FC2ブログ

一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カノビアーノ(その4)

P1030257.jpg
セコンド合わせるため、グラスの赤ワインをソムリエさんのお任せで注文しました。

自分は魚ですので、トレンティーノ/アルト・アディジェ州の「D.O.Cヴァルダディジェ」のワインです。アルディノが造る「スキアーヴァ・ジェンティーレ」のロゼ?!ワインです。もしかしたら赤かもしれません。。。色が薄いのとタンニンがなかったので、ロゼだと思います。仄かな甘みを感じさせる、美味しいワインで、繊細なお魚料理にバッチリでした。

友人はお肉なので赤ワインです。煮込みということもあり、少し野性的なワインで合わせたようです。「D.O.Cトレンティーノ」の珍しいブドウ「マルツェミーノ」を使ったワインでした。初めて聞くブドウで、飲んだ印象は地ブドウのような気がしましたが、分かりません。土ぽさを感じさせる香り、野性味ある味わい、食事あってのワインだと思います。

さすがにソムリエの選ぶワインです。料理との相性はバッチリでした。次回は、ソムリエさんのお任せでワインを選ぶことにしょう。。。

最初には、友人が飲みたいと言って決めた、ヴェネト州のソアヴェ・クラッシコ「ラ・フロスカ」を頂きました。2003年の濃さが目立ち、甘い液体は「酸」が足りず、グラスなら良いのですが、1本を飲むとなると飲み飽きてしまいます。造り手のジーニは、「ソアヴェ」を代表する生産者で、結構騒がれていますが、思ったほどではないようです。

ワインの価格は、思ったよりも押さえられていて、選択肢も広く、注文し易いとおもいます。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/17(水) 19:14:09|
  2. Wine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カノビアーノ東京(その3)

P1030247.jpg
江戸前穴子と賀茂茄子のルチダート 
     枝豆のムース 実山椒の香り
¥2300


友人が追加したAntipastoです。繊細な前菜です、シンプルな穴子と茄子を枝豆のムースで味を付け、アクセントに山椒がありました。










P1030256.jpg
仔牛とちりめんキャベツの軽い煮込み

この煮込みは美味しかったです。軽い煮込みと書いてあったのですが、お肉の部分以外に内臓系もしっかりと後処理してお皿にでていました。ちょっとやられた!と言う感じでした。「ちりめんキャベツ」は植竹シェフの好きな食材ですよね。ジビエが食べてみたいと思わせるセコンドでした。ご馳走様でした!






  1. 2005/08/17(水) 17:21:33|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
Total: Now: