一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイン日記

1/31
_DSC0843.jpg

-Bourgogne Aligote 2001 Hubert Lignier (France/Bourgogne)


非常に濃い色合い、熟成をしている。
酸っぱさを感じる香り、ミネラルやカリン、金柑のフルーツが薫る。

味わいも香り同様に酸を感じるが、熟した厚みがある。
アリゴテらしい、とてもさっぱりした味わい。


2/01 休み


スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 16:42:50|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりくり

_DSC0905.jpg


少しずつ暖かくなり、いよいよ4月になります。
体の調子も、ここえきて少しずつではあるが、上向き加減!!

体も心も上げていきましょう!



  1. 2009/03/31(火) 14:01:43|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/29 リストランテ・ルーチェにて
_DSC1522.jpg

-Aglianico del Vulture 2004 Basilisoco (Italy/Basilicata)


バジリカータのアリアニコ、なかなか飲む機会が少ないワインである。
野性味ある香りと、それとは対照的な穏やかでソフトな果実味とタンニンがある。

口当たりが良く、お食事とも良く合う!
何とも言えない、垢抜けていないイタリアらしさが、いっぱいあるワインと言えよう。


1/30 休み


  1. 2009/03/30(月) 23:02:20|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな画も好き♪

photo001.jpg


楽しいお食事会でした♪

日本酒とイタリアン、なかなかの相性、
美味しいもの同士、合わないわけがないのよ!!


  1. 2009/03/29(日) 03:00:38|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/26
_DSC1540.jpg

-Montemaggio Ⅱ 1997 Montemaggio (Italy/Toscana)


次第に甘いバニラの香り、とてもキレイに薫っている!!
ドライフルーツを感じる、無花果にプラムやチェリーの香りがあります。

少々枯れた香りもありますが、良い熟成状態と言えるでしょう。

ストレートで美しい酸が印象的な味わいです♪
クラシックなスタイルのトスカーナワインらしさが、いっぱいあります。


1/27-28 休み


  1. 2009/03/28(土) 14:05:19|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの。。。

_DSC0900.jpg


久しぶりに登場!!
α100 も久しぶりに握ってみたが、なかなか良いのぉー。。。


  1. 2009/03/27(金) 13:59:18|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/24 ワイン会
_DSC1495.jpg

-Vouvrey Tete de Cuvet Brut 2002 Alliance Loire (France/Loire)
-Pommard 1er Cru Saussilles 2002 Alain Corcia (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1972 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1969 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Chateauneuf du Pape Rouge Les Cigales 1990 Berard Pere et Fils (France/Rhone)

-375ml Haardter Herzog Rieslaner Auslese 2004 Muller-Catoir (Germany/Pfalz)


_DSC1467.jpg


-Pommard 1er Cru Rugiens 1972 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)


このボトルは良かったが、やはり72年ということで、ほぼピークを迎えています。
もう少し果実味が輝いている方が好きです。


_DSC1470.jpg


-Pommard 1er Cru Rugiens 1969 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)


こちらは、さらに3年古い69年のもの、
ブルゴーニュにとって、素晴しい出来となっている、ヴィンテージらしい、鮮やかさを持っています。

まだまだタンニンも健在!!
もっと良くなりそうな、甘みが出てきそうな雰囲気があります♪

ブルゴーニュ古いワインらしい、下草の香りと甘い苺やさくらんぼの品のあるフルーツが充実しています。


1/25 休み



  1. 2009/03/26(木) 17:12:41|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覗き込むと。。。

_DSC1847.jpg


たくさんのイモリが気持ちよさそうに。。。
水がキレイなんでしょう! メダカも楽しそうに泳いでします。

さすがに田舎! まだ、こんな場所があるんですね。



  1. 2009/03/25(水) 23:39:44|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やったぁぜ! WBC連覇達成!!

_DSC1804.jpg


勝ったぁ! 連覇達成!!


_DSC1806.jpg


最後の打席での集中力、すげー、鳥肌たった!!


_DSC1818.jpg


初めて生でみる、イチロー、
この初戦は5タコで、調子もイマイチでしたが、最後の最後にやってくれた!!


_DSC1822.jpg


七回の攻撃時、そして勝利の後に出現した、ビックフラッグ!!
いま改めて映像を見て、こんなんが出ていたのかーと思いました。
フラッグの下だと何をやっているのか不明。。。 (笑)


_DSC1800.jpg


盛大なセレモニー、そして王さんの始球式、
野球人としては、なにかわくわく、興奮したことを覚えています。


_DSC1833.jpg


原監督、阪神ファンの僕としては、敵将の存在。。。
しかし、最後まであのガッツポーズと前向きな姿勢を通し、チームをまとめ上げた!
本当の名将となったと思う。個性派集団をまとめる力や姿勢、求心力、恐れ入りました。

明日からは、また憎き敵将としてブーイングさせてもらいます。 (笑)


いやー、野球って本当に面白い!


今年は、久しぶりに野球場にも足を運びたい思いました。
青木、中島は好きなバッターだし、岩隈に杉内、本当に素晴らしいピッチングでした!!


  1. 2009/03/24(火) 23:56:11|
  2. Baseball
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひさしぶりのNeoギター

090322_2105~0001

Neoギターソロライブ @ ODU-vis (茨城・水戸)


久し振り♪ 師匠の単独ライブ。。。

新曲 Rising  、これから始まるって感じ。。。

新しいギターの音も低音が厚く良いよー♪

夜遅くまで、visさん、Neoさん、皆さん、ありがとうございました。
大遅刻でしたが、1曲聞くことができました!!

またギターが好きになりました♪


  1. 2009/03/23(月) 02:30:35|
  2. FAKiE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前半は良かったが・・・

_DSC1924.jpg


川崎フロンターレ戦 @ フクアリ


僕のホーム開幕戦、午前中に横浜での所用をこなし、アクアライン¥1000を使い、蘇我へ。。。
横浜やアクアラインは雨と強風で、今日の試合は?!と思ったが、フクアリはぎりぎり大丈夫だった!

試合は、米倉のスタメンで、おぉおお!と思い、さらに開始直後の谷澤のゴールで、さらにテンションが上がった!!
本当に前半の内容は良かった、フロンターレにサッカーをさせなかった。
ケンゴにマンマークのアレックス、空中戦を圧倒し、フィジカルでサイドを突破する米倉、
最終ラインの高さも良かった。非常にオーガナイズされた守備、そして早いカウンターができていた。

しかし、後半に入ると内容が一変、ケンゴが高い位置を取り、アレックスは最終ライン付近まで吸収され、
ディフェンスラインが下がってしまった。また、前半良かった、米倉も足が止まってしまい、右サイドを使われてしまう。
相手のボランチが1枚フリーになり、そこからボールを回され、相手から取ったとしても、自陣近くでは押し上げができずに、
苦し紛れの横パスを奪われ、再三のピンチ、ついには失点してしまった・・・。


あれだけ、守備に追われれば、終盤の余力も無くなる。
反撃できるすべがない。 
前半を考えれば勝ち点2を失った気がするが、トータルで見ると正直勝ち点1取れただけでも良しと思ってしまう。

和田がダメだと思わないが、相手の裏のスペースを使ったカウンター攻撃を仕掛けたいなら、
どうして深井じゃないのだろうか・・・。 
それと10番を背負ったのが重いのか、開幕から工藤の攻撃での精彩がない。
バランスを気にし過ぎているのか、スペースを見つけ、あの長い距離のランニングができない。 とても窮屈に見える。



  1. 2009/03/22(日) 23:54:24|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵なひととき♪

_DSC1659.jpg

Blue Note TOKYO


ジョン・マクラフリン、クチック・コリア、リスチャン・マクブライド、ケニー・ギャレット、ブライアン・ブレイド、
現代最高のジャズバンドが来日ということで、久しぶりのブルーノートです。


_DSC1661.jpg


ファースト、セカンドと曲目が違うらしく、友人から両方見た方が良いとアドバイスを頂いたので、
贅沢にも、最高の音をたっぷりと聴いてきました♪


John McLaughlin(g)
Chick Corea(p,key)
Christian McBride(b)
Kenny Garrett(sax)
Brian Blade(ds)


_DSC1671.jpg

1st
1.Raju
2.The Disguise
3.New Blues, Old Bruise
4.Spirit Rides
5.In A Silent Way ~It's About That Time



2nd
1.Senor C.S.
2.Hymn To Andoromeda
3.Dr. Jackle
4.In A Silent Way ~It's About That Time


_DSC1674.jpg


ファーストとセカンドの間、席の待ち時間にふらふらしていると、隣にケニー・ギャレットが座ってきた!
びっくり、日本通の彼は日本語が達者、なぜだか納豆の話で盛り上がり、良い暇つぶしに。。。
そんなケニーは、パワフルでありならが、決して吹きっぱなしのサックスでない、素敵なサックスプレヤーとは思えない。
気さくで、とてもユーモワなのです。

そんなしているうちに、目の前にマクラフィンがいるではないか!
あまり人にサインを強請らない僕が、思わずサインしてもらいました♪♪
そして、握手してもらったのですが、温かくやわらかくお手手で、この手であのギターを弾いているのか。。。
なんか、嬉しくなっちゃいます。。。


さて、内容はというと他のブログでも書かれているので愛割致します。(笑)
とにかく若いブライアン・ブレイドが良い!! クリスチャン・マクブライドと共にリズムをグイグイ引っ張って、
マクラフィンやチックはそれを楽しく遊んでいるよう、ケニーのサックスももちろん光っていた!

あっという間の素敵な空間でした♪


  1. 2009/03/18(水) 23:07:54|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念。。。

_DSC1601.jpg


鷹の爪が減り、ニンニクが減り、モツが減り・・・。
ニンニクの風味と鷹の爪のパンチが利かない鍋になってしまいました。

また、接客態度にも不満が出てきた。

昔は、本当に美味しかっただけに残念でなりません。
今日だけが良くなかったと思いたいが、ここ3回ほど感じたので、もう行くことはないかな・・・。


  1. 2009/03/17(火) 23:43:19|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/22 友人O宅にて
_DSC0840.jpg

-Bourgogne Chardonnay 1999 Francois Mikulski (France/Bourgogne)


やはりミクルスキーの白ワインは、安心して美味しく飲むことが出来る!
シャルドネ、ブルゴーニュの白ワインの素晴らしさをしっかりと伝えてくれる!!

さすがに濃さは奥行きは足りないが、
このクラスでも10年は熟成し、風味豊かな味わいを奏でている。


1/23 休み

  1. 2009/03/16(月) 23:40:56|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深大寺そば

_DSC1400.jpg

_DSC1403.jpg


暇な時間で、深大寺を散策。。。
お蕎麦を舌鼓♪


  1. 2009/03/15(日) 23:37:34|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/21 Tワイン会
_DSC1437.jpg

-Meursault 1996 Alain Corcia (France/Bourgogne)
-Gevrey-Chambertin 1er Cru Lavaut St-Jacques 1992 Domaine Rene Lene Leclerc (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1978 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Chateau Certan de May 1992 (France/Bordeaux)
-Chateau Leoville Las Cases 1976 (France/Bordeaux)



この アラン・コルシア セレクションは、
名手 ジョセフ・マトロ が造っているムルソーである!

少し前に飲んだが、冷たいせいか?あまり印象が良くなかった・・・。
今回のボトルは、やはり閉まった堅さのある味わいではあるが、香りはらしさが出ている!

もう少し、柔らかさと濃度がある方が好きではあるが、
ミネラリーで酸が厚い、シャープな味わいもお料理と合わせると、なるほどと思います。



ルネ・ルクレール の ラヴォーサンジャック92年 は、
世間的には、あまり良くないヴィンテージではあるが、色が濃く、ここではかなり良い出来である!

ワインが熟し始め、タンニンが甘くなってきているところ、
充実したフルーツとタンニンは、しなやかな味わいを醸しだしている。

旨い!!!



ポティエ・リュセ のポマールは、グレートヴィンテージの 78年 のもの!
スタイル的に、クラッシクで内に内にベクトルの向いた内向的がワインではあるが、

素晴しい状態で、長期熟成したワインが奏でる、風味がある!!
まったく、枯れておらず、むしろもう少し熟した方がタンニンに甘さが出てくる、
そう思ってしまうほどに、若々しい!! 凄いワインである!



香りだけは素晴しい、あ!すげーワインだ!!と思うようなボルドーらしい香りを持つ、
セルタン・ド・メイ の 92年 は、酸やタンニンが若いので、もう少し熟成させた方が良いだろう!

本当に香りは素晴しい!!



ラスカズ の 76年 は、完熟状態でした♪
高級ワイン特有のハーブ、杉の香りとタバコや熟したフルーツ、豊かな香りを放っています!
味わいは、少し枯れてきてはいましたが、熟した風味があります。

もう少し果実実が、たっぷりとあると最高ですが、このあたりが76年と言うことなのでしょう。



  1. 2009/03/14(土) 23:32:26|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/19
_DSC0858.jpg

-Vin De Pays D'Oc Viognier 2005 Domaine des Aspes (France/Languedoc)


青りんごのフルーツ、シロップの甘い香り、
真っ直ぐに、クリーンで、とても素敵な香りが広がる♪

味わいは濃度があり、仄かな苦みを伴うが、良いアクセントになっている。
ボディに負けない、しっかりとした酸がある。


1/20 休み


  1. 2009/03/13(金) 10:39:11|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/18
_DSC1433.jpg

-Chateau La Raballe Rouge 2006 (France/Bordeaux)
-Chateau Charrn Rouge 2005 (France/Bordeaux)



安いボルドーの赤ワインの比較、

まったくもって良いところがない量産タイプの美味しくない、ラ・ラバッレ、
シャロンも軽いが、綺麗なフルーツがあり、こちらは美味しく頂ける。



  1. 2009/03/12(木) 16:38:14|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/17
_DSC1430.jpg

-Merlot Vin de Pays de l'Herault 2007 Maison St-Paul (France/Sud de France)


やや酸味の勝ったタイプ、しかし果実味が多く、フルーティーである。
もう少し酸が穏やかな方が好きではあるが、料理と合わせると、この酸が生きてくるだろう!

テーブルワインも、ずいぶんと高くなってきたものだ・・・。



  1. 2009/03/11(水) 14:37:03|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハードワーク

_DSC1745.jpg

#10 工藤 浩平


家族のことで、ここ4日間はあっちこっちへ動き回り、かなりのハードワークをこなす。
フクアリの年間シートを持っているにも関わらず、そのため開幕戦は実家で見ることに。。。
ちょうどBSでやっていたので、運よく、空き時間に観戦!!

歓喜のフクアリから3か月、わくわくの新シーズンではあったが、
往復ピンタされ、去年の悪夢がよぎる、最悪のスタート。

昨年の悪かった部分が出て、そして全く改善されていない連携と押し上げ、
残念ながら、「希望」すら見えない、お粗末な内容でした。

今週は、早くも今年2度目のアウエーな千葉ダービー、
サポーターに希望ある内容を見せてほしい!!


話は変わって、今年のセカンドユニフォーム、久しぶりに緑が復活!!
なかなか、かっちょイイ、思わず買ってしまった・・・。 (汗)
黄色で戦いたいので、着ていく機会がないのに。。。 間違いなく、タンスの肥やしだな・・・。

昨年、一番伸びたコーヘー、10番を背負うことに!
今年は、やっぱり深ィィの9番を!、と思ったがセカンドはコーヘーにした。


  1. 2009/03/10(火) 23:13:11|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone という不思議な箱

_DSC1783.jpg


iPhoneのキャンペーンが始まったので、早速購入してみた。
僕の中での林檎マークは、白のイメージがあったので、意味もなく16GBモデルに。。。

日本のメーカーでは見かけることができない、シンプルで細部まで凝った箱の作り、
軽くイジッただでもわかる。 これは今までの携帯電話ではないな!

これから、ゆっくりと遊びまーす。
その前に今から東京ドームへ、日本代表の応援に行ってきます!


ほいじゃ、また!


  1. 2009/03/05(木) 14:40:59|
  2. お気に入り♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/16
_DSC1679.jpg

-Barbera D'Alba Monbirone 2006 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)


鮮やかなフルーツち突き抜ける酸、エレガントな味わいを醸し出しています。
また、濃度ある果実味が、柔らかくワインを包み込んでいる。

美味しい!とワインの表情が良くでた1本だと思います。
バルベーラという品種は、若い時期から美味しい味わいがあります。



  1. 2009/03/05(木) 12:23:18|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/14 友人F宅にて
_DSC1362.jpg

-Campi Flegrei Falanghina 2006 Cantine Farro (Italy/Campania)


あまり飲む機会のない、カンパーニャ州の赤ワイン、
ピエディ・ロッソという地ブドウを100%使っているらしい。

野性味ある風味と穏やかな酸味、
鮮やかさやシャープさとは無縁ではあるが、良い意味の田舎ぽさがある。

もう少し果実味が柔らかく、ソフトさがあると、かなり良いと思う。


1/15 休み


  1. 2009/03/04(水) 16:21:48|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海の幸が、いっぱい♪

_DSC1576.jpg

_DSC1579.jpg

_DSC1580.jpg

相馬双葉魚業 水産物直売センター


先日、蟹を頂いた相馬の漁港です。
獲れたての海の幸が、所狭しと並べられていました。


_DSC1586.jpg


いばら、めちゃくちゃでかい、タラバ蟹。。。
こちらでは、いばらと呼ばれているそうです。 二万円なり!! 

お隣の大きな松葉蟹が小さく見えます・・・。


  1. 2009/03/04(水) 14:05:04|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/12
_DSC1355.jpg

-Poggio Ai Chiari 1995 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana)
-Moscato D'Asti Sori Ruchin 2007 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)

先日97年を飲んだので、95年も開けてみた!
って、最近多いよなあ・・・、ポッジョ・アイ・キアリを飲むこと。

このボトルは、やや閉じ気味、味わいが堅い!
が、凝縮度が97年よりもあり、そして何より強靱な酸が支え、ワインのスケールがある!!

やはり95年は凄い1本である!!


1/13 休み

  1. 2009/03/03(火) 20:49:03|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ、新しいシーズン

_DSC1767.jpg

#9 深井 正樹

今年も新しいユニフォームが届いた。
ワクワクするが、ホームの開幕戦、残念ながらスタジアムには行けない・・・。
今年こそは、良いスタートを切りたい!


  1. 2009/03/03(火) 14:19:39|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/10 ワイン会

-Fleur de Champagne Brut 1996 Duval-Leroy (France/Champagne)
-Morey-Saint-Denis 2002 Alain Michelot (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Santenouts 1986 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Volnay 1987 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Santenouts 1989 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Beaune 1er Cru Periere 1983 Leroy (France/Bourgogne)
-Pommard 1988 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Hospices de Beaune Beaune Cuvee Brunet 1988 Mommessin (France/Bourgogne)
-Chambertin 1997 Frederic Esmonin (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1972 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1943 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)



_DSC1350.jpg

-Fleur de Champagne Brut 1996 Duval-Leroy (France/Champagne)


高品質なシャンパーニュ、赤ブドウが多く、厚みある味わいが魅力的で、繊細さも兼ね備えている。
そして、シャープで力強い酸が印象的である。


_DSC1342.jpg

-Morey-Saint-Denis 2002 Alain Michelot (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Santenouts 1986 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)



アラン・ミシュロは、濃密で厚みのあるワイン、
2002年は収穫の難しかった年、彼らは成功を手に入れたのだろう。

長期の熟成を待ちたい1本である。


_DSC1352.jpg

-Volnay 1987 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Volnay 1er Cru Santenouts 1989 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)



先ほどのを含め、熟成した、ロゲ・カイユロのワイン、
どれも古典的なブルゴーニュで、これくらい熟成すると風味豊かな味わいが楽しめる。

個人的には、もう少し果実味があると最高であると思うが、
価格もお手頃なようなので文句はいえないだろうか。。。


_DSC1351.jpg

-Pommard 1988 Roger Caillot et Fils (France/Bourgogne)
-Hospices de Beaune Beaune Cuvee Brunet 1988 Mommessin (France/Bourgogne)



同じ88年、村名格のワインではあるが、
オスピスの方が新樽! コストが掛かっているので、収穫されるブドウの力が違う!!

果実味の鮮やかさが違います!


_DSC1353.jpg

-Chambertin 1997 Frederic Esmonin (France/Bourgogne)


独特なハーブの香り、シラーのような油っぽさも感じた。
しかし、時間と共に綺麗な酸味が出て、ブルゴーニュらしさが表にでてきた。

濃密で、97年のワインとしては十分に楽しめる状態である。


_DSC1354.jpg

-Pommard 1er Cru Rugiens 1972 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)
-Pommard 1er Cru Rugiens 1943 Pothier Rieusset (France/Bourgogne)



72年は、残念ながらご臨終していた。ボトルの状態が悪しすぎた!!!

43年は、もうマッシュルームの香りが凄いこと!!
ここまで鮮烈にマッシュルーム香があるワインは初めてである。

少し熟成が行ってしまったようであるが、片鱗を大いに感じさせてくれた!!


1/11 休み



  1. 2009/03/02(月) 17:45:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございます

_DSC1699.jpg


たくさんの方々に励ましや激励の熱いメッセージやお言葉を頂きました。
本当にありがとうございます。
言葉では表せないほどの、大きな感謝の気持ちでいっぱいです。

つきも変わりましたので、気持ちを新しくしてやってきたいと思います。
これからも、当ブログのご愛読よろしくお願い致します。


Fabrizio


  1. 2009/03/01(日) 23:31:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: