一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

向き合っていくこと

_DSC1266.jpg


どんなに頑張っても辿り着くことなく、むしろ離れたり、思いとは逆の方向に進んでしまう。
自分の意志とは反対に、何もかもがうまいように行かない。

考えれば、考えるほど焦り、不安になり、絶望におそわれる。
そんな、どうしようもないことが続いていた。

目を背けたり、考えないようにしたり、忘れようとする。
しかし、影のように追いかけてくる。けっして離れることはない。

何もできない、己の無力さ、力のなさだけが頭を駆け巡る。


たとえ自分自身で、今は消化できなくとも、
それを受け入れ、ちゃんと向き合っていくこと、これから上手に付き合っていくしかない。
その覚悟をもって、もう一度歩み出そう。 そう考えられるようになってきた。

これは、どうしようもないことなのだ。
諦めではないが、自分を思い込まない気持ちが必要な時である。


開き直る


言葉は簡単ではあるが、気持ちを切り換えることは本当に難しい。


スポンサーサイト
  1. 2009/02/25(水) 00:03:52|
  2. 言の葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

体が休め!と言っているようで。。。

_DSC0821.jpg


もう暫く、お休みを頂きます。
復活まで、もーーー少しだけお待ちください。

ご心配には及びませんが、
僕の周りで、良くないことが重なり、気持ちも体も整理しております。

もう少しだけ。。。


  1. 2009/02/15(日) 00:24:38|
  2. Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワイン日記

1/08 友人O宅にて
090108_2321~0001

-Cava Brut NV Celler Carles Andreu (Spain/Catalunya)
-Hermitage Blanc 1991 E.Gigal (France/Rhone)



カルレス・アンドルー というスペインのカヴァ、どこぞで高評価されているものらしく、
確かに、とても美味しいカバ、しかも2000円しないそうで、価値もあります。

味わいと繊細さとバランスが良く、飲み飽きない!
なかなか良いカヴァだと思います。


ローヌの名門、 ギガル のエルミタージュ・ブラン、熟成した91年のもの!

黄金色の鮮やかな色合い、熟したフルーツとワックスのような香りが仄かに広がる。
ボディがしっかりとあり、ワインに厚みがある。

バターの利いた白身魚料理が、しっくりくるだろう。


1/09 休み



  1. 2009/02/09(月) 17:10:31|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「間」の大切さ!

_DSC1658.jpg

茶茶の間 @ 表参道


ファヴールが負けたこともあり、競馬場を足早に去り、表参道へ!
その晩、ブルーノート東京で行われる、とあるライブの整理券確保のためである。

3時過ぎにも関わらず、20番を超える番号・・・。
やはり早い人いるなあ。。。 と思いつつ、暇な時間があるので、
青山・表参道をうろうろ徘徊することに、大好きな、好奇心の沸く、路地めぐりをしました!!



流行り?!の表参道ヒルズやブランドショップには全く興味がないので、
なにか?ないかな。。。 と歩いていると、ショップの数、たくさんありますねー!

華やかなブランドショップは、店員さんの雰囲気や服装も違います。
「美」を追求するからだこそなのだが、ただ横目で見ているだけでも、スゲーなあーと思わせられます。
 


で、だいぶ歩いて、お茶でもするかな。。。と思っていると、
電信柱の広告に、日本茶のソムリエ、秘密茶サービスします!みなたいな文字が目に飛び込んできて、
ああ、たまには日本茶もいいな!とお店を見つけてみました!!

外から中を覗き込むと、ニッコリ、ソムリエ風の格好をした方が、さわやかにニッコリと。。。
感じ良さそうなので、あまり迷わず入店することに。


_DSC1656.jpg


分厚い、お茶のリストが!(汗)
何が良いのかわからない・・・。そこでお勧めしてもらうことに!

お客様は、少し汗をかいて、だいぶ歩かれたようなので、「蒼天の冷茶」はいかがでしょうか?
初めての店は、基本的にお勧めを頂くことにしているので、これも迷わず頂くことに。



僕にとっては、ただ眺めているだけで嬉しくなる、素晴らしいお茶なのです。
まずは、お茶の葉を一かけら、お食べください!って。。。
食うのかあ? 苦いのじゃないかと、ちょっと恐る恐る口に入れるが、
これが爽やかで突き抜ける、香りと風味ある味わい・・・。 茶葉の美味しさにびっくり!!

期待が膨らむ♪

ワゴンでお湯を注がれ、そこに氷を入れ、蓋をされ、5分お待ちください!と
しばし待つ、


お茶はこの間が大切ですから。。。


そう、美味しいものを頂くためには、
美味しくなるために待つ「間」だったり、気持ちを落ち着かせる「間」だったりもする。

最近、自分の中で一番気にしている、いろいろなことでの「間」の取り方・・・、
なぜか、その一言にササる。


一杯目は、色は淡く、全然でてないようだが、香り高く、鮮やかに突き抜ける!
そして二杯目には、お茶らしい色合いと美味しい苦みを伴い、味わいが広がりを見せる!!
三杯目は、分厚いお茶のエキスが染み出している!!!

このお茶を体験した者にしかわからない世界が、確かにある!

水を足して、頂いて、色あせぬ香りと味わい、たった5グラムのお茶が、物凄い世界を作り出している!
あああ、癒される! 歩き火照った体のせいではない、


そこには、癒しの空間があった。


先の話で、これも使うグラスとこで、また違う世界が広がりそうな気もする。。。
また、近々訪問するつもりである。

店主と少しお話をさせて貰って、大好きなワインの世界に似たものがある気がする。
もう少し、ゆっくりと時間の取れるときにお話を伺ってみたいし、いろいろ質問したいことがある!



最後に頂いた、出がらし?!そうとは思えない、お湯を注いだ、ぬる湯のお茶も美味しかった。
色々な飲み方、それを楽しくする道具に、お茶に合わせる「間」、またハマりそうなものができてしまいそうだ・・・。 (苦笑)



気さくに色々と話しかけ、お茶の素晴らしさを伝えようとする熱意、
スタッフの優しさも醸し出している、お茶だと思います。
初めて目に入った、にっこりスマイルから想像して通りの、お店の雰囲気とそれを醸し出す人々がいます!!

まだ一回しか行ってませんが、ここはイイですよ♪



  1. 2009/02/09(月) 12:32:40|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/05
_DSC1286.jpg

-375ml Roero Arneis 2005 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)


こちらも、グラスが悪いため、本来の良さが出ていない!
香りも味わいも広がらず、堅さを感じてしまう。

あの清涼感ある、繊細なフルーツが消えてしまっている・・・。


1/06-07 休み



  1. 2009/02/08(日) 18:34:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイネルブリアー @ 500万条件・府中

_DSC1641.jpg

マイネルブリアー

鉾田でも、良く馬を見ていた、僚馬マイネルブリアーです。
同じレースに出ていましたので、1枚だけ。。。

やっぱり、ジョッキーが跨ると画になる!

しかし、少々トリミングして馬を大きくしてのせているが、望遠レンズが欲しい。。。
70-200Gか70-400G、うーん馬券当たらないと買えない・・・。
さすがに高性能レンズだが端が70ミリしかないと、競馬場ではなかなかうまく撮れない!


  1. 2009/02/08(日) 15:15:29|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイネルファヴール @ 500万条件・府中

_DSC1606.jpg

東京競馬場

ひさしぶりの競馬場♪
土曜日の府中は、やっぱり人が多くなく、ゆったりと広々として競馬場になっています。
暖かい日差しもあり、この時期としては過ごしやすい。

キレイな場内は、相変わらずで、競馬?え~?って思う人は、ぜひ遊びに行って欲しい。
競馬以外にも1日楽しめる遊び場なのです。


_DSC1615.jpg


さて本日は、久しぶりに競馬場に登場する、愛馬マイネルファヴールの応援が目的である。
昨年の3月22日以来であるから、本当に久しぶりのレース。

1000万からの降級ということもあり、久々のレースが走らない馬にしては支持を集め3番人気、
実力が評価されているが、どうだろうか?!

まともな状態なら、力関係から、まず負けることはない。


_DSC1619.jpg

_DSC1620.jpg

_DSC1633.jpg


この時期とはいえ、少々冴えない毛艶、体も迫力不足、
正直、出来的には、まあレース使える最小限度の休み明けの馬らしいつくりである。

しかし、パドックで周回を重ねるごとに、気合いが入って、首をリズム感よく動かしながら、
ぐいぐい、ハミを引っ張って歩いている。

意外に走るのか?!


_DSC1644.jpg


地下馬道から、場内へ、テンションが上がってきた!
内田Jが、なだめているが、飛んでいきそうな雰囲気・・・。 ヤバイなあ。。。

さらになだめながら、返馬を行う。


_DSC1653.jpg


なだめなだめ、後方2番手からの競馬、
折り合いに専念するため、予想外に後ろな位置取り。。。
あそこじゃあ、切れる脚がないからな・・・、と思って見ていると
直線も、じわじわと伸びてくるが、前を捕えることなく、最低限の掲示板5着を確保。

レース後の談話から、引っかかりぱなし、一度使ってからという、
まあ、予想通りのコメントが出ていました。

500万、1000万は勝てる馬だと思っているので、とにかく順調にレースを使ってほしい。
次のレースは取りこぼしができない、プレッシャーのかかるレースになるだろう。

正直、500万クラスではファヴールの力が上だと思います!! (贔屓目でなくとも!)


内田騎手
「先生の指示もあって折り合いに専念。でもかなり引っかかっていた。
何とかじわっと進めてたけど、直線もじわじわっという感じ。
久々だったからこれを使って良くなると思う」



  1. 2009/02/08(日) 13:54:28|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

充実したぁ~!!

_DSC1606.jpg


今日はここに行って。。。


_DSC1658.jpg


そんで、表参道で、こんなことして。。。


_DSC1659.jpg


そして、ここで聴いてきました♪


詳細はのちほど!!
今日は遅くなったので寝ます。

ほいじゃまた!



  1. 2009/02/07(土) 23:59:45|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相馬の松葉蟹 (その2)

_DSC1559.jpg

松葉蟹の焼き物

_DSC1560.jpg

生のお次は、焼きでーーす!!
足や爪の部分、軽く炙っていただきます。

一人6本ほどあり、しっかりと食べられる量があります。
焼くことによって、芳ばしい香りと甘みを増した身が楽しめるのです!!

夢中で、殻から身をほじくり、無言でひたすら、かぶりつきます。

  


_DSC1563.jpg

松葉蟹の天ぷら

今度は、天ぷら、さくっと揚げられた衣の食感、中身はしっとり甘みのある松葉蟹。。。
もう、正気を失う状態に突入!!

蟹に夢中!!!


_DSC1566.jpg

松葉蟹の汁物

_DSC1569.jpg

蟹汁です。
もう、どんだけ出てくるんだー!と思ってしまうほど。。。

蟹は汁もウマい!! 僕は蟹の味噌汁がが大好き♪
こういうのが出てくると、落ち着きます。


_DSC1573.jpg
松葉蟹の甲羅蒸

そして、美味しいご飯と出てきたのが、この甲羅蒸しです。
旨みがのりながら、さっぱりした身を、温かいご飯にかけ、ちょっと蟹みそを混ぜながら頂く、、、
さらに、蟹汁をご飯の間に、注ぎ込む。。。

ああ、めっちゃ幸せ!!


   松葉蟹、万歳!!!   

_DSC1575.jpg

甘味

〆の甘味を頂き、2時間にも及ぶランチを終えました。
今日は、松葉蟹を何杯食ったのだろうか。。。 


  1. 2009/02/06(金) 14:15:09|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相馬の松葉蟹 (その1)

_DSC1549.jpg

突き出し 松葉蟹のカルパッチョ

数年前から、行こう!行こう!!と言われていた、相馬の蟹ツアーに行ってきました!
念願の松葉蟹尽くしのフルコースです♪

しかも至れり尽くせりで ¥6000 と超格安の松葉蟹!!
日本海側にあるお店だと最低でも倍、高いところなら3倍は取られてしまうだろう・・・。

食ったばかりだが、もう一回シーズン中に行きたいと思ってしまうほど!!
田舎の港町・相馬、恐るべし深さ!!


_DSC1553.jpg

松葉蟹の茶碗蒸し

キレイなダシが利いた、茶碗蒸し、中には蟹の身と小さいお餅が入っていて、面白い食感!!
丼ぶりとまでは言わないが、2つくらい食べてくなる、優しい風味の美味しさ♪

だんだん、言葉数が少なくなってくる・・・。  


_DSC1554.jpg

松葉蟹のグラタン

アツアツのグラタン、繊細な松葉蟹におクリーミーなホワイトソース、
これもイケる!!


_DSC1557.jpg

松葉蟹のお造り

出ました!! 生!お造りの松葉蟹でーす!!

最初のカルパッチョ風のも酸味のきいたタレで美味しかったのですが、
やっぱり、わさび醤油で食べたい!!

蟹の甘みが上品で繊細で、艶々していること!!
もー、無言で食べてしまいます。。。


地元で獲れた、まこがれい、ぼたん海老も超ウメー!!
旨みが乗っています。


  1. 2009/02/06(金) 13:44:05|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蟹、カニ、かにツアー♪

_DSC1549.jpg


福島の相馬へ、念願の蟹  ツアー に行ってきました!!
格安で、新鮮な蟹をたらふく食べてきました!!

詳細、乞うご期待!!



  1. 2009/02/05(木) 21:29:05|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/04
_DSC0839.jpg

-375ml Pernand-Vergelesses 2001 Domaine Laleure-Piot (France/Bourgogne)


1年前に送り、軒下にしまい込んでいたボトル、
やはり夏を越したことで、酸が変化を起こし、エグイ味が出ていました。

合掌。



  1. 2009/02/05(木) 16:15:50|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

1/03
_DSC0836.jpg

-375ml Moscato D'Asti Volo di Farfalle 2006 Scagliola (Italy/Piemonte)


ハーフのボトル、やはりこういうワインは出来た年から1年以内に飲みきるべきだろう・・・。
気泡が弱くなり、酸が足りず、甘さが勝り、味わいがダルい!!

良い状態を知っているだけに、これはちょっと良くありませんでした。
コルクだけの問題ではないのです。



話は変わって、ラーションが現役復帰するとかしないとか。。。
とにかくゴールへ向かっていく姿が好きで、どのクラブでも結果を残す、プロフェッショナルな精神、
うちは、背番号「7」を空けて待っているんだけどなあ・・・、
豊富な経験やスピリットを持った、うちに一番足りない部分を持った、素晴しい人材だけれども。。。

来てくれないかな・・・。
っていうか、移籍金いらないんだから、とりあえずオファーしたらどうなんだろうか。



  1. 2009/02/04(水) 16:44:58|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は節分

_DSC1542.jpg


うっかり豆を買い忘れてしまいました。 しまった!!
いつもなら友人宅を回り、ばっちり厄払いをやってあげるのですが、今日はテニススクール。。。

なので!
帰宅してから、僕はしっかりと、東北東むきながら・・・


_DSC1543.jpg


恵方巻を頂きます!!

目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら・・・、
って! コイツでか過ぎすぎねーか! 一気に食うには長げーし、太いし。。。

苦戦っ・・・、
これって、願い事も・・・。 (苦笑)


  1. 2009/02/03(火) 23:49:05|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)その4

_DSC1537.jpg

Dolce


昨晩は友人宅から18キロを超える距離を完走!
ちょっと頑張り過ぎて、今日は少々体がお疲れ気味。。。

なんで、こんなところで今日はおしまい。。。 (笑)


  1. 2009/02/03(火) 13:31:30|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)その3

_DSC1529.jpg

Second Piatti やがらのロースト

珍しい魚が入った!ということで、これを食べて!!と勧められたのがこの やがら です。
実際に見たことがない、聞いたことがない魚で、後で調べてみると、
はも、ほうぼう、うみへびが合わさったような、奇妙な形の魚。。。

しかし、白身の肉厚な味は、鱧のようで鯛でもあり、とても上品で繊細、しかも味が濃い!!


付け合わせのマテガイ、

小さい頃、親父と干いた海へ塩を持って行き、あいている穴を見つけては、
そこに塩を少し振りかけ、ぴゅっ!と出てきたところをよく捕まえました!
そんな昔の記憶を思い出しました。


_DSC1532.jpg

Second Piatti 和牛ロース肉のビステッカ

最後はお肉です・・・。
やっぱり、フルコースは食い過ぎだ!!


  1. 2009/02/02(月) 13:50:40|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)その2

_DSC11520.jpg

Primo Piatti オマール海老のタヤリン

さあ、大好物のパスタです♪

通称・海老ラーメン、前回はバターで海老の殻からダシをとり、
非常に濃厚なヴァージョンに仕上がっていましたが、やはり味が重たい!!

進化させ、えびちゃんは、上品なオマール海老にグレードアップ、
そして、オリーヴオイルでダシを取っているそうです。


_DSC11527.jpg

Primo Piatti もちもちピーチのボロネーゼ

ピーチって、桃じゃないでしょ!! (笑)
ちょっとうどんのような、シエナの伝統的なパスタです。

モチモチの食感とトマトたっぷりのボロネーゼ、さわやか系です!!
僕もよく作るのですが、ここまでトマトベースのものは初めて、ちょっと真似てみよう。。。 


  1. 2009/02/01(日) 14:25:35|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: