一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「オマカセクダサイ」って。。。

来月行われるセレクションセールの当歳部門にマイネルセレクトの牡馬が1頭上場されます。動向が大いに気になるところです。オンラインのカタログには、残念ながら写真が出ていませんが、栗毛ということでセレクト似の仔なのでしょうか。グリーンチャンネルの放送をチェックしたいと思います。

社長のお話では、セレクト産駒は4、5頭見た印象では、素軽くて運動神経の良さそうな仔だとのことです。

No.381 オマカセクダサイ 牡馬・栗毛(4月15日生まれ)
生産者・萩沢俊雄

父・マイネルセレクト
母・アタゴジーニアス(母父・ティンバーカントリー)
スポンサーサイト
  1. 2007/06/27(水) 12:44:08|
  2. うま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

6/05
-Borgoforte 2003 Villa Pillo (Italy/Toscana)

非常にシンプルナワインです。チェリーなどベリー系の甘い香り、若いためは、若干の苦味が残るが、それほど気にならない。ベースのワインとしは、完成度が高く、このクラスでも数年熟成させると良いのだろう。¥1500以下で買えるワインとしては秀逸で、美味しいです♪

6/06-07 休み

6/08

P1060705.jpg

-Clemant de Bourgogne Brut NV Comte Louis de Clermont Tonnerre (France/Bourgogne)

爽やかなフルーツ、しっかりとあるミネラリー、仄かに苦味がありアクセントになっている。非常に質の高いクレマンです。食前酒や前菜にぴったり♪
  1. 2007/06/26(火) 16:11:42|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繁ちゃんの集大成!!

総帥とロージズインメイ
P1030921.jpg

相変わらずの強行日程ですが、楽しい馬うまツアーでした♪
久しぶりのお友達、そして、始めましてのラウディーと良い出会いがありました。
が、しかし肝心の一歳馬たち・・・。なかなか、好みの馬が見つからず困りました・・・。(苦笑)

写真は、この馬を獲得するために四十年間を馬に捧げてきたと豪語するロージズインメイです。
ビデオで過去のレースしか見たことがありませんでしたが、実馬は凄い何ともいえない存在感というか、なにかオーラがありました!

  1. 2007/06/24(日) 23:28:10|
  2. うま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの北海道へ♪

P1030616.jpg

明日あさってとラフィアンのBRFツアーに行ってきます。
今年は気になる馬がいないので、ゆったりと森林浴を楽しんできたいと思います。

  1. 2007/06/22(金) 17:50:33|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わいん日記。

6/01
P1060707.jpg

-Chianti I Sodi Del Paretaio 2004 Badia Di Morrona (Italy/Toscana)
-Vingaalta 1998 Badia Di Morrona (Italy/Toscana)


定番、モローナのワインです。「パレタイオ」は樽を使ったタイプなので、¥1400程度で買えるワインとは思えない、濃さと複雑性があります。3年くらい熟成させるとぐ~んと良くなります。「ヴィニャアルタ」は、熟成した98年です。もう、かれこれ30本以上飲んでいますが、何時飲んでも美味しいです。こちらのワインには、「高級ワイン」独特の懐の深さがあります。香りも厚みも素晴しいと思います。

6/02-03 休み

6/04

P1060708.jpg

-Vino Spumante Dolce Fior D'Arancio 2005 La Montecchia (Italy/Veneto)

美しい香りと甘さが印象的で、気泡がエレガンスを醸し出しています。以前よりもマスカット系の香りが出ており、ワイン名ともなっている「オレンジの花」のような香りがどっかに行ってしまったような・・・。印象が変わりました!
  1. 2007/06/18(月) 16:58:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうこの時期が来ましたか。。。

ラフィアン2007年募集馬のパンフレット
P1030716.jpg

ざあ~とパンフレットを眺め、そしてDVDで動きをチェックしましたが、
あまりぴ~んとひらめきが湧く馬はいませんでした・・・。(汗)

まあ、もう少しじっくりと検討してみたいです。
週末にはクラブのツアーに参加します。2年ぶりのBRFが待ち遠しいです♪

  1. 2007/06/17(日) 17:12:43|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イタリアの町(アレッツォ)

ドゥオーモ
P1050227.jpg

イタリアらしい「蒼い空」と立派な教会です。
空き時間を使っていってきた場所です♪ 写真を整理していると行きたくなってしまいます。

P1050224.jpg

P1050223.jpg

ステンドグラスは大好きで、くらい教会の中では一際美しく、幻想的に輝いています。
  1. 2007/06/15(金) 19:21:40|
  2. Italy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わいん日記♪

5/27
P1060537.jpg

-Barbera D'Asti Superiore Sansi 2000 Scagliola (Italy/Piemonte)

ダークルビーの深い色合い、カシス、チェリーの甘い香りにチョコレートやバニラ、もの凄いフルーツ香がでてくる。柔らかい果実味と繊細な酸、そしてキメのある豊かなタンニン、どれをとっても高いレベルの素晴しいワインです。本当に美味しい!こういうワインを飲んでいると気分が良くなります♪

5/28
P1060607.jpg

-Macon Lugny 1996 Collin Bourisset (France/Bourgogne)
-Montagny 1er Cru Les Chagnots 2001 La Buxynoise (France/Bourgogne)
-Montagny Vieilles Vignes 2001 La Buxynoise (France/Bourgogne)


マズイ・・・。本当に美味しくないんです!

5/29
P1060606.jpg

-Pernand-Vergelesses 2002 Domaine Jacob (France/Bourgogne)
-375ml Chablis 2002 Christophe Camu (France/Bourgogne)


カミュのシャブリは、久しぶりです♪ハーフボトルの熟成したもので、香りはややしっとりとしたもので、フリンティと言っていいと思います。味わいは、旨みがたっぷりで、濃度を感じさせてくれます。美味しい1本です。

5/30-31 休み
  1. 2007/06/12(火) 17:20:53|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひーりんぐ♪

銀閣寺の庭園
P1030606.jpg

きれいな苔の庭園です。 しーーーん と時間が止まりますね。
つやつやと輝いている、新緑にも心が洗われます。

疲れているお目々に、暫し休息を。。。
  1. 2007/06/11(月) 16:20:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/22
P1060516.jpg

-Bourgogne Hauts Cotes De Nuits Blanc 1999 Domaine Anne Gros (France/Bourgogne)

「潮味」を感じさせる、強いミネラルと熟成香が入り交じる豊かな香り、バニラに「熟した白桃」「カリン」のフルーツ、芳ばしい「樽」と上品な「フルーツ」の香りが溶け合っています。まだ、全体の堅さはまだありますが、エキス分いっぱいの濃度があり、ふくよかな味わいがあります。

5/23
-Rosso di Montalcino 2004 La Fortuna (Italy/Toscana)

素敵な香り、スミレの花、バニラ、チョコレート、アップル、チェリー、熟したプラム、ハーブ、ダージリンティー、良い香りが次々に現れてきます。「モンタルチーノ」らしい、内に向く、冷涼な酸があります。果実味豊かで、キメのある繊細な「酸」と「タンニン」が心地よく、メチャクチャ旨い!タンニンが、とっても細かく、綺麗なワインです。今でも美味しく、これから、大いに伸びていきそうです。

5/24-26 休み
  1. 2007/06/10(日) 15:47:46|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の★★★

サーチエネミー
2003_32_c.jpg

愛馬サーチエネミーが勝ちましたぁ!
やりましたー!!

一度は地方へ出向しましたが、気性や体質が強くなってきて以来、
安定した走りを見せ、昨秋の500万に続き、1000万も勝ち上がることができました。

  1. 2007/06/09(土) 15:32:37|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今晩は、ちょっと凄いですよー♪

P1060652.jpg

ペトリュース、アンリ・ジャイエ、ウニコ、カーセ・バッセ、オーパスワン、各国、各地域を代表するワインばかりです。

いったい、どんな香りと味わいがあるのでしょうか?
どんな光景が浮かぶのか。。。期待で胸がいっぱいです!!
  1. 2007/06/09(土) 13:10:10|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/18
P1060494.jpg

-Limoux 1995 Toques et Clochers (France/Languedoc)
-Chablis 1er Cru Fourchaume 1994 Michel Vrignaud (France/Bourgogne)


ちょっと終わりかけでした。。。(苦笑)
どちらも、たいして造りは良くないと思います。古くなっても、良かった片鱗がない!

5/19
P1060496.jpg

-Langhe Nebbiolo Regret 2005 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)

バラや香りの強い花の香り、木の香りもある。次第にカシスやチェリーのフルーツが現れる。非常に強い「酸とタンニン」は、まだ落ち着いておらず、しばらくの熟成が必要になりそうだ。ベースのワインとは言え、しっかりと造られたネッビオーロらしい1本だと思います。

5/20
P1060510.jpg

-Chianti Classico 2001 Fattoria Poggiopiano (Italy/Toscana)

赤い実のフルーツがいっぱい溢れています。プラム、チェリー、カシス、仄かに香るバニラ、そしてメンソールの香りが、すぅ~としています。果実味たっぷりで、ソフトになってきたタンニンが美味しく、いまからワインが充実期になっていくのでしょう。これは、楽しめるワインです♪

5/21 休み
  1. 2007/06/08(金) 16:35:00|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクもカッコええのぉ~♪

KAVACH MOTORCYCLES
070607_1845~0001.jpg

日本で最も小さなバイクメーカーという「カバチ」にお邪魔してきました。ここでペインターを勤める方と知り合いということもあり、全く見知らぬ世界へ突入しちゃいました!素人目にも、微妙な色加減をパール や メタリックなどで施したバイク君は、フォルムの躍動感と色の美しさとを兼ね備え、芸術品でした。

ちなみに、この写真は、ペインターの方の看板です。よくて手で描けるものだ、今だったら、この立体感なんかコンピューターでちょちょいのちょい!といった感じなんだろうけどね。実物はもっと凄いですよ!!

エンジン音と油の匂い、少年の心に戻り、ドキドキとさせられました♪

  1. 2007/06/07(木) 23:18:42|
  2. FAKiE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/12 ワイン会
P1030465.jpg

-Sancerre 2005 Domaine Dominique et Janine Crochet (France/Loire)
-Viognier 2000 Domaine Georges Verney (France/Rhone)
-Alsace Gewurztraminer Reserve Personnelle 1983 Hugel (France/Alsace)
-Chevalier Montrachet 1982 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)


この素敵な「サンセール」は、香りも味わいも実にフルーティーで、ソーヴィニヨン・ブランの悪い要素が全くない、美しいワインです♪小さな造り手のようですが、この生産者は注目したいです!「ヒューゲル」のアルザスは、以前飲んだトリンバックよりもゲベらしい「苦み」が主張していました。それにしても、古いアルザスは、本当にウマイ!!そして、「ブシャール」のシャバリエ・モンラッシェは、独特の香りは、これぞグラン・クリュの古酒!といような、なんともいえない香りです。味わいは少し細くなってきており、良い意味で完熟状態といえます。

P1030467.jpg

-Nuis-St-Georges 1er Cru Les Vaucrains 2000 Robert Chevillon (France/Bourgogne)
-Savigny-les-Beaune 1er Cru Vergelesses 1983 Simon Bize & Fils (France/Bourgogne)
-Nuis-St-Georges 1er Cru Les Perrieres 1995 Robert Chevillon (France/Bourgogne)
-Beaune 1er Cru Clos des Ursulines 1985 Domaine des Heritiers Louis Jadot (France/Bourgogne)
-Beaune 1er Cru Les Marconnets 1985 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)
-Griottes-Chambertin 1982 Domaine des Chezeaux (France/Bourgogne)


若いものと古いブルゴーニュの比較、こうして比べて飲んでいくと、ブルゴーニュのワインは20年くらい熟成させていかないと、真価・本当の良さが出てこないのだな~と改めて感じさせてくれます。熟成したワインの奥深い魅力を知ってしまうと古いものばかりになってしまうので、お金がいくらあっても足りませんね。(笑)85、95とも素晴しい出来で、タンニンが甘く熟成していくには、10~20年とまだまだ時間が必要だと思います。

P1030468.jpg

-375ml Bodenheim Kapelle Riesling Eiswein 1998 Kuhling Gillot (German/Rheinhessen)

リースリングらしい香りとアイスワイン特有のピュアな甘さと味わいがあります。締めに、こういうデザートワインを飲むと幸せになります♪

5/13-15 休み

5/16 フランスワインの試飲会(東京)
-Bourgogne Passetout Grains 2005 Jean Tardy (France/Bourgogne)
-Cotes de Rhone Rouge 2001 Chateau de Montfaucon(France/Rhone)
-Meursaut Les Vieilles Vignes 2005 Dupont Fahn (France/Bourgogne)
-Vin de Pays D'oc Chardonnay Languedoc 2004 Dupont Fahn(France/Languedoc)
-Cotes de Provence Clos de la Procure 2005 Dupere Barrera (France/Provence)
-Cotes de Rhone Villages Rouge 2005 Dupere Barrera(France/Rhone)
-Cotes de Rhone Coup De Coeur 1998 Caveau Chantecotes(France/Rhone)
-Alsace Riesling Reserve 2005 Lucien Albrecht (France/Alsace)
-Alsace Muscat Reserve 2005 Lucien Albrecht (France/Alsace)
-Alsace Gewurztraminer Reserve 2005 Lucien Albrecht (France/Alsace)
-Sancerre Blanc Terre de Maimbray 2005 Pascal et Nicolas Reverdy (France/Loire)
-Montlouis sur Loire Les Tuffeaux 2004 Francois Chidaine (France/Loire)
-Bourgogne Blanc 2004 Leroy (France/Bourgogne)
-Saint Veran 2001 Leroy (France/Bourgogne)
-Beaujoleis Villages 2005 Leroy (France/Bourgogne)
-Bourgogne Rouge 1999 Leroy (France/Bourgogne)
-Cote de Beaune Villages 1995 Leroy (France/Bourgogne)
-Cotes de Rhone Blanc 2006 Clos Petite Bellane(France/Rhone)
-Cotes de Rhone Rouge 2005 Charvin(France/Rhone)
-Gigondas 2005 Domaine des Espiers(France/Rhone)
-Chateauneuf-de-Pape Rouge 2004 Pierre Usseglio(France/Rhone)
-Bourgogne Hauts Cotes de Nuits Blanc 2005 Chartron et Trebuchet (France/Bourgogne)
-Cotes de Provence Rose 2005 Chateaux Elie Sumeire (France/Provence)
-Cotes de Provence Rose A La Rose 2005 Chateaux Elie Sumeire (France/Provence)
-Cotes de Provence Rose Chateau L'Afrique 2004 Chateaux Elie Sumeire (France/Provence)
-Cotes de Provence Sainte-Victoire Rose Chateau de Maupague 2005 Chateaux Elie Sumeire (France/Provence)
-Alsace Riesling 2004 F.E. Trimbach (France/Alsace)
-Alsace Gewurztraminer 2004 F.E. Trimbach (France/Alsace)
-Touraine Sauvignon Banc Les Deux Tour 2005 De Ladoucette (France/Loire)
-Sancerre Conte Lafond Blanc 2005 Conte Lafond (France/Loire)
-Pouilly Fume 2004 De Ladoucette (France/Loire)
-Sancerre Conte Lafond Rouge 2004 Conte Lafond (France/Loire)


色々と試飲しましたが、ぴ~ん!とくるようなワインはありませんでした。ワインの高騰、ユーロ高と言うこともあり、価格はかなり高い設定になっていました。

5/17 休み
  1. 2007/06/06(水) 16:47:21|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとう!

ゆるみっぱなしの笑顔が素敵なMario♪
DSC00003.jpg

末永くお幸せにねー!!
  1. 2007/06/06(水) 16:02:30|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

5/08
P1060632.jpg

-Alsace Zellberg Vendanges tardives de Pinot Gris 1997 Julien Meyer (France/Alsace)

光輝く黄金、南国のお花畑、甘い「蜂蜜」「シロップ漬けのフルーツ」、「白桃」「洋梨」「杏」の香り、みずみずしい「果実味」、美しい「甘み」、「エレガントな酸」が、ワインに「繊細さと品格」を醸し出しています。心が温まる味わいがあります。

5/09
-Chateau Freboy 2005 AC Bordeaux (France/Bordeaux)
-Borgoforte 2002 Villa Pillo (Italy/Toscana)
-Fortunello 2002 La Fortuna (Italy/Toscana)
-Rosso dei Montalcino 2002 Poggio Sanpolo (Italy/Toscana)
-Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 2004 Michel Gros (France/Bourgogne)
-Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 2004 Gros Frere et Soeur (France/Bourgogne)


070509_2240~0001.jpg

-Gevrey-Chambertin 1er Cru Les Cazetiers 2005 Domaine des Chezeaux (France/Bourgogne)
-Nuis-St-Georges 1er Cru Les Perrieres 1994 Robert Chevillon (France/Bourgogne)
-Nuis-St-Georges 1er Cru Les Caille 1985 Alain Michrlot (France/Bourgogne)


若々しく、やや閉じ気味の「2005年」、酸のスケールがあり、熟成向きの年なのだろう。「シュヴィヨン」の94年は熟成状態が、素晴しい!これぞピノ・ノワールというような、独特の香りと味わいがあります。色合いが濃く、94年よりも若い印象を受けた85年の「ミシュロ」のワイン、濃度がたっぷりで、凝縮感も素晴しい、偉大な収穫となったことがよく分かります。このワインは、あと10年ほど待ちたい!

5/10 休み

5/11
P1030463.jpg

-Bourgogne Rouge 2004 Alain Michrlot (France/Bourgogne)

梅やバラの香り、甘い香りはあるのだが、フルーツと言うよりも花や野菜のようなもの。クラシックなスタイルで、締まりのある酸が支配的で、このクラスといえども少し熟成させた方が良いタイプと言えよう。
  1. 2007/06/05(火) 19:49:34|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気になるねー♪

P1030459.jpg

色とりどりのケーキは、きれいで可愛いね♪
甘さ控えめで、とっても美味しいです。甘いものを食べると元気になります!
  1. 2007/06/05(火) 17:18:55|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

4/24
P1030456.jpg

-Carignano Del Sulcis Superiore Terre Brune 1995 C.S.Santadi S.C.R.L (Italy/Sardegna)
-Gravello 1995 Librandi (Italy/Calabria)


サルディニアのワイン。使われている「カリニャーノ」というブドウは、ほとんど経験が無く、どんなものか?と抜栓してみました。オレンジがかった色合いで、やや色の薄いタイプ。しっとりとしたフルーツ、イチゴやサクランボのようなもの、カシスも感じる。そして「レザー」や土の香りが立つ。とってもクリーンな酸で、果実味豊かでありながら、冷たさを感じさせるエレガンスがある。もっと北のワインのイメージが湧く。

「ガリオッポ」がメインでしたが、思ったよりも濃い色合い。ふわっと香る「チェリー」、仄かな「カシス」、熟した「ブルーベリー」、「バニラ」や「煎りたての珈琲」が、優しく香ります。アフターには、どことなく「高級ダージリンティー」のような香りが残ります。熟成し、口当たりは繊細で、優しく、心地がよい研ぎ澄まされた、優雅なタンニンと美しい果実を思わせる酸が広がります。心が落ち着つかせてくれる、豊かで、みずみずしい味わいです♪

4/25-5/6 休み

5/7

P1060631.jpg

-Colli Euganei Chardonnay 2000 La Montecchia (Italy/Veneto)
-Puntay Chardonnay 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Segumo 2000 Ca'del Vispo (Italy/Toscana)
-Bourgongne Chardonnay 2000 Francois Mikulski (France/Bourgogne)


「シャルドネ」の飲み比べをしてみました。

ナッツや麦わらを思わせる、熟成香がいっぱいの「モンテッキア」、味わいもほぼ仕上がっており、今が旬かも知れない。

エステ&ノイエの「プンタイ」は派手さは無いのですが、透明度を感じさせ、また、しっとりとした味わいに心が洗われます。素敵なワインだと思います。

ヴィスポの「セグモ」は、シャルドネの他にソーヴィニヨン・ブランとピノ・グリージュのブレンドワインで、一部陰干ししたブドウを使っています。ちょっとクセのある蜂蜜や花粉のような、独特香りが印象的で、味わいも濃厚、これは好き嫌いが分けるようなタイプだと思います。個人的には酸がもう少し欲しい。

上記のイタリアワインと比べてしまうと、まだまだ若々しいブルゴーニュ、まずは「酸」の印象が全く違います。堅いというか、締まっているというか、ミネラル感が強いというか、しかし、それがエレガンスなのでしょう。また、熟成スピードの違いともなっていると思います。
  1. 2007/06/04(月) 16:41:38|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未知との遭遇。。。

Cobaのライブ、SHIBUYA-AXでの「未知との遭遇」に出かけてきました。

大好きなFAKiEのNaokiさんが弾くギターのような、あの「音になっている」Cobaの全身全霊の演奏とそれによって「歌っているように聞こえる楽器」、アコーディオンが好きで昔から聴いていましたが、初めて「生」で聴くことが出来ました♪

一部では約50分にも及ぶ「即興演奏」は、まさに天上から降りてくる「電波」をキャッチしながら、そう交信しながらの演奏となり、とっても不思議な感覚のライブとなりました。正直、グレン・ゴールドの「ゴールドベルク変奏曲」のピアノのように、ちゃんと交信し、繋がると降りてきたかのように、はじけて弾きはじめるような感覚ではありませんでしたが、面白い経験となり、あの場でしか体験できない世界を体感できたと思います。二部では定番の曲を楽しめました♪

Coba、アリガトウねー!
  1. 2007/06/04(月) 01:14:59|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仲良く10着です。。。

マイネジャーダ 10着
東京12R・江の島特別(4歳以上1000万下)52 吉田隼人 芝1800m

うーーーん!相変わらずギアがないというか、勝負どころでスピードアップができない!困った!能力あると思うんだけどなぁ・・・。今日は、まずます気分良く走っていただけに残念。次に期待しよう!


マイネルアンセム 10着
中京10R・木曽川特別(4歳以上1000万下)56 角田晃一 芝2500m

いつも通り、休養明けということもあり、動きが重かったようです。まあ、あまり気にしなくてよい一戦なんので、脚慣らしを終えた、次戦要注目です!
  1. 2007/06/03(日) 21:31:38|
  2. Ruffian
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

4/20
P1030469.jpg

-Lambrusco Grasparossa di Castelverto Vino Frizzante Dolce 2004 Villa di Corlo (Italy/Emilia Romagna)

特殊な発泡性の赤ワイン、しかも甘口です。濃い色合い、野性味を感じる香りと味わい。良い意味のエグミのようなものが、本当に野性的で、生ハムやペコリーノなどの硬質チーズ似合いそうです。食事とでもイケル甘さです。

4/21 休み

4/22

P1030476.jpg

-Le Vigne Bianco di Toscana 2005 Ca'del Vispo (Italy/Toscana)
-Muscadet Sevre & Maine Sur Lie 2003 Les Vigerons Des Terroirs De La Noelle (France/Loire)
-Viognier Vin De Pays D'Oc 2002 Domaine des Aspes (France/Languedoc)


どれも安定して美味しいと思います。

4/23
P1030478.jpg

-Vin dee Pays des Cotes de Gascogne Rouge 2004 Duc D'Eyssac (France/Gascogne)

バランスは崩れていないが、フルーツ感が薄れてきている。。。やはり、このクラスのはワインは1~2年で飲みきってしまうべきだろう。
  1. 2007/06/03(日) 17:29:15|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利な世の中だ。。。

普通の携帯ですが・・・。
P1060609.jpg

最近、電車を使うことが多くなり、モバイルスイカ という機能が携帯で出来ると言うことで、登録してみました。コレが便利!目的地までの運賃を調べなくて良いし、切符を無くす心配もない!スイスイと改札口を通ることができるんです。

超アナログな人間のため、興味のないメカにめちゃくちゃ弱い!今頃と思われますよね・・・。もっと早くに気が付けば良かった!(^^;)
  1. 2007/06/03(日) 17:26:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

わいん日記。

4/14 ワイン会
P1030453.jpg

-Alsace Gewurztraminer Ribeaupierre 1982 Trimbach (France/Alsace)
-Chateauneuf-deu-Pape Blanc 1984 Clos de Pape (France/Rhone)
-Beaune 1er Cru Les Marconnets 1985 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)
-375ml Beaune 1er Cru Vigne de i'Enfanr Jesus 1989 Bouchard Pere & Fils (France/Bourgogne)
-Nuis-St-Georges 1985 Alain Michrlot (France/Bourgogne)
-Beaune 1978 Michel Gaunoux (France/Bourgogne)
-500ml Fior D'Arancio 2001 La Montecchia (Italy/Veneto)


アルザスの名門・トリンバックの熟成した82年のゲヴェルツトラミネールです♪甘さはしっとりと優しく、エレガントで、食事との相性も良さそうです。和食(懐石)とバッチリだと思います。華やかな香りと仄かな苦みが素敵な味わいを醸し出しています。これは、旨い!!

白2本目も熟成したシャトーヌフ・デュ・パプの「白」です。かなりマニアックな1本で、生産者の「クロ・デュ・パプ」定評のある藏になります。ワックスのような香り、キャラメルやシナモンの香りはアクセントに豊かな香りが立ってきます。味わいは、アルコールの堅さが少し残るものの、ソフトに仕上がっていました。

ブルゴーニュの赤4本は、抜群の状態でした♪どれが良かったのかというよりも、全てがテロワールの個性を発揮して、楽しませてくれました。やはり、20年ちかく熟成させると、こうも鮮やかに旨くなってくるのだろうか。しかも、まだまだ熟成を期待してしまうだけの力があるのだから、感動的です。

4/15 休み

4/16

P1060415.jpg

-Quinta do Vale de Raposa Tinta Barroca 2001 Alves de Sousa (Portugal/Douro)
-Magister Bibendi Mazuelo 2002 Navarrsotillo S.C (Spain/Rioja)


笑っちゃうくらい、美味しくなかったです。(苦笑)

4/17
P1030473.jpg

-Bourgogne Passetoutgrain 2003 Robert Chevillon (France/Bourgogne)

思ったよりも濃い色合い、始めにビオワインのような、独特の牛糞が乾いたような香り、次第にチェリーやカシスのフルーツ香、さすがにタンニンは軽いが、果実に濃度のある味わい、ガーリックをたっぷりと利かせた鶏肉が食べたくなる。ガメイ+ピノ・ノワールとは、思えない濃さがあります。やはり、かなり暑いのだろう。

4/18-19 休み
  1. 2007/06/02(土) 16:10:39|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり、いいねぇー。

おめでとう!!
P1030518.jpg

高校時代の友人の結婚式に行ってまいりました。
ということで、余興は恒例、紅白の全身タ○ツです。。。(汗)
もう良い年なので、やめよう!といっても気が付くと着ちゃってるんだよなぁ・・・。(苦笑)

みんなが幸せの温かい雰囲気は、ちょっと落ち込んでいるおらにパワーをくれました。
気持ちが良く、凄く楽しいひとときでした♪

素敵な花嫁さんを大切に!! そして、末永くお幸せにね!!
  1. 2007/06/02(土) 01:35:47|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心を落ち着けて

ひっそりと
P1030765.jpg

ご無沙汰しています。
一度書かなくなると、とことん書かなくなってしまうのがブログ。。。(^^;)

励ましや更新の催促をありがとうございました!
今まで以上に ゆるり とアップしていきます♪
  1. 2007/06/01(金) 17:23:05|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
Total: Now: