FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記。

12/08 ワイン会
DSC01362.jpg

-Champagne Brut Reserve NV Chaudron & Fils (France/Champagne)
-Saint-Aubin 1er Cru Les Frionnes 2002 Hubert Lamy (France/Bourgogne)
-Chassagne-Motrachet 1er Morgeot Vieilles Vignes 1999 Vincent Girardin (France/Bourgogne)
-Varramista 1998 Varramista (Italy/Toscana)
-Saint-Joseph Les Serines 1997 Yves Cuilleron (France/Rhone)
-Echezeaux 1988 Jean-Pierre Mugneret (France/Bourgogne)
-Chateau Cheval Blanc 1979 (France/Bordeaux)
-375ml Berncasteler Doctor Riesling Auslese Gold-Capcel 2001 Dr.H.Thanisch (Germany/Mosel)


ショードロン のシャンパーニュは、瓶内2次発酵由来の香りもありますが、
フルーツが多く、飲みやすいスタイル です。
シャンパーニュらしい、キメのある気泡が心地よく、口の中で広がりました。

ちょっと驚いたのが、98年 の ヴァラミスタ!!
久しぶりに飲む機会がやってきましたが、美しいきれいなフルーツは充実しています。
苺やチェリーの甘くエレガントな香り、は印象的で、仄かにスフレやバニラの甘い香りもあります。
鮮やかな果実味、ソフトなタンニンをまとっています。

とてもシラーのワインとは思えませんでした!
サンジョベーゼ中心の 明るいワイン かと思いました。。。

DSC01358.jpg

素晴しかったのは、シュヴァル・ブラン の 79年 、
香りも味わいも余韻も、全てが素晴しい!

ボルドーの古酒の醍醐味がありました!!

ワインが熟成し、仕上がってきた、一番美味しい時期の ど真ん中 でしょう!

感動的な1本でした♪

DSC01368.jpg

ドクトター・ターニッシュ の ゴールド・カプセル 、
これは、鮮烈な酸があり、長期熟成向きのスタイルでした!
今、抜栓するのは、もったいなかったぁー!

もっと甘さを感じるかと思っていましたが、
この凄い酸があるおかげで、もっと しゃっきり とワインがしていました。


12/09-10 休み

スポンサーサイト



  1. 2007/12/15(土) 17:29:27|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: