一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイン日記。

4/10
-Saarburger Rausch Riesling Auslese 2003 Zilliken (German/Mosel-Saar-Ruwer)

上品に香る、甘いリンゴの花や蜜の香り、柔らかく、流線的な酸は口当たりが良く、濃縮している甘みとバランス良く楽しめます。ただ濃いだけではなく、繊細な酸があります。熟成向きと言うよりは、今から十分に楽しめるスタイルといって良いでしょう。

4/11
P1060417.jpg

-Frasca 2000 Varramista (Italy/Toscana)
-Varramista 2000 Varramista (Italy/Toscana)
-Gagliole Rosso 1998 Gagliole (Italy/Toscana)


優しい果実味の「フラスカ」、イチゴやさくらんぼの上品なフルーツ、優しく香るバニラ、土やレザーもある。酸とタンニンは、まだ若いが、たっぷりのフルーツが覆い、口当たりが心地よい。上のクラス「ヴァラミスタ」は、凝縮度違い、より綺麗な酸とタンニンの厚みとエレガンスを感じさせられます。さすがに看板ワイン!今後の熟成が楽しみです。ただ、今なら「フラスカ」の方が、より楽しめます。

4/12-13 休み
スポンサーサイト
  1. 2007/04/21(土) 22:10:38|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

4/04 ワイン会(茨城・つくば)
P1030419.jpg

-MG Arlaux Vieille Reserve Brut NV Arlaux (France/Champagne)
-Meusault1er Cru Genevrieres Cuvee Philippe-le-Bon 1988 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)
-Chateau Talbot 1970 (France/Bordeaux)
-Chateau Figeac 1980 (France/Bordeaux)
-Chateau Cheval Blanc 1984 (France/Bordeaux)


瓶熟が長かったようで、色合いも味の濃い「アルロー」のシャンパーニュ、「オスピス・ドゥ・ボーヌ」のムルソー・ジュヌヴリエルも、白ワインの奥深さを感じさせてくれる、素晴しい味わいがありました。

ボルドーの赤3本も熟成状態が良く、複雑性のある豊かな香りと味わいがあり、じっくりと楽しめるものでした。「シュバル・ブラン」で多く使われているカベルネ・フランの鮮やかな香りが印象的です。

4/05-06 休み

4/07
P1030425.jpg

-Barbera d'Alba 2005 Monchiero Carbone (Italy/Piemonte)

カシスやもっと野性味のある赤い実のフルーツの香り、締まりのある良質の酸とタンニンは若々しいリズム感があり、心地よく口いっぱいに果実が広がっていきます。ベースのワインですが、安心して楽しめる1本ではないでしょうか。

4/08-09 休み
  1. 2007/04/10(火) 17:27:44|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ、通過点でしょう。

1500勝、おめでとうござます!!
P1030420.jpg

とある方から1500勝の記念品を頂きました。
怪我せずに2000勝、そしてG1奪取を目指して頑張って欲しいです。

おめでとうございま~す。
  1. 2007/04/10(火) 17:12:57|
  2. うま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期、リーグ戦の初勝利!!

やったぁ!!
070408_1600~0002.jpg

ナビスコ絶好調もリーグ戦が不調だったジェフ、待ちに待った、初勝利です♪
連携も一試合ごとに良くなり、ジェフらしい連動した攻撃が出来るようになった!
上げ潮!これから、どんどん上に上がっていってくれそうです。

素晴らしい試合でした!!

コーキのキック、はにゅ~の運動量、巻の頑張り、調子の上がってきた悟、工藤の動き出しも良かった!攻守に走る勇人、危険な場所を消すトミー、守備のイリアン、ジョーレ、水本、そしてグッピーも無失点でバッチリ決めてくれました!
  1. 2007/04/08(日) 23:58:35|
  2. JEF UNITED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

4/01
P1060366.jpg

-Domaine de la Begou Corbieres 2005 (France/Languedoc)
-Vin de Pays D'oc Merlot 2001 Domaine des Aspes (France/Languedoc)


4/02 友人宅にて
070403_0036~0001.jpg

-Saint-Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien 1997 Domaine Jean Chrtron (France/Bourgogne)
-Puligny-Montrachet 1er Cru Les Folatieres 1998 Domaine Jean Chrtron (France/Bourgogne)
-Rosso di Sera 1999 Fattoria Poggiopiano (Italy/Toscana)
-Griotte-Chambertin 1986 Domaine des Chezeaux (France/Bourgogne)


白ワインの名手「ジャン・シャルトロン」のサン・トーバン、ピュリニー・モンラッシェともに繊細で豊かなワインです。フォラティエールは、鋼のような力強い酸がワインを引き締めています。98年のワインで、まだまだ熟成していきますが、今でも十分楽しめます。

久しぶりの「ロッソ・ディ・セーラ」、ストックの99年を開けてみました♪チョコレートはバニラの甘い香り(カルロ・フェリーニが造るものとは違う香り)、フルーツの次第に出てきますが、やや閉じた印象です。トスカーナ99年のトップクラスは、現状では、やや内向的な状態ですね。

4/03
P1060371.jpg

-Cotes-de-Rone 2003 Chateau Saint-Pierre D'escarvaillac (France/Rhone)
-Quinta da estacao Colheita Seleccionada 2001 Alves de Sousa (Portugal/Douro)


ポルトガルのは、まあまあでしたが、どちらも不味いのでコメント無し!
  1. 2007/04/07(土) 18:12:23|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大好物♪

クロワッサンダマンド♪ (茨城・龍ヶ崎/クレッセント)
070405_1640~0001.jpg

一時期は毎朝1個食べていたこともあった、クロワッサンダマンド です。
表面さくさく、中しっとりの触感と上品な甘さがたまらないんですよ♪

このクレッセントのがお気に入りです。
  1. 2007/04/06(金) 23:03:58|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

3/28
P1060346.jpg

-Wehlener Reisling Kabinett 2003 Joh.Jos.Prum (German/Mosel-Saar-Ruwer)
-Graacher Himmelreich Reisling Kabinett 1996 Joh.Jos.Prum (German/Mosel-Saar-Ruwer)


ドイツを代表する造り手「J.J.プリュム」を久しぶりに開けてみました。若い「2003年」と少し熟成させた「1996年」の比較は楽しいもので、前者は、さすがのプリュムと言えども、猛暑の影響か、「酸」はソフトで柔らかく、甘みと濃度が支配的な早い時期から楽しめるスタイルで、後者は「クラシック」と言えるような、モーゼルらしい強靱で鋼のような酸とミネルルが充実していました。
若いうちは、「生ひね」というか、「生ゴム」が蒸れたような独特のリースリング香なんのですが、熟成により、その香りが落ち着き、「花」や「蜜」のような甘い香りが出てくるのが不思議なんだよなぁ。。。

3/29-31 休み
  1. 2007/04/01(日) 23:37:08|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: