMG_0218[1]


-Rheingau Riesling Kabinett 2003 Robert Weil (Germany/Rheingau)


グリーン色が残った、やや淡い黄金色、
味わいは、ネバリのある果実味に覆われ、強靱なミネラルとシャープな酸が支えている。
非常に繊細でエレガントな余韻を残す。

ラインガウらしい、ワインのネバリを感じさせる、強い味わいを感じる。
これは、カビネットクラスとは思えない凝縮度を持っている!!

さすがにロバート・ヴァイル、太く、強いのに、まったく重苦しさがない!!
ウマイ!!!



  1. 2009/08/14(金) 16:15:34|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

7/01

IMG_0244[1]

-Chateau Charron Rouge 2005 (France/Bordeaux)


埃っぽい! そして、やや青さを感じる香りがある。
次第にフルーツが出てくるが、鮮明ではない・・・。

味わいは、やや細くボディが足りたので、タンニンが痩せて苦みを感じる。
それほどの品質は、あまり感じない。。。


7/02-05 休み



  1. 2009/08/13(木) 16:01:17|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

6/30
IMG_0250[1]

-Vermentino Affinato In Barriques 2003 Cima (Italy/Toscana)


熟成し、締まりが出てきて、以前のようなまったり感がない!
上品になってきている♪

マスカットを思わせる香りと口当たりとろっとした濃度、
口にの中で旨みが広がっていく!

凄く良くなってきている!!
今が飲み頃かな。。。




  1. 2009/08/12(水) 16:57:43|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

6/25
IMG_0252[1]

-Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc 2006
                 Domaine Michel Gros (France/Bourgogne)



芳ばしい香りとハーブの香り、フルーツがゆっくりと現れるがハッキリはしない。
金柑やカリンに仄かにパイナップルでしょうか。。。

がちっとカッチリしたワイン、
ミネラルがばっしり利いていて、とても硬質な味わいである!

単体よりも海の幸を合わせたい1本です。



6/26-29 休み


  1. 2009/08/11(火) 13:57:06|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

6/24
IMG_0276[1]


-Prunar Weissburgunder 2007 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Salt Chardonnay 2007 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)



気持ちよく楽しめる白ワイン、果実の美しさ、透明度が一際目立つ!!
エステ&ノイエのワインが裏切ることは無い。

樽の風味を利かせたワインだけが白ワインではないことを教えてくれる。
本当に気持ちがよい!!




  1. 2009/08/10(月) 23:51:44|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贅沢な夕日

SDIM0489.jpg


飛行機から見た夕日、美しく力強く光り輝く、、、
もう蒼いお空とともに暮れていくのに、本当に鮮やかな色合いである。

この夕日のように、最後まで美しく輝きたい。



しばらくお休みをいただいておりましたが、
僕はいたって元気にやっていますので、ご心配ないように。。。

また、少しずつ更新をしていきます。



  1. 2009/08/09(日) 22:27:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: