一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイン日記。

2/16
P1060183.jpg

-Spatburgunder“B”Q.b.A Trocken 2004 Friedrich Becker (German/Pfalz)
-Steeger St.Jost Riesling Kabinett Haibtrocken 2004 Ratzenberger (German/Mittelrhein)


かなりレベルの高い、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)になります。濃さを感じさせるチェリーなどのフルーツ、濃縮した感じがあります。また、甘い樽のバニラもとけ込んでいる。ドイツと思えない、ソフトな酸味、ボディもあります。シンプルですが、単純に美味しい!と思える、素晴しい味わいがあります。ちょっとビックリさせられた1本です。ファルツの「フリードリッヒ・ベッカー」は覚えておくと良いでしょう!

ミッテルラインのワインも、水準以上のものでした。

2/17
-Schloss Lieser Riesling Spatlese Halbtrocken 1997 Schloss Lieser
香りは、モーゼルらしいリースリングのお手本的なものなのですが、ボトルの状態なのか?!熟成具合なのか?!以前飲んだ印象とは違い、かなりドライな味わい。魚貝系の食事と合わせるのなら良いだろう。単独だと、少し淡泊な感じとなってしまうなぁ・・・。

2/18-20 休み
スポンサーサイト
  1. 2007/02/24(土) 17:42:54|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わいん日記。

2/13
P1060188.jpg

-Cantalupi Riserva Salice Salentino 2001 Conti Zecca (Italy/Puglia)
-Vino Rosso Toscana Rosso Vecchia Annata 1988 Grato Grati (Italy/Toscana)
-Macchiole Rosso 2003 Le Macchiole (Italy/Toscana)


2/14
P1060190.jpg

-Vermentino Affinato In Barriques 1999 Cima (Italy/Toscana)
-Chateauneuf du Pape Blanc 1999 Le Vieux Donjon (France/Rhone)
-375ml Haardter Burgergarten Rieslaner Beerenauslese 2004 Muller Catoir (German/Pfalz)


白2本の比較♪どちらとも鮮明にブドウの個性を主張する香りや味わいを醸しださない、難しいタイプになりました。

「チーマ」は、新樽のバリックで仕込んだ、パワフルなタイプではありますが、熟成により、非常にしっとりとした状態に仕上がって来ています。綺麗な樽の甘い香りと果実の「蜜」のような甘い香り、味わいは濃度があり、アルコールの高さも感じさせられます。しかし、嫌みのない上品なものです。酸は、やや大人しめかな。

「ヴュー・ドンジョン」のシャトーヌフ・デシュ・パプ、白です!グルナッシュ・ブランにクレレット、そしてルーサンヌのブレンド、何じゃ?そりゃ?というようなローヌ地区での、ややマイナーなブドウがメインに使われています。こちらの方が、より冷涼な酸、そして同じ年と思えない「若々しさ」があります。5年以上年が違う印象を受けます。柑橘系のフルーツやその皮、ハーブ、蜜、豊かな香り、こちらもアルコールの強さを感じさせるボディの強さがあります。大きめの樽で仕込みますので、樽の印象はほとんどありません。

最後のおまけは「ミュラー・カトワ」の貴腐ワイン♪
素晴しい香りと味わいがありますね!!

2/15 休み
  1. 2007/02/22(木) 23:46:06|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゃもしゃも♪

しゃものすき焼き♪
070218_2257~0001.jpg

水戸までいきましたので、例の「しゃものお店」へ!!
前回、気になっていた「しゃものすき焼き」を食べてきました♪

さっぱり美味しい「水炊き」とはまた違う、素敵な味わい。
旨い「わりした」、個人的には、おしょう油と甘さの加減が、ぴったんこ!
これも美味しい、しゃもの食べ方なのですね!

070218_2255~0001.jpg

この時雨煮が旨~~~~い!!
野菜との相性が良く、クセになる旨さです♪

久しぶりの「水戸」を堪能してきました。
  1. 2007/02/21(水) 15:21:39|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレキも良いのぉ~♪

ODU-vis ミニライブ♪(茨城・水戸)
070218_1919~0001.jpg

今年初のフェイキー行ってきました!!
ギターレッスンの説明会を兼ねた、ミニライブです。
場所は、なんと!素敵な家具が並ぶお店。。。すわり心地の良い椅子で音楽を堪能できて最高でした!!
そして、綺麗に突き抜けて鳴り響いていく、店内の環境は、Keicoさんの歌声にぴったりで、うっとり♪

でもでも今回の主役は、もちろんNaokiさんで~す!
普通のライブでは絶対に見られない、エレキギターの演奏もあって楽しいひと時です。
かっちょいい~~!!!
  1. 2007/02/20(火) 23:05:09|
  2. FAKiE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

2/10 ワイン会
P10302761.jpg

-WB Riesling Auslese Trocken 1990 Dr. Burklin-Wolf (German/Pfalz)
-Meursault Cuvee Jehan Humblot 1986 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)
-Gevrey-Chambertin Vieilles Vignes 1994 Serafin (France/Bourgogne)
-Charmes-Chambertin 1992 Pierre Bouree (France/Bourgogne)
-Pommard Cuvee Dames de La Charite 1988 Hospices de Beaune (France/Bourgogne)
-Clos De La Roche 1994 Lecheneaut (France/Bourgogne)
-Brunello di Montalcino 1987 Case Basse (Italy/Toscana)
-Erbacher Marcobrunn Riesling Auslese 2002 Preiherr Langwerth von Simmern (German/Rheingau)


ドイツの辛口は、最近よく飲んでいる90年のワインで、かなりの凝縮感がある!綺麗で鮮やかな「酸」は、とっても心地がよい。これを飲んでしまったせいか、ブルゴーニュの「ムルソー」はかなりドライに感じる。まったくシャルドネとは思えないほどに、ミネラルと柑橘系の香りしか感じられなかった。思った以上に前者が濃いワインなのであろう。

赤は、どれも素晴しかった!中でも「オスピス」のポマールは、バランスが素晴しく口当たりの良さなど「丸み」をおびた、実に美しい味わいであった!! これらか暫く、良い状態で味わえることだろう。

久しぶりに飲んだ、モンタルチーノの雄「カーセ・バッセ」は、「さくらんぼ」などの「優しいフルーツ」の香りに、「ハーブ」や「スパイス」も感じる。豊かな香りです。味わいは、「酸」が鮮烈で若々しく、20年熟成しているとは全く思えないほどのもの、タンニンにもエッジが残り、イタリアワインとしては異質な存在に思えます。あと10年、いや20年くらい熟成するとどうなるのだろうか。。。改めて、凄いワインだと思いました。

2/11 休み

2/12
P1060189.jpg

-Chateau Grand Jean 2002 Bordeaux Superieur (France/Bordeaux)
-Chateau Le Peuy Saincrit 2002 Bordeaux Superieur (France/Bordeaux)
-Chateau Caillou Des Martins 2002 Lussac Saint-Emilion (France/Bordeaux)
-375ml Chateau Haut-Bages-Liberal 1995 Pauillac (France/Bordeaux)


最初の3本は、ボルドーの量産タイプのワインで、香りにフルーツが乏しく、味わいは痩せたものでした。このクラスのものでは仕方がないところか・・・。

口直しに、5級格付けの「オーバージュ・リベラル」を抜栓!ハーフと言うこともあり、95年のワインとしては角がとれた、飲み口の良い状態に仕上がって来ていました。これが、なかなか旨い!肉が食べたくなる。。。やはり、香りや味わいは、全く違うスケールの凝縮感がありますね。
  1. 2007/02/19(月) 17:51:44|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タック&パティ♪

Tuck & Patti in Blue Note Tokyo
070215_2325~0002.jpg

昨年行けなかったので、今年は!と思い、行ってきました♪

タックさんの凄いギターとパティさんのソウルフルな歌、
二人の存在感(愛)が伝わってきました!

また違った音楽の世界を体感できました。
彼らの歩んできた人生ともいうべき、あの深い、温かい音。。。 忘れません!






  1. 2007/02/18(日) 16:53:09|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

2/4-6 休み

2/7

P1060149.jpg

-Puntay Weissburgunder 2005 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)

まだ若く、堅さの残る味わい。若々しい柑橘系、レモンやライムの香り、綺麗な青リンゴ香り、シロップの甘い香り、ハーブの香りもある。このワインは、力強い酸があり、「熟成向き」といっていいだろう。2~3年熟成させるとかなり良くなるはず、また、食事と合わせると「良さ」が引き立つことだろう。これは、かなり良いワインだと思います。

アルト・アディジェの「ピノ・ビアンコ2005年」は、香りが豊かな、素晴しいものが多く、覚えておくと良いでしょう。

2/8 休み

2/9 友人宅

P1060148.jpg

-Puntay Weissburgunder 2005 Erste & Neue (Italy/Alto-Adige)
-Chateau du Valois Rouge 2002 (France/Bourgogne)
-Vinsanto Recinaio 1997 Sangervasio (Italy/Toscana)


至福の甘口ワイン「レチナイオ」、この97年は、円熟味をおびた味わいになってきています。本当に美味し~い♪ ヴィンサントの中で、一番のお気に入りの一本です。
  1. 2007/02/10(土) 23:24:36|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメージを養う。。。

豚スペアリブのラグー
P1030253.jpg

Voiello N.141、フジッリを使ったラグーです♪
このヴォイエッロのフジッリはイタリアで買ってきたものですが、なかなか旨いぞぉ!!

牛ではなく、なんだか。。。豚の煮込みが食べたくなり作ったものです。
野菜たちとじっくりコトコト煮込んだスペアリブ、
十分にセコンドでも楽しめそうですが、贅沢にもばらしてパスタに!!
豚は旨いのぉ~♪

モンタルチーノのワインが合いそうです。
フォルトゥーナのロッソ・ディ・モンタルチーノかな。。。

一晩寝かせると旨みがぐぅ~~!と増しそうです。
  1. 2007/02/05(月) 00:40:17|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

2/1 休み

2/2

P1030228.jpg

-Rosso Di Montepulciano 2002 Canneto (Italy/Toscana)
-Fortunello 2002 La Fortuna (Italy/Toscana)


トスカーナ、赤の2002年を比較、白ワインは素晴しいものが多かった2002年ですが、赤は収穫時期が荒れ、近年の中ではもっと収穫が難しかった年になってしまいました。クリュラインの生産を止め、ベースのワインのみリリースした生産者も少なくありません。上記の2本からも、少しでも良いワインを造ろうとする生産者の気持ちがひしひしと伝わってきます。こういう年があってからこそ、素晴しい収穫となった年の味わいに感動したりもします。

2/3
P1030229.jpg

-Zeltinger Sonnenuhr Riesling Auslese** 1990 Markus Molitor (German/Mosel-Saar-Ruwer)
P1030249.jpg

先月に引き続き「90年のモーゼル」です♪

マルクス・モリトールでは、「アウスレーゼの★★」はエクスレ度が100を超える(通常モーゼルのアウスレーゼは、最低83以上で、ベーレンアウスレーゼが最低110ということからも、このワインは、かなりのブドウで仕込まれていることが分かります。)ブドウから仕込んでいるようで、凝縮感がありました。

きらびやかで美しい黄金のしずく、しっとりとした香りは、ミネラルや蜜、そしてリースリングらしいワックスのようなもの、豊かで引き込まれていきます。味わいは、熟成し、優雅で品位あるものに磨き上げられた印象です。口当たりもソフトで体に染みこんできます。
  1. 2007/02/04(日) 15:47:55|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ル・ブルギニオン(東京・西麻布)

Le Bourguignon

年末にお邪魔したときのお料理です。
今回もお友達が予めワインを決めてから、それに合うお料理を造って頂きました。そのお皿も絶妙な塩加減で、ワインをいっそう引き立ててくれます。また、相乗効果で食事もまた美味しくなるという。。。なんとも贅沢な食事会となりました。どのお皿も素晴しかったのですが、野鳩の肉の旨み、そして初めて食べる「脳みそ」の旨さに衝撃を受けました。ほんの耳かき一杯程度の僅かな量なのですが、これが凄かった。。。

“海”のタルタル、海水のジュレ添え
P1030055.jpg


セップ茸のブルーテ、ブレス産ソリレスのオニオンファルシー
P1030059.jpg


仔豚のロースト、仔豚のジュとマデラのソース、
            クミン風味の人参のピューレと

P1030065.jpg


野鳩のロースト、その内臓のソースで
P1030073.jpg


-Gosset Rose Brut NV Gosset (France/Champagne)
-Chablis Grand Cru Les Preuses 1989 Jean Dauvissat (France/Bourgogne)
-Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Verges 1992 Collin-Deleger (France/Bourgogne)
-Vougeot 1er Cru Les Cras 1983 Mongeard-Mugnuret (France/Bourgogne)
-Bonne Mares 1983 George Roumier (France/Bourgogne)


今宵も心が満ち足りた、素晴しいひとときでした♪
  1. 2007/02/03(土) 16:46:43|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つくば秘密倶楽部♪

P1020943.jpg

つくば某所、普通のマンションの中にある、隠れ家です。
まさに「ひみつ倶楽部」です。

大トロは旨いのぉ~♪
でも、お隣の鯖の方が好きだったりして。。。だって、庶民だから・・・。(汗)
  1. 2007/02/02(金) 16:57:49|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

P1050053.jpg
giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

お友達のジョルジョ君が愛する「キアンティー」を熱く語るブログのご紹介です。
これから色々な情報を届けて欲しいです!
楽しみにしていますよぉ~~♪

※写真の部分をリンクさせております。
  1. 2007/02/02(金) 12:49:54|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりに休養。。。

春野菜のカルボナーラ
P1030194.jpg

風邪ぎみということもあり、予定をキャンセルして自宅で久しぶりの静養です。
たまには何もせずに、ぼ~~~~としているのも、なかなか良いですね。
リフレッシュになります。

冷蔵庫の入っていたキャベツとブロッコリーをさっぱりカルボナーラに仕上げてみました。
やっぱり、カルボナーラはこういう落ち着いた気分の時に作ると「火加減」がぴったんこ!と行きます。
  1. 2007/02/01(木) 23:17:30|
  2. Pasta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: