FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記。

2/1 休み

2/2

P1030228.jpg

-Rosso Di Montepulciano 2002 Canneto (Italy/Toscana)
-Fortunello 2002 La Fortuna (Italy/Toscana)


トスカーナ、赤の2002年を比較、白ワインは素晴しいものが多かった2002年ですが、赤は収穫時期が荒れ、近年の中ではもっと収穫が難しかった年になってしまいました。クリュラインの生産を止め、ベースのワインのみリリースした生産者も少なくありません。上記の2本からも、少しでも良いワインを造ろうとする生産者の気持ちがひしひしと伝わってきます。こういう年があってからこそ、素晴しい収穫となった年の味わいに感動したりもします。

2/3
P1030229.jpg

-Zeltinger Sonnenuhr Riesling Auslese** 1990 Markus Molitor (German/Mosel-Saar-Ruwer)
P1030249.jpg

先月に引き続き「90年のモーゼル」です♪

マルクス・モリトールでは、「アウスレーゼの★★」はエクスレ度が100を超える(通常モーゼルのアウスレーゼは、最低83以上で、ベーレンアウスレーゼが最低110ということからも、このワインは、かなりのブドウで仕込まれていることが分かります。)ブドウから仕込んでいるようで、凝縮感がありました。

きらびやかで美しい黄金のしずく、しっとりとした香りは、ミネラルや蜜、そしてリースリングらしいワックスのようなもの、豊かで引き込まれていきます。味わいは、熟成し、優雅で品位あるものに磨き上げられた印象です。口当たりもソフトで体に染みこんできます。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/04(日) 15:47:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: