FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

ひとやすみ。。。

20051003212613.jpg
ちょっと、一休みします。

暫くの間、ワインと美味しいものを探しに行って来ます。
そのため更新が出来ませんので、宜しくお願いします。






スポンサーサイト



  1. 2005/10/03(月) 21:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン日記。

9/30 休み
10/1 Bourgogne Rouge 2003 Alain Corcia (France/Bourgogne)
   Dolcetto D'Alba 2003 Varaldo (Italy/Piemonte)
   Macchiole Rosso 1998 Le Macchiole (Italy/Toscana)
   Scharzhofberger Riesling Auslese Gold Capcel 1999 Vereinigte Hospitien (Germany/Mosel-Saar-Ruwer)
   Vin Santo del Chianti Classico 1997 San Fabiano Calcinaia (Italy/Toscana)
10/2 Chateauneuf-Du-Pape Reserve 1983 Chateau Rayas (France/Rhone)
   Solaia 1982 Antinori (Italy/Toscana)
   Chateau Haut Brion 1982 (France/Bordeaux)
   Steinberger Riesling Eiswein 2001 Kloster Eberbach (Germany/Rheingau)
10/3 休み

P1020285.jpg


シャトーヌフ・デュ・パプ83シャトー・ラヤ
やや赤茶けてきた色合い、キャラメルムースの中のクラッシュしたチェリーが混ざったような、上品な甘い香り、土、獣と複雑な香りが立ち上がってくる。口当たりに「甘み」を感じもエレガントな酸が広がっていく、「ローヌ」地区特有のアルコールの重さがない!なんて「上品」なワインなのであろうか!素晴らしい。。。しかも色に比べて、味わいは「酸」や「タンニン」は全く色あせてきていないぞ!香りものびてくる。ちょうど今が一番美味しい時期かも知れれない。こいつは凄いぞ!!

ソライア82アンティノリ
熟成した色合いだが、色は濃い。ウッディ、線香のような燻したハーブ、奥にカシスのようなフルーツ、黒砂糖、レザー、ちょっと「木」の香りが強いの
が残念だが、味わいのバランスは良い。「酸」と「タンニン」は、非常にこなれてきている。今が良い飲み頃といったところだろうか。イタリアのワインも良い熟成を重ねますね。イタリアの「底力」を感じさせてくれました。

シャトー・オーブリオン82
高級ワイン特有の「ハーブ」の香り、森の香り、洗練されたフルーツの上品な香り、熟成感は全くない!「酸」「タンニン」ともに素晴らしくキメのある「エレガント」な味わいです。凝縮感も申し分ない!「芯力」が凄いので、まだまだ熟成していきます。本当に素晴らしい出来です。今でも美味しく楽しめますが、真価を発揮するまでには、しばらく熟成させなければならないでしょう。82年のこのクラスは、今後数十年は色あせないでしょう!思ったよりの美味しくなっています。しかし、20年たっても時間を感じさせない、若々しさがある。なんて若いワインなのであろうか。。。
  1. 2005/10/03(月) 17:03:13|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Total: Now: