一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラングドックのワイン会

リストランテ・ルーチェ (茨城・守谷)

高橋シェフの人柄が滲み出ている、暖かく優しい味わいのお料理と
太陽をいっぱい浴びた!と表現できるような、果実味豊かなワインのマリアージュ♪

<Antipasti 1>
DSC00914.jpg
車海老に極細パスタ“カダイブ”を巻きつけてフリットに

車海老にサクサクの衣、そしてさっぱり、シンプルな塩味、
プチトマト、フルーツが脇を固め、アプリコットを思わせる風味のあるワインと寄り添っていく。

<Antipasti 2>
DSC00917.jpg
秋の野菜の温サラダ・フォンティーナチーズのソースで

赤ワインにこれは?メニューを聞いた時にどうなるんだろうか?!
不安や心配よりも 楽しみ♪ 、期待感が膨らんだ一皿です!!

野菜の しゃきしゃき感、そしてチーズの ねっとりっ!したうま味のソース、
なかなか面白いんです!
フレッシュな野菜の風味と、これまた ぴちぴち ワインの果実のたっぷりの味わいが心地よく広がっていく。
フォンティーナチーズと蓮根や里芋との相性が ぐぅー でした。

<Primo Piatto>
DSC00921.jpg
スコットランド産:雉とキャベツのガルガネッリ・秋トリュフの香り

もう少し、雉の風味がびしっと!出ているほうが好きであるが、
あまり好きではない人もいるだろうから、このような優しい味わいのラグーも良いのでしょう。
非常に食べやすいです♪

ワインが熟成し、上りつめ、 完熟期 を迎え、香り味わいとも熟成感いっぱいでしたので、
もっと血をイメージするような、鉄ぽさや獣臭さ があるとさらに引き立ったのかもしれません。

<Second Piatto>
DSC00926.jpg
茨城県:猿島産の幻の豚 梅山豚のアリスタ

うまい豚です!前回も頂いたのですが、脂分の上品で素敵な味わいにやられます。
梅山豚、もっといっぱい育ててください!(笑う)

美しいフルーツが、鮮やかに輝き、エレガントな酸味と緊張感の和らいできているタンニンが、
この上品なお肉とぴったりです♪

<Dolce>
DSC00932.jpg
林檎のシュトルーデル・マロンのジェラート添え

最後においしいデザートと甘口のワインが出てくると幸せな気分になります♪
なぜか懐かしく感じる味わいと適度な甘さでした。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 23:10:05|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記♪

10/23
DSC00887.jpg

-Etna Rosso Rovittello 1997 Benanti (Italy/Sicilia)

個人的にあまり得意としていないシシリアのワイン、熟成してどうだろうか?
始めにドライフルーツ、無花果やチェリーのフルーツ、シナモンやハッカのような「す~」とする香りもある。そして、紅茶や土を思われる熟成香が香る。味わいはシャープで切れるような酸と強靱なタンニンがワインを支え、エキス分いっぱいの味わいのバランスを取って、上品なテイストに仕上がっています。

10/24
DSC00957.jpg

-Champagne Premier Cru Tradition Brut NV Roger Coulon (France/Champagne)
-Champagne Premier Cru Grand Reserve Brut NV Roger Coulon (France/Champagne)


さすがにシャンパーニュと思わせる香りと綺麗な気泡、ベースの「トラディション」は、やや軽めなスタイル。もう少しフルーツの香りがあるとより良いでしょう。「グラン・リゼルヴ」は、芳ばしい香りと濃度があり、ランクが高くなるのはよく分かる。アフターに仄かな苦みが残るのが少々気になる。

10/25-26 休み

  1. 2007/10/30(火) 17:12:29|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/22 友人宅
071022_2128~0001.jpg

-I Renai 1998 Sangervasio (Italy/Toscana)

このワインはファーストヴィンテージで、確か300本くらいしか造られていない「イ・レナイ」である。もう残ってはいないと思ってので、目の前に出てきたときには、正直ビックリした♪リリース直後は、木の樹齢も高くないので完成度に疑問があったが、飲むごとに良くなっている。ワインに力があるといことだろう。

メルローらしい「インク」や「レザー」の香りに、チョコレートムース、プルーンやチェリーに「桃」の香りもある。とっても素敵な香りである。味わいはソフトに仕上がってきており、タンニンが心地よくなる始め、フルーツ感の充実度が素晴しく、これから3~5年が最高に良いだろう。それにしても「98年」にありがちな、酸の堅さやワインの細さが全くない。これは、素晴しい1本!!

  1. 2007/10/29(月) 17:11:04|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーチェのワイン会(予告編)

梅山豚のアリスタ♪
DSC00924.jpg

すげー、旨い豚食べて来ました♪

守谷のリストランテ・ルーチェにて、
美味しいワインとお料理、また楽しくお食事ができました!!


  1. 2007/10/28(日) 23:08:56|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン日記。

10/19
DSC00795.jpg

-Chianti Classico Riserva Cellole 1997 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)

珈琲やチョコレートの香り、カシスやチェリーのフルーツ、次第に土やレザーの香りが出てくる。酸とタンニンは若々しさを保ち、まだ先の熟成を約束している。そして、できに良かった年を連想させる、厚みと濃さをがある。以前にも増して「エレガンス」を感じさせる「冷たさ」を感じるようになってきた。ワインが上品に仕上がってきたのだろう。

10/20 休み

10/21

DSC00868.jpg

-Moscato D'Asti Volo di Farfalle 2002 Scagliola (Italy/Piemonte)

なぜか残っていた「2002年」、やはりこのワインは若いうちに飲んだ方がよい。ガスが弱まり、メリハリに欠け、甘ったるくなってしまう。ボージョレ・ヌーヴォーのように「鮮度」が大切だと思います。

ただ、熟したマスクメロンと頂くと最高でした♪

  1. 2007/10/27(土) 17:29:11|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

横浜行ったら、八の字屋(磯子)に寄りましょう♪

ねぎ皿
DSC00888.jpg

美味しいラーメンに入れてしむのは惜しい。。。
このねぎ皿はゴハンと一緒に頂き、ラーメンはラーメンで食べるのがオレ流。

温かいご飯にのせて食べるのが、美味しいだなぁ~♪

チャーシューメン
DSC00894.jpg

麺とスープが絡み、しっとりジューシーなチャーシューがまた旨い♪

ここのダシの利いたスープ、重くない香味油は、
ラーメンのあるべき姿ではないかと久しぶりに思うのであった。

とうに 家系 の枠を超えている!

今日は、いつも以上に優しさ溢れる味わいでした。

  1. 2007/10/26(金) 23:13:15|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさに職人芸!!

島人(神奈川・葉山)
DSC00902.jpg

散髪のため、久しぶりに横浜・葉山を散策。
もう10年以上髪のケアーをしていただいてる、U氏の美容院へ行くためである。
今日も流行の今風な?!(笑)髪型に切りそろえられました。

そして昨年末以来、日々さとなる 島人
ここでは、オヤジの美味しいお魚とAちゃんの創作料理が楽しめます♪
暖かい雰囲気の素敵なお店です。

今日の写真はオヤジお勧めのお造りの盛り合わせです。
金目鯛、マコガレイ、メジマグロと鮮度と熟度抜群の魚は、旨みがとろ~りとしいています。
1つあげるならば、しめた鯵!!  塩の加減と酢の締め方が抜群♪

小さい頃からは、 が一番好きな魚、この締めた鯵は、もっと食いたかったぞ!!

  1. 2007/10/25(木) 23:50:12|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/14
DSC00341.jpg

-Muscadet Sevre & Maine Sur Lie H 2004 Les Vignerons Des Terroire De La Noelle (France/Loire)

定番の白ワイン。ミュスカデとは思えない、フルーツ感とワインの厚みがあります。そして、軽快なミネラルと酸が食事を引き立ててくれます。1000円台で飲める、白ワインとしては秀逸な1本だと思います。

10/15
DSC00393.jpg

-Chateau Beausejour 2004 Montagne Saint-Emilion (France/Bordeaux)

状態に疑問もありましたが、単純にあまり質が高くないのかも知れません。良くないカベルネ・フランの香りが出ていますので、あまり印象が良くなりません。

10/16-18 休み

  1. 2007/10/24(水) 17:54:08|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここの水餃子は別格!!

美味しい水餃子♪
071013_1945~0001.jpg

奥さんが皮を作り、具を包んでくれた餃子をすぐに茹でるので、
皮はつるんつるんのピリンプリンなんです♪
そして、具の香りと優しい味わいが、体を温めてくれます。

071013_2045~0001.jpg

いやー、今日もたっぷり食べました♪
ハオツー!!

お店、もっと近くにあればいいのに。。。
でも、1時間半かけても行く価値があるんだなあ♪




  1. 2007/10/23(火) 17:09:02|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドイツワイン祭り♪

10/11
DSC00867.jpg

-Eltviller Riesling Kabinett Torocken 2006 Preiherr Langwerth von Simmern (Germany/Rheingau)

ラインガウのリースリングらしい1本です。花やミネラルに、甘いフルーツの香りがあります。出来の良かった「2006年」といこともあるのか、濃度を感じさせる香りの割りに、シャープな酸があり、今後の熟成を感じさせてくれます。

10/12
DSC00858.jpg

-Wurzburger Riesling Kabinett Trocken 2006 Juliusspital (Germany/Franken)
-Wurzburger Abtsleite Silvaner Kabinett Trocken 2006 Juliusspital (Germany/Franken)


久しぶりのフランケンワイン?!何年ぶりに飲むのだろうか。。。(苦笑)今まで持っていたイメージとは、少々違う味わいを放っていました。フランケンのワインは、もう少しドライで引き締まったものだと思っていましたが、濃度あるコクを感じさせる味わいがあります。アフターにややアルコールかな?!苦みが残りました。また少々石が焼けたような香りもあり、かなり熱かった年のイメージがあります。

「リースリング」と「シルヴァーナー」とでは、大きくは「酸」が違い、前者はシャープでエレガント、「軽快な酸」、後者は密度のある、コクのある、「重い酸」と表現しましょうか。

10/13
DSC00864.jpg

-Silvaner Kabinett Trocken 2005 Weingut Kruger-Rumpf (Germany/Nahe)
-Grauburgunder Q.B.A Trocken 2004 Donnhoff (Germany/Nahe)
-Riesling Q.B.A Trocken 2006 Donnhoff (Germany/Nahe)


前日に続いて、シルヴァーナーとリースリングの比較を「ナーエ」のワインで、そして、新しくグラウブルグンダーも加えてみました。

シルヴァーナーは、クラスは前日のフランケンと同じですが、厚みが全く違います。フランケンとナーエの地区の個性もあるんでしょうが、ちょっとメリハリのない味わいに感じました。この味わいこそ、今まで持っていたシルヴァーナーのイメージだ。(あまり良いワインを飲んでいなかった)前日のワインが優れていたのでしょう。

濃さを感じさせるブドウということで「グラウブルグンダー」も抜栓、より綺麗なフルーツと穏やかな酸、また違う個性のブドウである。非常に口当りの良いフルーツ、ミネラル、そして酸が印象的です。

最後に「リースリング」、以前から「ナーエ」のワインは、モーゼルも印象に一番近く、ファルツやラインガウとは大きく違うイメージを持っており、今回のことでフランケンとも大きく違うことが分かった。やはり、軽快で「軽さ」を感じさせる、シャープでキレのある酸、そしてそれにもかかわらず味わい深いといことです。特にドンフォフのワインは、「素晴しい!」としか言いようがありません。


  1. 2007/10/22(月) 17:05:19|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

降りてきた!

クラテッロ・ディ・ジュペロのカルボナーラ
DSC00852.jpg

無性にカルボナーラが食べたくなった!
冷蔵庫には、最後に残った クラテッロ・ディ・ジュペロ があった。
これを使って出来ないか?!

そのまま中に入れては、せっかくのクラッテロの風味と見栄えが悪い。
仕上げに載せて、余熱で とろ~り させるのがベスト!
ならば卵も半熟にして載せてみては?と思い、作ってみました♪

もちろん、味も見栄えも

  1. 2007/10/21(日) 22:44:08|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さんびゃくごじゅうえん!!

激安・激ウマのレバ刺し
DSC00816.jpg

一度食べると病み付きになるのが レバ刺し

中でもこのお店のものは、厚切りで、口の中で甘みが広がる。
そして、驚くべきが、そのお値段!!
なんと 一皿¥350 なんです!!!

初めて行って以来、友人たちもわざわざここまで食べに来ています。
もっと質の良いものはあるかもしれませんが、この安さで、この旨さ、たまりません。

いつも1人で2皿は食べてしまいます。
大将の心意気に、感謝です!!

  1. 2007/10/21(日) 02:10:03|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにー?!また旨いもんくってくるのー??

しゅじゅ(すず)
DSC007831.jpg

旨いもん食いたーい。
あたいも連れて行ってー!! 連れて行ってよー!!


  1. 2007/10/20(土) 18:11:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/09
-Pouilly Fuisse Tete de Cru 1993 J.A.Ferret (France/Bourgogne)
-Tenuta Badia di Morrona 1999 Badia di Morrona (Italy/Toscana)


熟成した「プイィ・フュイッセ」です。名門のフェレは、安定して美味しく頂けます。シャルドネの豊かな香り、トロピカルフルーツとナッツ、そしてバニラやバターノ香りが溶け込んでいます。味わいはシャープでありながら旨みがたっぷりで、ワインが充実しています。これから数年素晴しい状態で楽しめると思います。

久しぶりの「テヌータ・バディア・ディ・モローナ」です♪
恐ろしい凝縮度と強靱な酸とタンニンを兼備した、記念碑的なワインです。フルーツの充実感とエレガンスが違います。どのように熟成していくのだろうか。

10/10
DSC00572.jpg

-Cheverny Rose 2006 Domaine Sauger (France/Loire)
-Cheverny Blanc 2006 Domaine Sauger (France/Loire)
-Cheverny Rouge 2006 Domaine Sauger (France/Loire)


ロワールのワインです。ロゼはガメイとピノ・ノワールのブレンド、もう少し綺麗な香りと酸があるとロゼらしさが出ると思います。フレッシュ感が欲しい。白と赤は、あまり質は良くありませんでした。

DSC00570.jpg

-Colli di Conegliano Rosso 2003 Bellenda (Italy/Veneto)

熱劣化しているワイン。質的も決して高いものではないと思いますが、酸がおかしく、タンニンの柔軟性が失われています。ワインが死んで閉じこもってしまっています。

DSC00468.jpg

-Cote Du Rhone La Berardiere 2004 Comte Louis De Clermont-Tonnerre (France/Rhone)
-Casa Boschino 2004 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)


ローヌとトスカーナの低価格で、安定して美味しい2本です。前者と比べてしまうと、ワインの広がりや果実感が全く違います。ちゃんと生きている証拠ですね。


  1. 2007/10/19(金) 19:37:18|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり、ここのお蕎麦はウマイ!!

祥三郎(茨城・土浦)
DSC00678.jpg

休日にカメラの練習を兼ねて、ゆっくりと散策。。。
久しぶりに立ち寄った、お蕎麦屋さんです。
ここのお蕎麦は、風味がしっかりとあり、そして旨みがたっぷりの「おつゆ」が素晴らしい!

DSC00684.jpg

蕎麦の命は3分?!それはカップラーメンの作る時間?!(汗)
とにかく、茹で上げて、冷水で締めたお蕎麦は、鮮度が命! 写真を撮ってる場合でははい!!
あっという間に食べてしまいました♪


  1. 2007/10/18(木) 17:16:28|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルチーニ茸のタヤリン♪

リストランテ・ルーチェ(茨城・守谷)
DSC00637.jpg

ピエモンテ のコースを頂いてきました♪ これは予告編でーす。
その他のメニューのアップは、もう少しおまちくださいませ!

旬のポルチーニにフレッシュトマトを加えた、さっぱり味 に仕上げられた、手打ちのタヤリンです。
濃厚なクルミのソースをまとった、アニョロッティの後だっただけに、このさっぱり感がたまりません!!

タヤリンアニョロッティ とピエモンテの名物パスタがオンパレードです!
うーん、旨いの~~♪



  1. 2007/10/18(木) 01:40:33|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕焼けを眺めながら。。。

DSC00619(1).jpg

外で美味しい空気を吸いながら、ちょっと一休み。。。
夕焼けの赤い橙色は美しい♪


  1. 2007/10/17(水) 17:45:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人物、初登場です!!

Pain Atlier Cressent (茨城・竜ヶ崎)
DSC00473.jpg

いらっしゃいませ♪
美味しいパンが、いっぱいありますよー♪

お教えしましょう!
先日の美味しいパン屋さん、パン・アトリエ・クレッセントは こちらから
ぜひ、お立ち寄りくださーい。

  1. 2007/10/17(水) 00:43:43|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シモン・ビーズの古酒は凄いですよ!!

10/07
DSC00340.jpg

-375ml Beaune 1er Cru Vigne de i'Enfanr Jesus 1989 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)
-375ml Chateau Petti Village 1988 (France/Bordeaux)
-375ml Chateau Pichon Logueville Comtesse de Lalande 1983 (France/Bordeaux)


ハーフワインを3本ご馳走になりました♪ハーフワインは通常のボトルよりも熟成スピードが早く、熟成してくるとワインの太さを少し弱く感じさせられます。

「プシャール」のボトルは、ピノ・ノワールらしいフルーツの充実度が素晴しく、土や下草の香りを思わせられ、風味豊かな味わいに仕上がっています。これから3~5年良い状態が続くことでしょう。

ボルドーの2本は、「プティ・ヴィラージュ」が、非常に良い味わいを奏でていました。熟したメルロのレザーの香りとソフトなタンニが美味しく、しっとりとした風味がありました。「ピション・ラランド」は、フルーツが弱くなり、酸の堅さもあり、1年前に飲んだボトルの方が良い印象ががありました。ハーフと言うこともあり、ボトル差かな。。。

10/08
DSC00338.jpg

-Savigny-les-Beaune 1er Cru Les Marconets 1983 Simon Bize & Fils (France/Bourgogne)

最近の中では、1番コストパフォーマンスが良いワイン、このワインが¥5000代なのだから、衝撃と言うしかない。造っている人たちも、ここまで素晴しいワインに仕上がっていることを知っているのだろうか?!

チェリー、野いちご、さくらんぼ、土、森の香り、豊かな香りに変化し、エキス抜群の濃度、シャープな酸とフルーツが支え、素晴しい風味を奏でています。砂糖ではない、甘さのような「旨み」をたっぷりと感じさせてくれます。


  1. 2007/10/16(火) 17:45:30|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり、美味しいB級。。。

スヰートポーヅ(東京・神保町)
071013_1622~0001.jpg

御茶ノ水で用事を済ませ、少し散策しながら神保町へ歩く、
そして、小腹が減ったこともあり、餃子の名店「スヰートポーヅ」で小休止でーす♪

夕方といこともあり、水餃子は完売、安定して美味しい焼き餃子が食べられます。
あっという間に12個食べちゃいました!!

  1. 2007/10/15(月) 18:32:14|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は早く寝まーす。

071010_1502~0001.jpg

ジャック・バウワー のせいで?!、寝不足の毎日が続きましたが
ようやく、ぐっすりと寝られる日がやってきました。


  1. 2007/10/12(金) 20:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルーツがいっぱい♪

フリュイ
DSC00469.jpg

茨城の竜ヶ崎にある、美味しいパン屋さん「クレッセント」の フリュイ です♪
ドライフルーツとパン生地の風味がいっぱいで、
クリームチーズとブルーチーズのを合わせたものを付けて食べえると、もう最高なんです♪

久しぶりの訪問でしたが、安心して美味しく食べられるパン屋さんの一軒です。


  1. 2007/10/11(木) 23:27:38|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

10/05
DSC00389.jpg

-Chateau Charron Acacia Blanc Vieiles Vignes 2005 Premieres Cotes De Blaye (France/Bordeaux)
-Chateau Charron 2004 Premieres Cotes De Blaye (France/Bordeaux)


こちらは「プルミエ・コート・ド・ブライ」地区のボルドーワインです。最近の飲んだボルドーの安いゾーンでは、かなり良くできていました。白は樹齢100年以上の古木から収穫されたセミヨンが主体で、メロンのような品のあるフルーツ香りが魅力的です。赤はボルドーらしい、タンニンの力強さは少ないのですが、バランス良くできています。なかなかいけます。

10/06 「第76回土浦花火競技会」のワイン会
DSC00285.jpg
(写真は料亭・霞月楼のお弁当)

-Corleto 2006 Villa Di Corlo (Italy/Emilia Romagna)
-Barbere D'Asti Superiore Sansi 2003 Scagliola (Italy/Piemonte)
-Syrah 2003 Villa Pillo (Italy/Toscana)
-Niederberg Helden Riesling Spatlese 1997 Schloss Lieser (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)
 

年に一度の「花火」ということで、マンション7階の友人宅にお邪魔してきました。眺めはもう最高♪ ワインが飲み慣れない方に評判が良かった、赤のスパークリングワイン「コルレイト」、仄かにタンニンがあり、食事となかなか良く合います。若い赤ワインの2本は、フルーツの充実度が凄く、果実味たっぷりで華やかな味わいがあります。最後のドイツは、97年といこともあり、甘さ控えめのさっぱり美味しいスペトレーゼでした。

  1. 2007/10/10(水) 18:39:31|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラフィアン2次募集の感想。

DSC00441.jpg

一次募集に引き続き、芝の中・長距離に適性を感じさせる馬が少ないこと。そして、その数少ない馬が、バカに高いこと。これは非常に残念というしかない。やはり馬主孝行な馬は、芝の2000メートル以上で走ってくれる馬だと思っています。そして、そういう馬が安ければ、なお嬉しいのだが。。。そういう馬がいない。これは困ったことだ!

さて、2次で興味深く見ているのが、全くタイプの違う(そう見える)マイネルラヴの産駒の判断ではないだろうか。どちらもラヴらしく筋力が強く見えます。そして、今までの走るラヴ産駒に見られてた 「関節のネバリと柔らかさ」 、これも兼備しているように見えます。では、何が違うといのは?! それは 「筋肉の重さ」 、そう自分は表現している部分なのです。筋力の重いタイプは、器用さがなかったり、瞬発力が足りなかったり、故障する馬が多いと考えています。所謂、力任せの馬になってしまうのです。

そこで初めて、今まで募集されたラヴ産駒(特に活躍した馬)には見られなかった 「筋肉の軽さを持つ馬」 が出てきたのである。これは、どう成長するのか興味深いと思います。どちらの馬か、もうお分かりですよね。

  1. 2007/10/09(火) 22:34:38|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/27
DSC00361.jpg

-Macchiole Rosso 2003 Le Macchiole (Italy/Toscana)

最後のヴィンテージとなった「マッキオーレ・ロッソ」の2003年、最後の1本を抜栓。。。チェリーの甘いフルーツ、ローズマリーなどのハーブとフルーツがたくさん、思わず仔羊が食べたくなってしまいました。酸やタンニンが華やかに主張し、豊かな果実味が包み込んでいますので、口当たりは非常に優しいです。やはり、マッキオーレのワインは、ちょっと違います。ただただ感激して飲んでしまいます。

9/28-10/02 休み

10/03 ワイン会

071003_2254~0001.jpg

-1500ml Pannier Selection Brut NV Pannier (France/Champagne)
-Alsace Gewurztraminer 1979 Trimbach (France/Alsace)
-Chateau Calon-Segur 1979 (France/Bordeaux)
-Cabernet Sauvignon Private Reserve 1983 Beaulieu Vinyard (America/Calfornia)
-Chateau Lynch Bages 1987 (France/Bordeaux)
-Grands Echezeaux 1971 Domaine Montrieux (France/Bourgogne)


アルザスやブルゴーニュの古いものは、独特の雰囲気を持っています。充実したフルーツと熟成香、そして「鮮やかな潤い」を保ったまま、仕上がってきているのです。ボルドーやカルフォルニアのワインでは、なかなか感じることができないのです。

10/04 休み


  1. 2007/10/08(月) 11:14:54|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第76回土浦全国花火競技会 その4

DSC00268.jpg


DSC00271.jpg


DSC00275.jpg

ずーと欲しかったデジイチが安くなってきたので、思い切って買ったんですが、
いやー花火を撮るのは難しい。。。

花火の明るさで、シャッタースピードを微妙に調整することに気が付いたときには、
もう終わりでしたよ。。。(苦笑)


かなり可能性のあるカメラなので、これから色々と使い込んで、
素敵な写真を撮りたいです♪


  1. 2007/10/07(日) 19:19:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第76回土浦全国花火競技会 その3

DSC00189.jpg

この写真が一番良く撮れたー!と思っています。

DSC00219.jpg


DSC00216.jpg

  1. 2007/10/07(日) 19:14:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第76回土浦全国花火競技会 その2

説明いりませんね。(笑)
美しい花火をご堪能下さい。


DSC00162.jpg


DSC00170.jpg


DSC00178.jpg



  1. 2007/10/07(日) 19:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第76回土浦全国花火競技会

DSC00251.jpg

素晴しく眺めの良い場所で、美しい花火を堪能できました♪
お友達のK夫妻に感謝でーす!!

美味しいワインとお食事、
そして、愉快な仲間たち、いや~、こういう時間は最高に楽しい♪




  1. 2007/10/06(土) 23:58:41|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は牝馬で勝負!!

タイキポーラの2006
20a06cbd200792814db1061f3081c3c.jpg
(公式HPより)

抽選の結果、キャロットクラブでも無事当選できました。
しかし、今年は運が良いなあ~♪

出資理由は以前に書きましたが、アグネスデジタルの代表産駒になる可能性を大いに感じたからです。これからの成長を期待したいと思います。自分のイメージが確かなら?!芝の中距離のレースで凄い脚で追い込んで来るだよなあ。。。

なお、「動き」「馬体」「血統」「配合」「厩舎」、そして「自分が考える相場」から出した、今年の評価は下記の通りです。他の馬にも注目したいと思います。大物がいるかはわかりませんが、この世代はかなり走りそうな気がしています。

Sランク
なし

Aランク
4,48,62,86

Bランク
27,29,44,53,56,68,71,74,82

  1. 2007/10/05(金) 02:46:51|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
Total: Now: