一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと遅い、夏休みにでまーす!!

200704171229001.jpg

明日から5日間の夏休み♪ 久しぶりの連休となりました!
ゆっくり休んで、英気を養ってきまーす。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/28(火) 17:47:19|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一番ドキドキし、そして期待でいっぱいな、今です♪

マイネルラウディー(栗東・西浦厩舎)
P1030743.jpg

牧場での動きは申し分なかったようですが、札幌に入厩してから順調さを欠いていました。
しかし、明日の札幌・芝1500で、デビュー戦を迎えます!!
まだまだ、弱いところや喉に不安もあることから本調子ではないのでしょうが、
先々は走る仔だと思っていますので、無事に走ってくれることだけを祈っています。

わくわく♪ どきどき♪♪
  1. 2007/08/25(土) 17:50:16|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Keicoさんの歌う「SUKIYAKI」が大好きです♪

東京タワー club333
-Thursday's Concert-

070823_1836~0001.jpg

やっぱり素敵なライブでした♪

一番聴きたかった「SUKIYAKI」、
そして東京タワーへと向かっていくときの空を眺めていると無性に聴きたくなった曲、
そう「あの雲の下まで」が堪能できて、幸せな気分でいっぱいです♪
念ずれば叶う!!

勉強のためKeicoさんはニューヨークへいってしまう。
彼女の美しい歌声を暫く聞けなくなると思うと、ちょっとセンチな気分になりますが、
そこは、もっともっと素敵な音や声を見つけるための時間であるので、
ここは、ゆっくりと帰国ライブの日を待つことにしよう。

いってらっしゃーい♪
  1. 2007/08/24(金) 17:41:14|
  2. FAKiE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋形船、初体験♪

屋形船
P1040093.jpg

大型の屋形船です。一番大きい船は予約が入っていたそうで、2番にデカイやつであそうです!!
船内は、80人乗っても全く窮屈のない空間で、時を忘れお酒と食事、
そして、楽しい話に花を咲かせ、あっというまにひと時でした♪

海から見たお台場
P1040106.jpg

綺麗なイルミネーションです。雰囲気があります。
屋形船のデッキに上がって見た景色は、なかなか良いものですよー♪
そして、良い風が吹いていました。



  1. 2007/08/23(木) 01:45:59|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕涼み♪

勝どきの路地
P1040091.jpg

今日は屋形船での納涼会でした♪
待ち時間を利用して、勝どきを散策。。。

開発され、高層ビルが立ち並び、道は整備されていますが、
ちょっと路地に入ると、昔ながらの長屋がありました。そして雰囲気のあるお店。。。
大都会となっていますが、まだまだ、緑と猫に、癒される空間がまだ残っているですねー!!

  1. 2007/08/22(水) 23:38:26|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

8/14
P1070044.jpg

-Rosso Dei Notri 2005 Tua Rita (Italy/Toscana)

ペッパーやコーヒー豆の香り、ドライフラワーのバラの香り、ローズマリーもある、フルーツは野性的なもので美しくはない。色の濃い液体も割りに、甘いフルーツのイメージは乏しく、今ひとつ。味わいも「しょっぱい」と表現するようなミネラルがあり、広がりが少ない。思っていた以上に良くないワインで、まだワインが若く、落ち着いてないことを考慮しても、ワイン造りに疑問を感じさせられます。上のラインは美味しいと思う印象があるだけに、このベースのワインには正直ガッカリさせられました。

8/15
P1070038.jpg

-Saint Veran Domaine des Vieilles Pierres 2006 Alain Corcia (France/Bourgogne)
-Pouilly-Fuisse Domaine des Vieilles Pierres 2006 Alain Corcia (France/Bourgogne)


「ジャン・ジャック・リトー」元詰めのワインで、非常に質の高い2本でした。クリーンで透明度を感じさせるフルーツ、文旦や仄かに若いパイナップル、ミネラルにシロップの甘い香りがあります。品のある香りと、繊細で柔らかい酸味が心地よく、厚みもこのクラスとしては十分なものです。早い時期から楽しめそうです♪

8/16-18 休み
  1. 2007/08/19(日) 17:37:31|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆるりと。。。

涼しげな場所♪
P1030649.jpg

猛暑は過ぎたのかな?! 昨晩から、ずいぶんと涼しくなってきました。
食べ物が美味しくなる、秋までもうすぐですね~!
  1. 2007/08/18(土) 16:48:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

8/08
-Este Tinto De Bodegas 2005 Bodegas Alto Almanzora (Spain/Lucar)

野性味を感じさせる香り、甘い樽の香りも仄かにある。味わいは、フルーツ感は良いのだが、もう少しクリーンさが欲しいし、アフターの苦みも気になってしまう。悪くはないのですが、もう一つの印象です。

8/09-10 休み

8/11 (左97年、右89年)

P1070025.jpg

-Bernkasteler Badstube Riesling Spatlese 1997 Dr.H.Thanisch (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)
-Bernkasteler Badstube Riesling Spatlese 1989 Dr.H.Thanisch (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)


「89年」は、出来も良いことながら、素晴しい熟成しています♪ 湧き上がってくる「ミネラル」の泉は、あざやかで強烈な香りを放ち、完熟の「グレープフルーツ」「夏みかん」「金柑」の優しいフルーツ、「オレンジピール」などのハーブがアクセントになっています。品のある、程よい甘さとソフトな酸味が美味しい味わいに仕上がっています。丸みをおび、穏やかな「酸」は、心地よい余韻を残します。食事を取りながらでも楽しめる甘さです。10~12℃から、どうぞ!こういうワインを飲むと「ドイツの凄み」を感じます。

「97年」は、クラッシクなスタイルで、長期の熟成を期待させられます。出来の良さを感じさせられる「凝縮感」があります。「青りんご」、熟した「ライム」「メロン」のフルーツ、「シロップ」や「蜜」のような、あま~い香りが心地よく広がり、まだまだ若々しい「酸」に緊張感があり、ハリがあります。ふんわりして、潤いのある「果実」と「ミネラル」が口いっぱいになります♪

「8年違い」というイメージよりも、2本はもっと近いような思いました。それだけ89年のワインが良いのでしょう。また10年くらいでは、あまり熟成感が出てこないことも分かりました。恐るべきドイツワインの底力です!!

8/12-13 休み
  1. 2007/08/17(金) 15:58:33|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑いときは。。。

P1030747.jpg

京都の 高桐院 です、ヒーリングにどうぞ♪
少しは涼しい気分になります。

ひんやり♪

  1. 2007/08/14(火) 15:45:03|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あちーー。。。

8/04 友人宅にて (美味しかったパエリア♪)
P1040079.jpg

-Wiltinger Riesling Kabinett Feinherb 2006 ST.Urbans-Hof (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)
-Graacher Himmelreich Riesling Kabinett 2002 Kerpen (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)
-375ml Muscat De Frontignan 2004 Avarus (France/Languedoc)


清涼感のあるドイツを2本、ウルバンスホフの「ヴィルティンガー」は、完熟した柑橘のフルーツに品が感じられ、酸味が果実味と綺麗に調和しています。フルーツと酸に厚みがあり、快適な酸と甘みのバランスが絶妙です。ファインヘルプなので、食事をしながらでピッタリですね♪ 「ケルペン」は香りからも、よりハッキリと「ミネラル」が主張していました。酸も堅さがあり、こちらもカビネットとはいえ、食事しながらで丁度の味わいでした。

8/05-06 休み

8/07

P1070017.jpg

-Barbere D'Asti Ca' Di Pian 1996 La Spinetta (Italy/Piemonte)

ちょっと過ぎてしまったかな。。。と思ってしまうワイン。ベースのワインとは言え、造りが悪いのか?!ワインの状態もイマイチのようでしたが、バルベーラの熟成力とはこの程度なのかな。。。ちょっとガッカリです。
  1. 2007/08/13(月) 17:22:42|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあ夏だぁ~!! ドイツワインを飲もう♪

8/01
P1070007.jpg

-Serriger Schloss Saarsteiner Riesling Spatlese Halbtrocken 1997 Schloss Saarstein (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)

名門「シュロス・ザールシュタイン」のワインです。グレープフルーツや、キウイ、そしてライムの清涼感ある、柑橘フルーツの香り、やや落ち着きが出てきた「酸」と口いっぱいになる「ミネラル」、「果実味」と引き締まった「酸」が心地よい後味を残します。ややビターなアフターたので、食事と一緒だと良さそうです。

8/02
P1070010.jpg

-Schloss Lieser Riesling Spatlese Halbtrocken 1997 Schloss Lieser (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)

「シュロス・リーザー」のトーマスさんは、名門フリッツ・ハーグ家の息子であり、現在醸造を行っているオリヴァーさんの兄になります。前日の「シュロス・ザールシュタイン」のワインと同じような印象、もう少し甘さを感じさせる熟した香り、そしてリースリングらしいゴムやワックスなどの揮発系の香りが出ている。ハルプトロッケンですが、思ったよりもドライな印象です。この年は、クラシックなスタイルで酸が強いのかな。。。

8/03
P1070008.jpg

-Eitelsbacher Karthauserhofberg Riesling Auslese Trocken 1997 Karthauserhof (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)

この地区では屈指の辛口ワインです。やはり「アウスレーゼ」クラスなので、前日までの2本とは、香りやワインの厚みが全く違います。甘く品のあるフルーツは、ピーチ、洋梨、パッションフルーツ、ミネラルに蜜の香りもあり豊かな香りが出てきます。実にエレガントな酸があり、濃度を感じさせられ、厚みがあります。細さは全くありません!こういうワインを飲んでみるとドイツの辛口ワインの可能性と高い評価を得られるのだろうと思います。素晴しい1本です。これから10~15年と熟成し、さらに良くなります。
  1. 2007/08/08(水) 18:50:22|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

7/26
P1040082.jpg

-Saarburger Rausch Riesling Spatlese 2003 Zilliken (German/Mosel-Saar-Ruwer)

清涼感のあるシトラスの香り、熟した「小夏」、メロンのフルーツ、りんごの蜜や花などの甘い香り、甘みと酸味のバランスが良く、穏やかな酸がまた心地がよい。すでに美味しい味わいで、エキス分がぎゅっ~と詰まっています♪ うまい=!!

7/27 休み

7/28 ワイン会

P1040064.jpg

-Sacerre 2005 Dominique et Janine Crochet (France/Loire)
-Puntay Weissburgunder 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Stern Sauvignon 2005 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Santenay 1er Cru Les Gravieres 1996 Pierre Bouree (France/Bourgogne)
-Santenay 1er Cru Les Gravieres 1995 Pierre Bouree (France/Bourgogne)
-Volney 1er Cru Clos des Chenes 1969 Remoissenet Pere & Fils (France/Bourgogne)
-375ml Brauneberger Juffer Sonnenuhr Riesling Auslese Gold Capsule 1999 Willi Haag (German/Mosel-Saar-Ruwer)


やはり、95、96年のブルゴーニュは、まだまだ閉じ気味、クラッシクなスタイルのブレのワインとは言え、もう暫く熟成をさせた方が良いでしょう。しかし、若さを保つ「酸」の強靱さに脱帽します。

ビックリだったのが、69年のヴォルネーです!色合いから、15~20年までの熟成かな。。。91か3年くらいのワインかと思いきや、それが「69年」なのだから衝撃的です!! 気をつけて味わうと、味わいもしっとりしており、タンニンもこなれていますが、健在で「潤いある若さ」を保っています。

7/29-31 休み
  1. 2007/08/07(火) 17:45:53|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一瞬の奇跡♪

natural mystique (神奈川・辻堂)
-FAKiE Live Summer-

070804_2246~0002.jpg

昼間は、小学校からの友人宅に訪問するため日吉へ、新しく購入した自慢のマンションのお披露目と年末以来、久しぶりに合う仲間との楽しい食事会でした。時期的にワインは、ドイツの少し甘みのあるものをチョイス、奥さまRちゃんのお料理は、とっても美味しく今回もお腹いっぱい堪能させて貰いました。ご馳走様でした!あっという間に時間が過ぎ、お腹に宿った第二子の誕生を願い、後ろ髪を引かれる思いでしたが、急ぎ辻堂へ移動。そう、その夜は辻堂駅近くにある、お洒落なレストラン「ナチュラル・ミスティーク」でのフェイキー・ライブに参加するためである♪

初めてライブに参加して以来の「超最前列」、Keicoさんと距離は70センチ?!いや50センチ?!と、恥ずかしくなるくらいの「近さ」で、素敵な音の世界に酔ってきました♪

Keicoさんの「留学記念」というころで書き下ろした、Naokiさんのギターソロの新曲「Deperture」は、凄いの一言で、腕が4本にも6本にも見えるくらいに左右・上下に動きまくるハードもので、今までのギターソロとは明らかに違いました!

アンコールで大合唱となった「マシュ・ケ・ナダ」は、前回のテミヤンライブで凄く良かった曲で、フェイキーにもサンバはありだね~!といことで、これから定番になっていきそうです。みんなで歌いましょう♪

店名になっていますが、今回も「奇跡」の一瞬に立ち会えてことに感謝し、帰宅するのであった。。。
  1. 2007/08/06(月) 18:07:19|
  2. FAKiE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い時は。。。

あかのれん(茨城・土浦)
070730_1907~0002.jpg

七輪で、新鮮なホルモンが食べられます♪
しかも、一皿¥300くらいで格安!! ¥980の盛り合わせはたっぷりの内容です。
味付けがあっさりしていて、いくらでも食べられます。

070730_1959~0003.jpg

しめは モツ鍋 です♪
ニンニクと唐辛子が利いた、シンプルな鍋は、こちらも味付けがさっぱり目で、美味し~い!!

最後にうどんを入れて食べました。
残ったスープの味わいからラーメンだったらバッチリなんだろうけどね。。。
メニューにラーメン入れてけろ==!!
  1. 2007/08/03(金) 16:48:43|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
Total: Now: