一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日は、眠いにゃあ。。。

DSC07856.jpg

パル社長

ここのところ充実した日々を送っている、、、とっても良いことだ!
だが、さすがに今日は、眠いにゃあ。。。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 13:53:41|
  2. にゃんこ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うぅううう。。。

DSC07895.jpg

FC東京戦 @ 味の素スタジアム

今日は幼稚園以来の友人たちと久しぶりに遊んで来ました。
そして午後からは、みんなでジェフの応援のため 味スタ に参戦!

内容は数的有利を生かせず、停滞したチームは、ミスから失点してしまった。
が! そこで下を向かなくなったチームは、選手交代によって、少しずつ活性化していく、
そして、決定機をことごとく外していたレイナウドがようやく?!決めて同点に追いつき、ゲームが終了した。

勝ちたかった!ゲームではあったが、首位を争うチームから勝ち点を  もぎ取った!

アンカーを2人置き(時に3枚)、最終ラインが2枚+サイド1と、一人足りない相手に後ろが余りすぎ、
まったく数的有利が生かせなかった。後半、少しずつリスクを冒して良太&坂本が上がりチャンスを作ったが、
もっと早くから、そうしてほしかったし、巻や谷澤の投入も早くしてほしかった。

今日は、相手を意識しすぎて、作戦を立てすぎたように思える、
そのため、 自分たちのサッカーが、全然できなかった
問題点は多いが、しっかりと修正できるか、ナビスコを挟んでから始まる正念場の3戦に備えて欲しい。

  1. 2008/06/29(日) 23:59:30|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サン・ファビアーノ・カルチナイアのワイン会♪

DSC07746.jpg

グイド=セリオさん

サン・ファビアーノ・カルチナイアのオーナーである、セリオさんが来日しました。
プロモーション活動で、いよいよ茨城へ、
今日はイタリアンレストラン・藤右ェ門さんでワイン・ディナー、熟成したワインを堪能しました♪

テーブルごとに丁寧なワインの説明をして頂きました。
そして、お約束の乾杯を何回したことやら。。。 ワインを注いで回るのが間に合いません! 

DSC07791.jpg

今日もたくさんの美味しいワインを頂きました♪ 
少し忙しくなるので、ワイン会の詳細は、もう少しお待ちください。

  1. 2008/06/28(土) 00:28:22|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

6/02
DSC07158.jpg

-Ronco degli Agostiniani 1998 Walter Filiputti (Italy/Friuli-Venezia-Giulia)

ヴァルテル・フィリップティの熟成した白ワイン♪

黄金に色づき、輝く濃い色の、美しい色合い、
10年経ているとは思えない、瑞々しくきらびやかな果実味がエレガントな味わいを醸し出しています。

美しい酸味が、繊細で心地よく広がります♪
そして、熟した旨みがたくさん詰まって、厚みある味わいが楽しめます。

蔵が無くなってしまったとは、ちょっともったいないワインである。

  1. 2008/06/27(金) 17:00:20|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・栗東入厩♪

Polar Sequence0806

ポーラシークエンス

うまネタをもうひとつ♪

どの馬もデビュー前は大いに期待しているが、このポーラシークエンスも期待大です!!
デジタルの代表産駒と妄想し、牧場でもなかなかの評判。。。
そして、キャロットの馬にしては、早く入厩できた!体質も強そうだ!!

無事、デビューする日を楽しみに待ちたい!
小倉かあ?!

  1. 2008/06/27(金) 14:20:36|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も、この時期になりました。

DSC07715.jpg

ラフィアン 会員募集カタログ 第23期生

今年は明日から始まるツアーには参加できず、
カタログとDVDを、じっくりと観察してから応募する馬を決めようと思っています。

アンセムが引退し、ジャーダも年内いっぱい、補強のポイントは 芝の長距離馬
その適正がありそうで、未勝利→500万と勝ち上がり、1000万でも走りそうなイメージがわく募集馬は。。。
目についたのは牡馬の2頭、です!

それに記念すべき愛馬1号となった マイネルセレクト の仔、
やっぱり栗毛で、セレクトに似ているフリークロバリーの07には思い入れが入りそうだ!

もう少しじっくり検討してみよう!
ツアーでの反応、応募状況も気になるところだ。。。

  1. 2008/06/27(金) 14:10:47|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン日記。

6/01
DSC07128.jpg

-Scasso dei Cesari 1998 Tenuta Di Valgiano (Italy/Toscana)

素晴しい味わいの1本♪

かなり久しぶりにスカソ・デイ・チェザリを抜栓!!

以前は98年ということで、少し堅い酸がワインを細く見せていたが、それが無く!
丸いフルーツが、たっぷりと押し寄せてくれる!!

惚れ惚れするような味わいになっている。
去年、結構美味しくなってきた!と思っていたが、さらに良くなってきている。


このワインもポッジョ・アイ・キアリと同じように、
他ワインにはない、ワインの若さがある。まだまだ熟成していくことだろう。

サンジョベーゼの凄さをまた感じてしまった。
95年
を開けてみたくなってきた。。。

  1. 2008/06/26(木) 23:23:45|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの天ぷら♪

てんぷら くにさき (茨城・土浦)

大将は大分県出身、その故郷・国東から店の名前を付けているそうで、故郷に思い入れがあります。
両親が住んでいるのが近いので、国東半島の話で盛り上がりながら、揚げたての天ぷらを頂きました!

さくさくの天ぷらを塩、お好みで カレー粉 を付けて頂きます。
なかなか、このカレー粉が良い! 味のアクセントになって、旨さが  します。

〆の天丼が、またとっても美味しい♪
仄かに甘みのあるタレがかき揚げとご飯を繋いでいます。


DSC07712.jpg

かき揚げ丼

DSC07704.jpg

あゆ

DSC07706.jpg

めごち

DSC07709.jpg

かに

  1. 2008/06/26(木) 21:44:57|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/31
DSC07118.jpg

-Scharzhof Riesling QbA 2000 Egon Muller (Germany/Mosel)

今日も定番のワイン♪

1月の間に、何回このワインを飲んでいるのだろうか?!
まあ、そのくらい美味しいワインでもある。

美味しいワインは飽きない!

  1. 2008/06/25(水) 18:01:19|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの登場!!

DSC07670.jpg

久しぶりに、しゅじゅをパッシャリ♪ 
何かねだってるなぁ~~。

うまいもん、くれー!
アタイにもくれ!! 

  1. 2008/06/25(水) 14:08:03|
  2. すず♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/30
DSC07666.jpg

-Ribolla Gialla 2007 Rocca Bernarda (Italy/Friuli-Venezia-Giulia)
-Sauvignon 2007 Rocca Bernarda (Italy/Friuli-Venezia-Giulia)


新しく来たワインをチェック、
ラベルが新しくなった、ロッカ・ベルナルダのワインです♪

リヴォッラ・ジャッラ と ソーヴィニヨン の2種類を比較しました。

前者は、華やかな香りと酸が印象的です。
小夏や日向夏の甘皮の香り、綺麗な柑橘系フルーツの香りがあります。
味わいは、弾ける酸味が心地よく、さっぱりとした余韻が残る♪
前菜からパスタまで、これからの時期に良さそうです。

後者のソーヴィニヨンは、ちょっと内向的で、ワインのベクトルが内に向かっている状態。。。。
香りも味わいも閉じ気味で、もう少し見守る必要があるだろう。

  1. 2008/06/24(火) 18:33:35|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり旬のものには勝てない!

DSC07105.jpg

スパゲッティ・ボンゴレ

普通、ボンゴレは5月の間くらいしか作らない。。。
身が殻からはち切れんばかりに大きくなり、厚みを増した浅利は、スゲー旨い!

その他の時期は、やっぱり味の濃さがない。 身が小さい。。。
産地やお金を出して探せばあるのだろが、やはり  の旨くて、安い時が最高なのだ。

でも、無性に食いたくなるから、そうは思いながら作るのである。
が、やっぱり、あの時期の味にはほど遠く、いつも通り、 旬って大切だな~ と思うのでした。。。

  1. 2008/06/24(火) 14:06:55|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/29 友人宅にて
DSC07090.jpg

-Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaums 1995 Robert Arnoux (France/Bourgogne)

ココアムースの甘い香りに、チェリーなどのフルーツがある。
次第に土ぽい、ピノノワールらしいものが出てくるが、非常に樽の香りが強い、

素晴らしい出来となった95年を象徴するような、
酸・タンニンともに若々しく、ワインがまだまだ熟成段階に入っていない!

まだ10~15年は、セラーで寝かしておくべきだし、
それだけのポテンシャルを持っている!!


  1. 2008/06/23(月) 16:39:09|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な香りを閉じ込めて♪

DSC07631.jpg

紅南高梅 @ 和歌山県産

初めて摘みたての紅南高梅に触れました!  のような、とっても綺麗な香り♪
完熟したものは、もっと香っていました! うっとりする香りがステキ。。。


DSC07643.jpg

紅南高梅+英勲・純米大吟醸=めっちゃ!美味し~い梅酒

知り合いから頂いた、日本酒で漬けた梅酒が、スゲー旨かった!

なので、今年は自分でも挑戦してみました!
甘さの具合がピン!と来なかったので、氷砂糖の量を変え、甘さを色々変えて仕込んでいます。
ワインや焼酎にも挑戦し、その数、 20本 

冷蔵庫で2ヶ月くらいで熟成させて出来上がりだそうです。
出来上がりが、今から楽しみです。 ワクワク♪♪

使ったものは、一番のお勧めが、京都・伏見の酒、 英勲・純米大吟醸 だということなので、
1升¥3990もする純米大吟醸を惜しげもなく、じゃばじゃばと注ぎ込みました。 

  1. 2008/06/23(月) 13:52:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き鳥屋さんのラーメン♪

DSC07621.jpg

美味しい焼き鳥屋さん

場所と店名を教えてあげられないのが、ちょっと寂しいが、まあ仕方がない。
なにせ、おやじ殿がネットNGということなのだ!

綺麗に仕事をして、串に纏められたお肉は、繊細でジューシー♪
とっても美味しい焼き鳥なのである。


DSC07625.jpg

塩ラーメン

長い研究を重ね、登場した裏メニュー!!

さっぱり、旨みを出した、極上の 鳥のスープ に、
乾燥メンマを10日かけてもどして仕込む、 肉厚のメンマ 、つくねに鳥のチャーシューが入り、

ラーメンと鳥の一体感が生まれる!!

もう少し改良の余地が残ると思うが、かなりのラーメンである!
ラーメン屋さん顔負けの、うま~いラーメンです。


DSC07624.jpg

4つの部位に分けられた砂肝

通常食べる砂肝、それを下処理して出てきた、筋肉や筋、壁らしい。。。
色々に分けられるのね! 触感が楽しい♪♪

それを初めて知るのであった。。。

  1. 2008/06/22(日) 22:08:34|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/28 リストランテ・ルーチェ(茨城・守谷)にて
-Champagne Brut Reserve NV Chaudron & Fils (France/Champagne)
-Condrieu Vertige 2003 Yves Cuilleron (France/Rhone)

-Poggio Ai Chiari 1995 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana)
-375ml Serriger Schloss Saarsteiner Riesling Auslese Gold Capusle 1997 Schloss Saarstein (Germany/Mosel)

DSC07051.jpg

-Condrieu Vertige 2003 Yves Cuilleron (France/Rhone)

初めて飲んだ、キュイユロンのヴェルティージュ、
目が飛び出るような値段ではあるが、生産量は僅かに1500本。。。

華々しいフルーツや花の香り、花粉感じるハチミツ、ふかしたさつま芋の香り、
鮮やかなハーブの香りは幻想的で、甘い蜜と合わさり、スゲー良い香り♪

重量感の飲み口だが、エレガントで繊細な酸が、口の中で弾けていく。。。
あああ、幸せ♪ めちゃくちゃ凄いコンドリューである。

ねっとりしているが、アフターが素晴しいのである!

-Poggio Ai Chiari 1995 Colle Santa Mustiola (Italy/Toscana)

ポッジョ・アイ・キアリの95年を久しぶりに頂く♪

このワインは、自分がイタリアワインで初めて衝撃を受けたワインで、
自分である程度ストックし、このワインの成長を見届けている。

今日のボトルは、やっぱり旨い♪ かなり旨い♪♪♪
チェリーのフルーツが厚く、古い熟成した香りが全く出ていない。

タンニンと酸は、だいぶ緊張感がほぐれてきたが、まだまだ健在である。
何より、2001年ワインのような紫を帯びた色合いが凄い!
まった熟成の域に達していない。。。

恐るべしワインである!!!
ちょっと、他のワインとはスケールが違う。


DSC07079.jpg

-375ml Serriger Schloss Saarsteiner Riesling Auslese
            Gold Capusle 1997Schloss Saarstein (Germany/Mosel)


シュロス・シュタインのゴールド・カプセルは、
この上ない品のある甘さと美しい酸が、素晴しい味わいを奏でています♪

ドイツの豊かな甘口ワインは他にはない、洗練美あるものである。
病み付きになります♪

97年の堅さがないのはさすがである!

  1. 2008/06/22(日) 18:47:25|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/27
DSC07032.jpg

-Ruppersberger Reiterpfad Riesling Spatlese Trocken 1994 Dr.Burklin-Wolf (Germany/Pfalz)

少し前に飲んだ畑違いのものが印象的だったので、
同じヴィンテージの ルッパーツベルガー・ライターファート を抜栓しました。

こちらは、よりミネラルと酸がきりっとしており、細身に感じる。
締まりを強く感じる味わいで、飲み頃はもう少し先かなぁ。。。と思いました。

ドイツの辛口白ワインは、面白い♪
そして、日常の「和食」を中心とした食生活に合わせやすい。


  1. 2008/06/21(土) 16:27:19|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/26 友人宅
DSC07030.jpg

-Rudesheimer Klosterlay Riesling Auslese 1976 Kloster Eberbach (Germany/Rheingau)

ドイツの古酒を久しぶりに頂きました♪

この76年は、ドイツワインを代表するヴィンテージとなっています。

最近では、少し酸が落ちてきているような気もしていますが、このボトルは非常に良かった。

濃い黄金色で、ねっとりした濃度がたっぷり、
品の良い甘さと、アカシヤのハチミツのような香りがある。

しなやかな味わいは、長期熟成を重ねてワインだけが持つ、素晴らしさです!
完熟状態に仕上がっています。

  1. 2008/06/20(金) 23:59:42|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆったり♪

DSC07189.jpg

たらば蟹と長ねぎのペペロンチーノ

お休みということもあり、久しぶりにゆったりと起床。。。
掃除&洗濯を行い、パスタで昼食♪

さあ、午後からは予定がびっしりあるので、今日もがんばって行こう!!

  1. 2008/06/19(木) 12:36:59|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/24 ワイン会
DSC06964.jpg

-Hermitage Blanc 1991 E.Guigal (France/Rhone)

非常に美しく熟成した、エルミタージュの白ワイン、
蝋やワックスの香りに、レモネードやハチミツ、そして花粉のような香りがある。

味わいは、しっとりとした旨みがたっぷりで、とっても美味しい♪
仄かな苦みがローヌらしいが、気にならず、心地がよい!

-Ceviolo Bianco 2001 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)

対照的に、チェルヴィオーロの白は、ほぼ完熟状態で、
バニラに熟したパイナップルがストレートの香る。

ねっとり濃い味わいは、もう少しシャープな酸が欲しいところだ。
トスカーナの白ワインは、このくらいの熟成で飲んでしまうべきだろう。


DSC06966.jpg

-Chianti Classico Don Tommaso 1999 Le Corti (Italy/Toscana)

コルティのドン・トマーゾは、
充実した果実味は、滑らかでしなやか、素晴しい舌触りがある!

これは、凄く旨い!! 初めてトレビッキエリを獲得した99年ではあるが、
これからの熟成で、素晴しいワインに仕上がる!

今飲んでも十分に美味しいが、
これから3~5年、絶対に貯蔵しておくべきワインである。

-A Sirio 2001 Sangervasio (Italy/Toscana)

2年若い、ア・シリオは、比べてしまうとタンニンがしっかりと残り、
まだまだ攻撃的である。こちらは、暫く熟成を待った方が間違いなく良い。

2003年の素晴しい味わい、97年もかなり良くなってきた!
このワインは、熟成させてこそだと思います。


DSC06969.jpg

-Puntay Merlot 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

酸の印象から、産地を逆に思ってしまった2本!

プンタイのメルロは、アルト・アディジェ州ということもあり北のワイン、
が、ヴィンテージ影響か?! 明るく柔らかい果実味に覆われ、南のイメージがある。

チョコレートムースにカシスやチェリーのフルーツ、
柔らかい果実味は、口の中いっぱいに甘く広がる。

ソフトなタンニンが心地も良い♪

-I Renai 1999 Sangervasio (Italy/Toscana)

イ・レナイは、強靱な酸とタンニンを誇り、前者に比べるとスケールがある。
内向的な99年といこともあるが、プンタイの後だけに堅さを感じてしまう。

ア・シリオと同じように、こちらも熟成向きです。
ルカのワインは、古くなると変わっていきます。


DSC06971.jpg

-Chateau La Croix du Casse 1992 (France/Bourgogne)

ここでボルドーのメルロ・ベースのワイン、
イタリアと比べると、やはり冷涼。。。

メルロらしいレザーやインク香に腐葉土やフルーツの香りがある。
タンニンもシャープで、エレガント、味わいの凝縮感もある。

若いメルロの香りの印象、イタリアはフルーツ、フランスはインク香、
共に熟していくとレザー香が出てくる。面白いことに、若い時期の印象が全く違う。


DSC06974.jpg

-Brunello di Montalcino 1995 La Fortuna (Italy/Toscana)

最近、フォルトゥーナのワインを飲むことが少ないが、
この95年のブルネロ・ディ・モンタルチーノは、かなり旨い状態である!

香り、味わい、余韻、全ての要素が高い次元でまとまっている。
そして、タンニンが熟して、甘みをもってきている。


DSC06977.jpg

-375ml Vin Sandel Chianti Classico 1997 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)

セリオさんのヴィンサントを久しぶりに頂く。。。
だが、ブショネぎみ。。。飲めなくはないレベルであったのが不幸中の幸いであった。

5/25 休み

  1. 2008/06/18(水) 17:13:35|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトロな雰囲気♪

DSC07412.jpg

昭和 を感じる内装、近くの焼き鳥屋さん、
ちょっと雰囲気が良かったので、写真を1枚ぱちっと!撮らせてもらいました。

広角の明るいレンズが欲しい。。。。

広角は思い切ってコンデジにしようか・・・、悩むのである。
そして、また物欲が始まってしまった。 (笑)

  1. 2008/06/18(水) 13:38:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・マッキオレのワイン会 (おまけ)

レ・マッキオレワイン会 @ リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)
DSC_0615.jpg

和やかなチンツィアさん

DSC_0613.jpg

Messorio 2004 Le Macchiole

サプライズには、先日ワインスペクテイター紙にて、満点の100P獲得した、メッソリオの2004年が出ました♪

香りからして、別物、超一流独特の何とも言えない香り、
フレッシュフルーツのエスプレッソというか。。。
とにかく品の良いフルーツにエスプレッソやチョコレートが溶け込んでいる!

味わいは、美しくきらびやかなタンニンと酸味がエレガントで、
それをフルーツが包み込んでいます。

いやーーー、凄過ぎて、ただただ旨い・・・。

幸せな気分に酔い痴れます♪
これもイタリアの、ボルゲリの、マッキオレの個性あるメルロで、
ポムロールや他の国のそれとは、また違う個性がある。決してペトリュースやルパンを真似たものではない!

個性がある!! 嗚呼、熟成したワインを飲んでみたい。


DSC_0646.jpg

飲んだワインの空き瓶に、1人ずつ、ボトルに1本毎にメッセージを添えプレゼントして頂きました。
ありがとうございました!

とっても楽しく、勉強にもなった、マッキオレをたくさん知った1日になりました♪
2004年のパレオ・ロッソ飲むぞぇ=!!

  1. 2008/06/17(火) 21:04:51|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・マッキオレのワイン会 (その2)

レ・マッキオレワイン会 @ リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)

DSC07571.jpg

Second Piatti 1 
     ニュージーランド産:仔羊とアーティチョークのインパダナス


ここでは、パレオ・ロッソ、96年と2001年の比較、

大きな違いは、 カベルネ・ソーヴィニヨン を中心としたブレンドのスタイルと
 カベルネ・フラン 100%になったこと。 そして、熟成の過程。。。

初めてボルドー的なワインが造れたという、 96年 は、ゆっくりとした熟成過程を進み、
厚みのあるボディと柔らかい果実味に覆われ、タンニンがしっかりと健在、まだまだ若々しい!

ヴィンテージ20年くらいが飲みごろと言ったところだろうか。
ただし現状でも、ワインは少しずつこなれているので、十分に美味しく頂ける♪


2001年 の方は、まだまだ鮮烈な香りとタンニンがあるが、マッキオレらしい柔軟性があり、
若くても十分に美味しい! そして鮮やかさがあるので、こちらの方が印象的である。

これも今後の熟成が大いに楽しみな1本に間違いない!


パレオ・ロッソと思うと羊。。。
今日も素材を生かした、シンプルな羊料理が良く合っていた♪


DSC07586.jpg

Second Piatti 2 ブルターニュ産・鳩のロースト、ドルチェフォルテ

さあ本日のメイン、 スクリオ の 98年 です!!

98年は言わずと知れた、マッキオレのグレート・ヴィンテージです。
シラーの個性、スパイスやミントの香りは、まだまだ出ておらず、はっきり言って若すぎる!!

凄いことだ!

これもしばらく熟成していくようなワインだと思います。
しかし、分厚いフルーツは、甘く、優しく口の中で広がり、エレガントできめの細かいタンニンがが心地良い♪

余韻も永く、いつまでも楽しめる。
ワイン自体のスケールが違うのである。

フランスのコート・ロティやエルミタージュ、オーストラリアのグランジなんかとも違う、
ボルゲリのマッキオレだけの個性的なシラーワインだと思います。

DSC07597.jpg

Dolce アプリコットのムース、ヴィンサントのジェラート添え

〆は、やっぱり甘いもの♪
さわやかなアプリコットのムースと、独特の風味がアクセントだった、ヴィンサントのジェラートが美味しい。

ぎょ! 2時から7時・・・。  約5時間も続く長いランチも、
あっという間の、楽しいひとときでした♪♪



皆様、ありがとうございました!

  1. 2008/06/17(火) 13:42:49|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/22 リヴァンジュ(茨城・守谷)にて
DSC06796.jpg

-375ml Champagne Selection Brut NV Pannier (France/Champagne)
-Corton Charlemagne 1998 Domaine Georges Roumier (France/Bourgogne)
-Pouilly-Fume Baron de L 1988 Baron de L de Ladoucette (France/Loire)

-Moret-Saint-Denis 1er Cru Cuvee des Alouettes 1994 Domaine Ponsot (France/Bourgogne)
-375ml Anthos Bianco Passito 2004 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

DSC06806.jpg

-375ml Champagne Selection Brut NV Pannier (France/Champagne)

美味しいシャンパーニュのパニエ、
このセレクション・ブリュットはベースのものですが、

キメの細かい気泡と美しいフルーツの香り、
そして、口当りの良い、エレガントな味わいがあります♪

質の高いシャンパーニュです。

DSC06803.jpg

-Corton Charlemagne 1998 Domaine Georges Roumier (France/Bourgogne)

1度飲んでみたかった、 ジョルジュ・ルーミエ の コルトン・シャルルマーニュ 、
少し内向的なワインで、香りや味わいが閉じ気味。。。

だが、デキャンティングをして、暫くするとワインが少しずつ現れる!

レモン、ライムにハーブやミネラル、芳ばしい樽香、
時間と共に、柑橘系のフルーツが鮮やかなに放たれる!!

味わいは、濃度があり、コルトン・シャルルマーニュとしては、思った以上に丸みを感じさせる。
バターの利いたフレンチにはピッタリ♪

これぞ シャルドネの真髄 と言える1本でした!!!


DSC06845.jpg

-Pouilly-Fume Baron de L 1988 Baron de L de Ladoucette (France/Loire)

お店からバロン・ド・エルの古酒をどうぞ!
スズキのお料理にピッタリです!と言われ、これも抜栓することに。。。

このワインはロワールを代表する、ソーヴィニヨン・ブランのワインで、
良年しか造られない、極上のプイィ・ロッシェです!

20年も経っていると思えない、鮮やかな味わいでビックリ!!

熟したオレンジ、ハーブ、蜜のような甘い香り、
時間と共に色々な香りが、複雑に立ち上ってくる!!

味わいは、シャープな酸と旨みが絶妙で、厚みある味わいを醸し出してる。
そして、鮮やかな果実味が、口の中で鮮烈に弾ける。

素晴しい1本です。これは凄いワインでしたよ!!


DSC06832.jpg

-Moret-Saint-Denis 1er Cru Cuvee des Alouettes 1994
                  Domaine Ponsot (France/Bourgogne)


赤ワインは ポンソ の 94年 です♪
これ良いじゃないかな?!と思って選んだのですが、これがまた良かった!

モレ・サン・ドニらしい、甘い果実がいっぱい!!
プラム、チェリー、無花果などの熟したフレッシュフルーツに下草の香り、

味わいは、甘いフルーツが口の中で広がり、
タンニンも少しこなれてきて、ワインが充実してきている!

色が薄いけれども、味がメチャクチャに濃い!
ピノ・ノワールの美味しさが、たくさん詰まったワインです。


これも素晴しい味わいを奏でていました♪


DSC06862.jpg

-375ml Anthos Bianco Passito 2004 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

エステ&ノイエのパッシートワイン「アントス」は、例年になく、酸が足りず、甘ったるい!!

アルコールもちょっと強く感じましたし、これはちょっとがっくし。。。
いつもは遥かに良いことを知っているだけに不満が残りました。

5/23 休み

  1. 2008/06/16(月) 16:53:52|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・マッキオレのワイン会 (その1)

DSC_0593.jpg

レ・マッキオレワイン会 @ リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)

笑顔が素敵な、チンツィアさんです。
蔵やヴィニタリーなどでお会いした時の表情とはまた違う、和やかな表情です。

ワイン造り、ワインのネーミング、イタリアワインの現状。。。
などなど、次から次へのたくさんのお話を頂きました。

DSC07549.jpg

Amuse トリッパとペコリーノ・トスカーノのサラダ

アブルッツォのさわやかなスパークリングワインを頂きながら、
柔らかいトリッパと塩っ気の利いたペコリーノチーズの突き出しです。


DSC07554.jpg

Antipasto Misto 前菜3種の盛り合わせ

ここはパレオ・ビアンコの2000年と2005年を比較しながらになりました♪

熟成の進んだ2000年は、非常に豊かな香りがしっとりの薫る。
出来があまり良くなかったともあり、ほぼ完熟状態で、良い意味での枯れた感じがまた趣を感じさせる。

対照的に、2005年は、華々しく芳ばしい樽香とぴちぴちした果実とミネラルがありました。
デジタルなまでに、輪郭がはっきりと現れ、非常にシャープな味わいである!

盛り合わせだと、2つのワインと色々な組み合わせを試すことができ、とっても面白い♪

DSC07560.jpg

Primo Piatto プーリア風オレキエッテ・赤座海老と魚介のソース

ここは、素晴らしい出来となった2001年のワインを、じっくりと堪能する!
そして、出来が良いと熟成して、どう2000年のワインと違うのか?それをしっかりと感じることができる。

それは、酸だ! 厚みのあるボディを支える、強靭な酸があるので、ワインが引き締められ、
実にバランスの良い、エレガントな味わいを奏でている♪ 味わいに品がある!


さてパスタの方は、Sさんが一人で3時間かけて、作ってくれたショートパスタ、
非常に触感が楽しい オレキエッテ です。 
魚介の上品なダシが利き、赤座海老をかぶりつきなくなるような、大胆な盛り付けが、また嬉しい♪

ルーチェさんで頂く、手打ちのショートパスタはどれも美味しい!
特に触感がいい!!!


  1. 2008/06/16(月) 14:08:47|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなか現在まで追いつかない、ワイン日記。

5/19
DSC06775.jpg

-Scharzhof Riesling QbA 2004 Egon Muller (Germany/Mosel)

いつも2000年と言うこともあり、若い2004年を抜栓です。
若々しく、瑞々しいワイン♪

甘いマスカット、ライム、グレープフルーツなど、
ミネラルと丸い酸があり、口当りが良く、若くても楽しめるスタイルです。

綺麗な香りと味わいは、美しい甘みと爽快な酸味があり、
気の利いたジュースのように、ぐびぐび飲むことが出来ます。

品の良い甘みが、とても素敵な味わいを演出しています!

5/20-21 休み

  1. 2008/06/15(日) 18:35:04|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・マッキオレのワイン会♪

DSC07593.jpg

マッキオレワイン会 @ リストランテ・ルーチェ

今日はイタリア、ボルゲリで素晴らしいワインを作っている、
レ・マッキオレのオーナーである、チンツィアさんを囲んでのワイン会でした♪

凄いワインと美味しいお食事を堪能できました♪
そして、チンツィアさんが、1つずつ丁寧に8つのワインをじっくりと解説して頂きました。

とっても内容の濃いワイ会となりました。
内容は、後日に!!

  1. 2008/06/14(土) 20:54:14|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワイン日記。

5/17
DSC06583.jpg

-Saint Chinian Avarus 2002 T.Rodriguez (France/Languedoc)
-Vin de Pays D'Oc Merlot 2004 Domaine des Aspes (France/Languedoc)
-Cotes du Roussillon Le Cros 2005 Domaine Boudau (France/Roussillon)


アヴァリュスのサン・シニアンは、少し熟した2002年のワインで、
この地区らしく、シラーの熟成してきた風味が出てきている。

複雑な味わいと、たっぷりの果実、気持ちよく楽しむことが出来る1本です!

アスプのメルロは、少し細く感じさせられるが、その分「品」を醸し出している。
このワインも、安心して抜栓できる、非常に質の高いものである。

レ・クロは、あまり長所が無く、薄っぺらいワインで、コメントが苦しい。。。(笑)

5/18 休み

  1. 2008/06/14(土) 11:53:15|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

還暦祝い♪

DSC07502.jpg

今日は上司の還暦でした。
お祝いを美味しいワインで飾りました♪

これからもバリバリ、がんばってください。

  1. 2008/06/13(金) 23:54:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/16
DSC06731.jpg

-Barbere D'Asti Superiore Sansi Selezione 2003 Scagliola (Italy/Piemonte)

濃厚でしなやか、丸い果実味が分厚い、サンシーのセレジオーネです♪

安ワインであった、バルベーラの悪いイメージを払拭してくれたワインで、
このワインとコッポのポモロッソ、モンキエロのモンビローネ、ヒルベルグなどが素晴しいものだと思います。
ブライダのアイスーマは、ちょっと・・・。(汗)

さて、このワインは、バニラやチョコレートに、すげー甘いカシス香り、
甘いほどの超分厚い果実に覆われている。果実の凝縮度が圧倒的である!

柔軟で繊細な酸味が、ワインのポテンシャルを最大限に生かしている。

DSC06730.jpg

-Hattenheimer Nusbrunnen Riesling Spatlese 1990
                    Preiherr Langwerth von Simmern (Germany/Mosel)


ラインガウの熟成酒、ジンメルンのスペトレーゼである。

リースリングらしい、揮発系のワックスの香り、
ミネラルに、ゴムが蒸れた香り、そして白い小さな花や熟した林檎や洋梨の香り♪

味わいは、ラインガウらしい鋼のような、力強い酸と厚みあるボディがある。

この地区のワインらしい個性を遺憾なく発揮している。
お手本的なワインである。


  1. 2008/06/13(金) 16:45:14|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: