一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

体が付いていかない・・・

081031_2251~0001


今日はお友達とフットサルに出かけてました!
運動をしっかりと初め、テニススクールに通い、そしていよいよフットサル、デビューです。

が!瞬発力が戻っておらず、出してもらうボールに追いつかない・・・。
気持ちと体がかなり違う!!(涙)

悔しいが、若者に混ざって、いやー俺って年取ってる!と実感するのであった。。。
でも、この気持ちを忘れずに、もう少し速い動きができるようにトレーニングを積んで、またやりたいと思います。

今日のは楽しむというより、めちゃくちゃハードなトレーニングでした・・・。
一時間って、キツイよ~~!!


スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 23:58:28|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 休養馬展示 その5

Rosette-Nebula03.jpg

ロゼットネビュラ @ ノーザンファーム空港

Rosette-Nebula02.jpg


ちょっと更新ができず、まとめて書いておいた「ワイン日記」のみが、ブログの機能である、予約更新にて、
アップされ続けていた最近。。。

ようやく、ブログ復活です!!
また、じゃんじゃんアップしますよ~~♪


Rosette-Nebula01.jpg


キャロットツアー2008の写真もこれが最後になります。
なんだか、ちょっと寂しくなります。。。

馬に触れ合いたくなってきた!


  1. 2008/10/30(木) 23:59:35|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン日記

10/09
DSC100207.jpg

-Scharzhofberger Riesling Auslese Gold Capsule 1999 Hospitien (Germany/Mosel)


ホスピティエンのゴールド・カプセルです♪
極上の甘みが凝縮し、繊細で軽快な酸味が甘みとのバランスをつくっている!

ああぁ、旨い!
何も言葉がいらない、そんな甘口ワインです。

また甘いにもかかわらず、強靱な酸があるので、食事をしながら飲んでも気にならないし、
意外にもハーモニーを生んでいた。。。

ワインって面白い!!


10/10-11 休み


  1. 2008/10/29(水) 16:45:06|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/08
DSC100186.jpg

-Puntay Gewurztraminer 1999 Erste & Neue (Itaria/Alto Adige)


手持ちで熟成させていた、エステ&ノイエのゲベルツトラミネールです。
しかも、ゲベルツのコンテストで世界一に選ばれた、99年ヴィンテージ!

常温での抜栓で、始め温度が高いかな?!と思いましたが、
いざ13~4℃に冷やしてみると、香りも味もす~と閉じてしまう・・・。(汗)


やや甘口のワインとは例外的に高め温度帯、18℃くらいが一番美味しい!
美味しい温度帯がシビア!オイシい幅が僅かなのである。


蜜やライチの華やかな香り、スパイスのように華やいでいる!
味わいは思ったよりの甘みが残り、エレガントで透き通る果実味と酸がある!


まだ持つだろうが、おそらく、今が一番の旬ではないだろうか!
そのくらいワインが充実し、しなやかさを持っている。



エステ&ノイエの白ワインは、透明度が違う!
クリーンで品のあるワインは、この地区でも屈指のものであろう。


  1. 2008/10/28(火) 16:50:26|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

10/07
DSC00211.jpg

-Anjou JBG Chenin Blanc 2007 Jean-Bernard Germain (France/Loire)
-Anjou JBG Cabernet Franc 2007 Jean-Bernard Germain (France/Loire)


造りは、まずまず、いや良くできている方ではあるが、
白ワインの堅さ、赤ワインの苦み、我々に日本人には、少しなじめない要素がある。

外国人には向くだろうが、日本人にとってはマイナスな部分が気になってしまう。



  1. 2008/10/27(月) 16:49:20|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記

10/06
DSC00212.jpg

-Rose D'Anjou 2007 Chateau de La Roulerie (France/Loire)


良くできた、ロゼ・ダンジューです!
適度な甘さとボディを持って、とても飲みやすいバランスがあります。

気軽に楽しむことが出来る、やや甘口のロゼワインです♪



  1. 2008/10/26(日) 16:28:14|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 休養馬展示 その4

Trionfare01.jpg

トゥリオンファーレ @ ノーザンファーム空港

Trionfare02.jpg


昨年の人気馬、ダービーを狙うと噂される、トゥリオンファーレです。
ハンサムで、体付きにも存在感があります。

じっくりと調整して、これからの成長が期待されます。
来月のデビューが楽しみです!!


  1. 2008/10/25(土) 23:20:46|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/04 土浦全国花火競技大会
DSC09952.jpg

-Merlot Sant'Adele 2000 Villa Pillo (Italy/Toscana)
-Bonnes-Mares 1992 Domaine Drouhin-Larose (France/Bourgogne)

-375ml Haardter Herzog Rieslaner Auslese 2004 Muller Catoir (Germany/Pfalz)

ヴィッラ・ピロ のメルロ、 サンタデレ という単一畑のワインです。
分かりやすい、トスカーナらしい1本です!

樽が利き、果実味が厚く、優しい酸がある。
何も言わずにグラスが進むワインで、メルロらしさもしっかりと出てきている。

以前に比べて、2000年のワインは、少し熟成を重ね、
酸のハリが出てきて、ワインがエレガントに引き締まってきているような印象を受ける。




先日飲んだボトルが、やや酸味が立っていたので、もう1本開けてみよう!
ということで、92年のボンヌ・マールを抜栓♪

こちらは、丸く艶のある旨さがいっぱいあり、とっても美味しい!!
出来が良くないとされる92年でも造り手の努力で、素晴しいワインに仕上がっている。

やはり熟成してくると、ボトル差が微妙だが出てくる。



ミュラー・カトワ のアウスレーゼは、香り味わいともにケチが付かず、
本当に旨い!いつ飲んでも感激する!!

ドイツトップクラスの作る、極甘口のワインは、甘口ワインの理想型が伺える。
甘すぎず、酸が出すぎず、ただただ品のある甘さに酔いしれる。


10/05 休み


  1. 2008/10/24(金) 16:46:02|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れが、こんなに早いとは・・・

DSC100335.jpg

松食堂 @ 喜多方

DSC100339.jpg

お昼から 紅葉 を見ようと福島へドライブ。。。
その前に腹ごしらえということで、喜多方にちょっと寄り道です!

いつものチャーシューメンを頂き、さあ!紅葉行こう!!
と思いきや・・・、思ったよりも早くに日が落ち、夕暮れになっている!

あたりは暗くなり、山が紅葉が、まったく見ることができない。
久しぶりにやってしまいました! (涙)

もう一度出直そう!と思いながら虚しく帰宅するのであった。。。
無念!!


  1. 2008/10/23(木) 23:30:56|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 休養馬展示 その3

Fifth-Petal01.jpg

フィフスペトル @ ノーザンファーム空港

Fifth-Petal03.jpg


やっぱり重賞を勝っただけの馬、美しさと風格があります。
行き届いた手入れをされ、馬も気持ち良さそうです!


Fifth-Petal04.jpg

Fifth-Petal02.jpg


この馬の最大良さは、体のネバリ、関節の柔軟性が素晴らしいと思います。
しかも速い動きができるので、どこまで上り詰めるか!

まだまだ成長もするでしょうし、期待は大きいと思います。
暮れのタイトル奪取へ、京王杯での走りが試金石になることでしょう。


  1. 2008/10/22(水) 13:36:02|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 休養馬展示 その2

Search-Enemy05.jpg

サーチエネミー @ ノーザンファーム空港

Search-Enemy08.jpg

Search-Enemy03.jpg

愛馬サーチエネミーの写真、その2です♪
無事之名馬で、まだまだバリバリ頑張ってもらわないと困ります。 


  1. 2008/10/22(水) 13:27:43|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/02
DSC100255.jpg

-Gigondas 2004 Alain Corcia (France/Rhone)

このクラスでも、やっぱり10年ほどは熟成させたい!

現時点では、若くて、厚い甘い果実味にワインがおおわれ、美味しくは飲めるが、
酸とタンニンは少し暴れ気味で、若々しさを醸し出している。

食べ物があると、気にはならなくなります。


10/03 休み


  1. 2008/10/21(火) 16:56:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 休養馬展示 その1

Search-Enemy04.jpg

サーチエネミー @ ノーザンファーム空港

Search-Enemy01.jpg

デビューし未勝利のまま、一度は地方へ行ってましたが、連勝して再度中央へ戻ってきてくれました!
そして、己の素質を発揮して、500万、1000万と勝ち上がりました。

現状では準OPの壁は厚く、いよいよ障害レースにデビューします。
無事に試験を突破して、ジャンパーとして活躍してほしいと願っています。


Search-Enemy09.jpg

牧場では、ジャンパーとしての素質を見込んでくれているようなので、
名ジャンパーへと育って欲しいです!!


  1. 2008/10/21(火) 13:58:55|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/29
DSC09885.jpg

-Chassagne-Montrachet 1er Cru Abbaye de Morgeot Blanc 1998 Fleurot-Larose (France/Bourgogne)

-Chambolle-Musigny 1er Cru Les Fuees 1994 Jacques-Frederic Mugnier (France/Bourgogne)
-Gevrey-Chambertin 1er Cru Le Fonteney 1991 Serafin Pere & Fils(France/Bourgogne)
-Vosne-Romanee 1er Cru Les Suchots 1969 Remoissenet Pere & Fils (France/Bourgogne)



フルーロ・ラローズ のシャサーニュ・モンラッシェは、
ブルゴーニュらしいシャルドネの風味がいっぱいあるワインで、とっても大好き♪

ネバリがあると表現するような、独特の旨みが凝縮して、
芳ばしい樽の香りやナッツ、そしてパイナップルやカリンのようなフルーツ感が厚い。



かなり久しぶり、手持ちで残っていた、ジャック・フレデリック・ムニュレ のワインを抜選!
シャンボル・ミュジニを代表する造り手だけあって、らしさがある。

酸にハリがあり、タンニンもようやく丸みが出てきた状態、もう暫く熟成をさせた方が良かったが、
ピノ・ノワールらしい、果実に旨みが凝縮していました。


DSC09889.jpg

こちらも久しぶりの セラファン のフォントニーです♪

91年は、最近少し閉じている傾向がある、このワインも酸が全面に出てきて、やや酸っぱいが、
時間と共に、旨みを感じるようになってきた!

長熟タイプのワインで、僕はセラファンの真髄を感じるような古酒を飲んだことがないが、
この91年でも、あと10年近く待ちたいと思わせられる。



ルモワスネ の69年を友人が開けてくれた!感謝!!

この時代のワインは、本当に味が濃い!艶やかで品のある旨みが凝縮して、
口の中がいっぱいになるような、素敵な味わいがあります♪


言葉がでない、感動的な瞬間である。


9/30-10/01 休み

  1. 2008/10/20(月) 16:41:18|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当に続けられるの~?!

DSC09794.jpg

続いては、止めてしまう運動・・・。
30超えると、さすがに代謝が落ち、なかなか目方が減らない。。。(涙)
年末に向けて、もう一度気合を入れてシェフアップしよう!!と思う今日この頃なのです。

今回からは球技も取り入れ、一人で黙々とトレーニングするのは止めようと思っています。
そして、友達もたくさん増やしていこう!!

美味しいものを食べるためにも、
もう一度、気持ちを入れてやっていきたい!!


  1. 2008/10/19(日) 20:42:49|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/27 ボルドーワインを楽しむ会(リストテンテ・ルーチェ/茨城・守谷)
DSC09854.jpg

-Chateau Charron Acacia Vieilles Vignes 2004 Blanc (France/Bordeaux)
-Le Sillage de Malartic Blanc 1994 Chateau Malartic-Lagraviere (France/Bordeaux)

-Chateau Roquetaillade La Grange Rouge 2000 (France/Bordeaux)
-Chateau Sainte-Colombe Rouge 2000 (France/Bordeaux)
-Chateau Gazin 1975 (France/Bordeaux)
-Chateau Pichon Longueville Comtesse De Lalande 1975 (France/Bordeaux)


内容は、お料理もアップした、こちら や こちら をご覧下さい。


9/28 休み


  1. 2008/10/19(日) 17:37:37|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は、勝ち点1を拾った!

DSC100291.jpg

アルビレックス新潟戦 @ フクアリ


今日は都内で所用があり、後半15分からフクアリに参加!
最後の30分しか見ていないのであれなんですが、残念ながら、決定的な場面は新潟の方が多く、
本日は、勝ち点1を拾ったように思えました。

前節までの勢いがなく、新潟の引いたディフェンスをこじ開けるような、創造性溢れる攻撃に乏しく、
ボールを持たされ、取られてはピンチになる、Jリークではよく見かえる試合内容でした。

ただ、お互いゴール前での迫力ある、攻撃とディフェンス、なかなか見ごたえのある試合でした。
そういう意味でも引き分けは、落とし所として良いところなのか・・・。

まあ、こんな日もある!余裕は全くないが、今日は一休みといったところ。。。
切り替えて、大宮戦に臨んでもらいたい!!

次の試合は言い訳ができない、闘争心を持って戦った欲しいぞ!
あと5戦、悔いの残らぬ戦いを、そして応援をする!!


  1. 2008/10/18(土) 22:18:18|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Aステージ その3

Sicemore01.jpg

#20 シーセモアの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ

Sicemore03.jpg


今年はクロフネ産駒に応募しました!
シーセモアの2007です。

実は1つ前の募集馬・リアリーハッピーが気になり、たびたびDVDでチェックしていると、
たまたま次に映った、このシーセモアの方が良いじゃん!と思っちゃったのです。(笑)


父クロフネは、その恵まれた体格を生かし、大きなストライドで走り、
ダートレースで衝撃的な走りを見せ、今ままで見たことのないようなレースぶりを見せつけた名馬です。

特徴的なのは、肉厚な系統にしては、無骨すぎずに、繊細さがあることです。
そして、骨格と体格に恵まれた馬体と素晴らしい後駆から凄まじいパワーが生まれました。


産駒の印象としては、 アドマイヤサンデーの2007 の部分を見てください。


Sicemore02.jpg


さて、応募したシーセモアの2007ですが、上記の悪い点が無く、
牝馬ばがら体格に恵まれ、それでいて無骨なところなく、シャープで品があります。
そして全身を使った、リズム感のある、柔らかみのある動きができます。

背中を中心とした全体のバランスの良い動き、膝やヒセツの動きも滑らかです。
肩から背中のラインが良く、首を使ったリズム感のある動きは、運動神経の良さを感じさせられます。

余程、お母さんが偉大なのか、母父SSの軽いバネが遺伝し、クロフネの足りないところを補っています。
兄がスマイルジャックということも頷けます。

正直、配合の妙を感じます。
動き見て、血統見て、ブラックタイプを見るのですが、なるほど~と唸ってしまいました。

厩舎はダートが得意な、伊藤圭厩舎ですが、
自分は芝でもやれると見ています。



大化けしそうな雰囲気があります。
今後の成長が楽しみですが、体だけはあまり大きくなりすぎないで欲しいと願っています。

たとえ、早い動きができなくとも、大きなストライドで一歩一歩、力強く推進すると思います。
それだけの骨格と自身の持つパワーがあります。


馬ぷりや兄弟のことを考えると、これもお買い得な1頭じゃないかと思っています。
まあ、安くても走らないとダメだけどね。。。


  1. 2008/10/18(土) 11:42:02|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Aステージ その2

Spectacle-Life01.jpg

#71 スペクタクルライフの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ

Spectacle-Life02.jpg

懇親夕食パーティーでのスタッフ推奨馬


あの岡田さんが連れてきた種馬、この体で、この系統で安い!
とスタッフがお勧めでした。


Spectacle-Life05.jpg


外見、父ロージズインメイにそっくり、皮膚の感じなんか、この系統特有のものを感じます。
ヘイロー系の柔軟でネバリある筋力を感じ、そこそこ軽さもあります。

雄大な馬体としなやかな筋肉、芯力がある筋力なので、
大きなストライドで走ると思います。

母系から速い動きができる体質を受け継いでいれば、大物に育ちます。
大きな可能性を感じる募集馬でした。

速い動きができなくても、一歩一歩力強く走り、でかいストライドで終い伸びてくると思います。



Spectacle-Life07.jpg


こちらのタイプが走るか、手先が軽くバネがあるカメリアローズが走るのか、
ネバリ強さか運動神経か、興味は尽きないです。


Spectacle-Life03.jpg


馬って、これが最高!究極ってものがない、色々な個性が走っているのです。
優れてものが体形だったり、体質だったり、運動神経だったり、筋力だったり、根性だったり。。。

それが成長で良くなったり、悪くなったり。。。
そう思い込んで馬を見た自分の思い込みや見立てが間違ってたり。。。

やればやるほど、馬って難しい・・・。


Spectacle-Life04.jpg


しかし、馬見の道は続くのである。
これからも、ずーと先も、その先も、馬の魅力にとりつかれてしまったから。。。



  1. 2008/10/17(金) 21:52:36|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン日記。

9/26
DSC100237.jpg

-Velmentino Selezione 2003 Cima (Italy/Toscana)
-Alsace Grand Cru Clos St Landelin Gewurztraminer Sec 2003 Rene Mure (France/Alsace)

-Il Bassomondo 1995 Vascosassetti (Italy/Toscana)
-PT Serriger Schloss Saarsteiner Riesling Auslese 1997 Schloss Saarstein (Germany/Mosel)


チーマ のヴェルメンティーノ、今回はバリック使用の セレジオーネ です。

蔵で飲んだときは、濃度たっぷりで甘いデザートのようで、
実際にも食事の後にテイスティングしたことを覚えています。

しかし、やはり熟成ですね!
ワインが引き締まり、甘いくらいの果実味が鮮やかに残りながら、
重々しさ、たるたるしさがないのです。

ワインが上品にまとまっています。
想像とは違い、ちょっとビックリするくらい美味しかったです♪




アルザスのゲヴェルツトラミネール、 ルネ・ミュレ のワインです。
こちらは、セックということで思ったよりもハードな味わい!

独特の甘いフルーツ、ライチやハチミツの華やかな香り、
しかし、味わいはさっぱりしたドライなアフター、かなりコントラストの利いたワインである!




ヴァスコサセッティ の イル・バッソモンド は、
ブルネロがメインのワインで、繊細でエレガントに熟成していました♪

スミレの花、仄かなチョコレートにチェリーの甘いフルーツ、
美しい酸とタンニンは、口の中で華麗に広がり、素敵な余韻を残します。

頂いたエゾシカをローストして、自家製のブルーベリーでソースを作ったのですが、
これが、絶妙にマリアージュで、我ながら感動しました!



  1. 2008/10/17(金) 16:36:13|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Aステージ その1

After-Beat02.jpg

#65 アフタービートの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ

After-Beat01.jpg

懇親夕食パーティーでのスタッフ推奨馬


父ジャングルポケットは、柔らかい豊富な筋肉とそれ生かす骨格を持っていました。
また、その父トニービンの繊細なバネをも兼備し、大レースで活躍した馬です。

しかし、その産駒たちは、その豊富な筋肉とそれ生かす骨格をもっていないと活躍できません。
筋力の質が、凄く強いというわけではないようです。


After-Beat04.jpg


本馬は、全身の柔らかさを持ち、父譲りの筋肉と骨格をも持っています。
やや低重心ですが、粘りのある、地面にへばりつくよう全身運動で走ると思います。


全身の柔らかさは父以上にも見えます!


ブラックタイプに活躍馬がいないので、目立ちませんが、かなり良い馬です!
成長をしっかりと見ていきたい、出資をかなり考えた馬です。


After-Beat03.jpg


走らせてみると、この馬の良さが分かるはずです。
動きが違うはずです!



と思っていたら、1.5次の募集で、あっという間に満口になってしまったことは、残念!!
やはり、そうは甘くはない・・・。

乗り出してからの動きをチェックしたいと思っています。


  1. 2008/10/17(金) 13:55:55|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ワイン日記。

9/24
DSC09890.jpg

-Bonnes-Mares 1992 Domaine Drouhin-Larose (France/Bourgogne)

甘い熟したチェリーの香り、バニラ、土や紅茶の甘い香り、
仄かに石を感じさせる、大地のスパイスを感じる。

ブルゴーニュのグランクリュらしい、豊かな香りが広がっていく♪

甘みを感じるような、熟成による「旨み」が厚くなってきているが、
やはり92年のワイン、酸が次第に強く、全面に出てくる!

タンニンが不足しアルコールの強さも足りない、
いわゆるボディが少し足りないのである。


しかし、現状では、とても美味しい状況であることには違いない。
悪い年こそ、造り手の真価が問われる。

頑張ってワインを造っていることがひしひしと伝わってくる。



9/25 休み

  1. 2008/10/16(木) 16:34:01|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑ってるぅ?!

DSC100183.jpg

キャスバル

頭をなでなですると眼をつぶって、なにやら嬉しそうに、笑っているように見える。
気持ち良いのかな。。。

やっぱり、笑ってるよね?!


  1. 2008/10/15(水) 20:20:13|
  2. にゃんこ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/22
DSC100235.jpg

-Romalbo 2000 Cima (Italy/Toscana)

紫が縁に残り、全体的には黒色が強い、もの凄い濃い色合い!
なんちゅう、濃さしてるんだろうか!

香りは、チョコレートにカシスやプラムの濃縮したような甘いフルーツの香り、
芳ばしいコーヒーにバニラや動物的な香りも仄かにある。

とても素敵な香りである♪


味わいは、冷涼で素敵な酸があり、色合いから想像するような濃さが無く、
ワインはエレガントで、締まりがあります。



たっぷりの果実味に覆われ、重厚なタンニンが支えられ、じっくりと熟成の時を重ねています!


9/23 休み


  1. 2008/10/15(水) 17:32:04|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Aステージ展示

After-Beat01.jpg

#65 アフタービートの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ


いよいよ、最後の展示会場になりました。
短い時間に、あっという間に募集馬たちを見続けていたんだと思ってしまいます。


Spectacle-Life04.jpg

#71 スペクタクルライフの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ


ノーザンファーム空港 Bステージ→(バスで移動)→ノーザンファーム空港 Aステージ


ここでの見学馬は8頭(展示時間は、およそ30分ほど)

<牝馬 7頭>
20.シーセモアの2007
23.シュガーキャンディの2007
33.インディパレードの2007
40.ホワットケイティーディドの2007
60.プアプーの2007


<牡馬 11頭>
28.ボンヌシャンスの2007
65.アフタービートの2007
71.スペクタクルライフの2007


Sicemore01.jpg

#20 シーセモアの2007 @ ノーザンファーム空港 Aステージ


目についた馬は、

アフタービートの2007、 スペクタクルライフの2007
シーセモアの2007、 ホワットケイティーディドの2007


  1. 2008/10/15(水) 08:40:58|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Bステージ その7

Rose-Baletta01.jpg

#31 ローズバレッタの2007 @ ノーザンファーム空港 Bステージ


きれいな芦毛で、小さくて可愛いので、ぱしゃぁ!と撮っていたようです。。。

フォーティナイナー系のスウェプトオーヴァーボード産駒は、
そこそこ走ってはいますが、今のところ期待ほどの成績を残していません。

この系統らしい、柔軟性と芯力を持っているので、もっともっと走って良さそうなんですが・・・。



  1. 2008/10/14(火) 17:47:05|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファーム空港 Bステージ その6

Biwaplancer01.jpg

#29 ビワプランサーの2007 @ ノーザンファーム空港 Bステージ

Biwaplancer04.jpg

懇親夕食パーティーでのスタッフ推奨馬


この展示会場で一番人だかりができていた募集馬、
デュランダルの初年度産駒で、またセレクトセールで購入されたことからも注目が集まります。


Biwaplancer02.jpg


父の弱点だった、背中の硬さも少し受け継いでしまっていますが、
あまり説明が要らない、骨格もしっかりして、バランスの良い馬体を持っています。

誰が見ても良い!と思ってしまう程の体の造りです。
血統やブラックタイプを無視して、品評会をしたら、おそらくこの馬が一番になるのでしゃないでしょうか。


Biwaplancer03.jpg


母父がブライアンズタイムということもあり、粘りがあり力強く歩きます。

また重心が低く、兄のダンディズムに良く似ていることからも、
父のデュランダルよりも、母方の個性がよく出て仔ではないかと思います。


Biwaplancer05.jpg


個人的には、ちょっとスマートすぎるというか、まとまりすぎというか、
大物感というか、威圧感だったり、荒々しさだったり、
何か秘めた雰囲気を感じることができなかったので応募しませんでした。


ただ、馬のレベルは非常に高く思えます。
確実性はかなり高く見えます。どこまで走ってくれるのか、興味津々です!


好みの問題なのです。



  1. 2008/10/14(火) 13:45:21|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二刀流♪

DSC00222.jpg

お友達が行きたい!ということで 赤のれん へ
しかも、お肉に鍋に同時に食いたい!と、まあ、せっかちな輩どもです。

そこで、贅沢にも今日は、二刀流でーす♪
今日もたっぷり食べました。

ここのところ食い過ぎてる・・・。
少しくらい運動しても、それ以上に食っているような。。。(汗)


  1. 2008/10/14(火) 13:15:18|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あるこ その2

DSC00188.jpg

姉のアルの方もアップしないと怒られます・・・。(苦笑)
ブルーの綺麗なお目めが、キラキラしています。 きらきら光線出てます! 


DSC00192.jpg

  1. 2008/10/14(火) 08:40:54|
  2. にゃんこ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/21
DSC100233.jpg

-Pouilly Loche 1996 Cordier Pere et Fils (France/Bourgogne)

熟したシャルドネの香りがある!


ナッツ、パイナップルやアプリコットのドライフルーツ、ミネラルを感じる塩漬のような香り、
バターを思わせる甘い香りが、仄かに漂う。



味わいは、酸とミネラルが鮮烈で、酸っぱさを感じるほど。。。
はっきり言って、すっかい!

しかし、口に含んだ時の濃度は、さすが!と思わせられます。
個人的には、果実味が多かった、もう少し若い時期に飲みたかったです。


  1. 2008/10/13(月) 16:50:20|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: