FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ワイン日記。


11/12 生産者のロドリゲスさんと
-Chateau d’Agel AOC Minervois Cuvee ≪ Les Bonnes ≫ white 2004
-Chateau d’Agel AOC Minervois Cuvee ≪ Les Bonnes ≫ red 2003
-Chateau d’Agel AOC Minervois Cuvee ≪ Caudios ≫ red 2003
-Chateau d’Agel AOC Minervois Cuvee “In Extremis” red 2003
-Domaine Galtier AOC Coteaux du Languedoc red 2003
-Domaine Galtier AOC Coteaux du Languedoc Cuvee Kermes red 2001
-Domaine Marquise des Mures AOC Saint-Chinian Cuvee Les Sagnes red 2003
-Mas Gabinele AOC Faugeres Rose 2004
-Mas Gabinele AOC Faugeres red 2002
-Mas Gabinele AOC Faugeres Cuvee ≪ Rarissime ≫ red 2003
-Les Platanes de La Marquise Chardonnay 2004 Vin De Pays D'Oc
-In Optimis AOC Minervois 2004 Thierry Rodriguez
P1020745.jpg

どれも高品質のワインばかりです。高い価格帯の2本は、もの凄いパワーと存在感を示しており、「大物感」を感じさせられました。
低価格のものも、どれも美味しいと思います。

 ワイン会にて
P1060008.jpg

-Jacquesson Cuvee No.729 NV Jacquesson (France/Champagne)
-Condrieu Coteau De Chery 1994 Niero Pinchon (France/Rhone)
-Gevrey-Chambertin Lavaux Sait Jacques 1892 Roland Tbevenin (France/Bourgogne)
-Cote Rotie Cotes Brune et Blonde 1985 E.Guigal (France/Rhone)
-Chateauneuf du Pape Barbe Rac 1996 M.Chapoutier (France/Rhone)
-Chateau Beychevelle 1961 (France/Bordeaux)
-PT Niederhauser Hermannshohle Riesling Auslese Gold-Capcel 2002 Donnhoff (Germany/Nahe)

11/13
-PT Chateau Pichon Longueville Contesse De Lalande 1983 (France/Bordeaux)

11/14
-Giulebbe 2002 Badia di Morrona (Italy/Toscana)

「新酒」とはいえ、メルロから造られたワインは、しっかりとタンニンがありますので「熟成」していました。新酒らしい、フレッシュさはないのですが、懐かしい、田舎ぽい味わいが食事をもり立てそうな気がします。ちゃんとしたワイン造りがあったのだとモローナの実力を再確認しました。

11/15 友人宅にて
-Chateau Laville Haut Brion (France/Bordeaux)
-Roero Superiore 1990 Monchiero Carbone (Italy/Piemont)

シャトー・ラヴィーユ・オーブリオンは、ラミッション・オーブリンで造られる「白ワイン」です。オーブリオン・ブランと並んで、ボルドー最高の白ワインになります。セミヨンが中心にソーヴィニヨン・ブランがブレンドされています。84年は出来が悪いとされていますが、決してそんなことはない、繊細でエレガントなワインだと思います。このクラスだと20年の熟成は必要ですね。

モンキエロのロエロ90年は、まだまだ若々しいワインでした。素晴しい収穫となった90年ですが、ここまでポテンシャルがあるのか!と感心させられるワインで、フルーツ感、タンニンの強さ、酸の良さ、まだまだ可能性を秘めたものだと思います。抜栓を早まったかな?!(汗)まあ、まだボトルはあるからな!


11/16 休み

11/17 新酒を楽しむ会にて
P1060016.jpg

-Beaujolais Nouveau 2005 Edger de Mersan (France/Bourgogne)
-Giulebbe 2005 Badia di Morrona (Italy/Toscana)
-MG Pouilly-Fuisse Vielles Vignes 1997 Chateau Fuisse (France/Bourgogne)
-Morey-Saint-Denis 1997 Hubert Lignier (France/Bourgogne)
-Chatetau Leoville Barton 1988 (France/Bordeaux)
-MG Chateau Gruaud Larose 1975 (France/Bordeaux)
-MG Chateau Leoville Las Cases 1975 (France/Bordeaux)

11/18 白トリュフの会にて
-Beaujolais Nouveau 2005 Edger de Mersan (France/Bourgogne)
-Egerie Brut 1998 Pannier (France/Champagne)
-Paleo Bianco 2001 Le Macchiole (Italy/Toscana)
-Barbaresco Martinenga 1989 Marchesi Di Gresy (Italy/Piemont)
-Ermitage De L'Oree 1992 M.Chapoutier (France/Rhone)
-Anthos Bianco Passito 2000 Erste & Neue (Italy/Alto-Adge)

11/19 レストランにて
-Beaujolais Nouveau 2005 Edger de Mersan (France/Bourgogne)
-Paleo Bianco 2001 Le Macchiole (Italy/Toscana)
-Barbera D'Asti Superiore Sansi 2000 Scagliola (Italy/Piemont)

スカンピには「パレオ・ビアンコ」ですね。2001年は一番好きなヴィンテージになります。2日続けてになりますが「旨い!」、抜栓3時間後くらいに飲んだのですが、香りと味わいが一段と広がっていました。

「鹿のカルパッチョ」ということで、本当はもう少しクラッシクなバルベーラが良いかと思いましたが、久しぶりにスカリオラの「サンシー2000年」を開けてみました。コレが旨い!ソフトで、甘く感じる上品な味わいは、ちょっと引き込まれていきます。こういうワインを飲むと赤ワインが好きになると思います。

11/20 友人宅にて
-Giulebbe 2005 Badia di Morrona (Italy/Toscana)
-Saint-Aubin 1er Les Frionnes 2003 Moingeon Andre et Fils (France/Bourgogne)
-Barbera D'Alba 2003 Varaldo (Italy/Piemont)

「モワジョン」のサン=トーバンは、味の濃く、早い時期から楽しめるタイプです。凄い濃度があり、まさに「フルボディー」ですよ。熟成どうのこうのいうよりも、早いうちに楽しんだ方がよいかも知れません。

バラルドのバルベーラのだいぶ落ち着いてきていました。暑かった2003年らしい「果実味」たっぷりの、濃い味わいです。このクラスのでも、かなりのものです。

11/21-22 休み
スポンサーサイト



  1. 2005/11/22(火) 18:19:39|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: