FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記

馬ばっかりになってるよ!
なんて言われたりもしているので、定番のワイン日記の方も織り交ぜていきます。

ちゃんと、普通のネタも入れていきます。。。


5/29
IMG_0164[1]

-Tamardi Langhe Bianco 2005 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)
-Tamardi Langhe Bianco 2003 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)



新・旧のタマルディを比較、とても面白い結果でした。


まずは若い、ソーヴィニヨン・ブラン+シャルドネのワインから、
豊かなミネラル感と冷涼な酸味、硬質な味わい。

ドイツのヴァイスブルグンダーかなと思ったが、びっくりタマルディ!!



旧タイプのアルネイスのブレンドは、樽の芳ばしい香り
パイナップルやハーブの香りと繊細な酸味がある。

前者よりも硬質なイメージはないが、やはりシャープな味わいである。
ともに今まで思っていたタマルディとは少々違う顔を見せていた。


とても同じ生産者が造ったワインとは思えない、大きな個性の違いを持っている。
この2本をブラインドで見分けられたら、スゴイですよ!!




スポンサーサイト



  1. 2009/07/01(水) 23:11:25|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#35 ヒシアオバの2008 @ 2009年ビッグレッドファームツアー

_DSC2839.jpg

#35 ヒシアオバの2008 @ ラフィアン2009年度募集馬展示会


さあ、募集馬展示の様子を本日より少しづつアップしていきます。
番号順に行こうか、どうしようか迷ったのですが、自分が気になる馬から上げていきます。

最初は、現在のところ応募0、ゼロです!
ヒシアオバの2008から始めて行きたいと思います。
人気に反して、僕には良く見えましたよ。


ピサノサンデーを見ていたら、あれ?!こっちもかなり良いぞ!
とパンフレットを開くと同馬。。。

思ったよりも重々しく、硬い感じはなく、力強さと素軽さを感じさせられます。
筋に力が入りながら、窮屈なところがなく、全身を使って歩様しています。
また、手先も重くなく、芝でもやりそうな雰囲気があります。


_DSC2838.jpg


左前の外向も、気にしなくて良いでしょうし、
体のバランスが良く、関節にも、適度な粘りがあり、骨格がしっかりとして、脚元から体まで枯れているので、
故障しにくいと思います。 丈夫そうな、ビッグレッドの育成に合うと思います。



_DSC3164.jpg

#35 ヒシアオバの2008 @ 募集馬比較展示


血統を見ると、アレミロード、ハートレイクと来てトワイニング。。。 う~~んっ!と思いますし、
ブラックタイプにも強調材料はありません。

ただ、走らなかったハートレイクの仔に関わらず3勝した母の能力にかけてくなります。
母も短距離のダートを走った馬です。


_DSC3162.jpg


き甲が抜けてきているので、あまり大きくはならないかもしれません。
背中も少し硬いので距離が持たないかもしれません。

しかし、460~70キロくらいでも、リズム感のある、速い回転で走れれば、
芝、ダート問わずに1200~1400の距離で楽しませてくる競走馬に育ってくれそうです。


成長をじっくりと見極めたい1頭です。



そして2日目の比較展示でも、全く人がおらず、寂しく立たされていました。
本当に1人とか2人とかくらいしか、じっくりと見ている人しかいません。

ちょうどホテルの朝食をご一緒して頂いた会員さんも気になっていた様子で、
予想通り、いや予想以上に人気がないので、成長見ながら様子見ながらで行けそうですね。

僕の目が節穴かどうか、来年のデビューが楽しみです。
自信有りますよ!!




  1. 2009/07/01(水) 14:12:59|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: