一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アロマクラシコ(その4)

P1030185.jpg
フレッシュマンゴーと
クリームチーズのムース
     オレンジのソルベ添え



美味しかったです。甘さと酸味のバランスが良く、このコースの中では一番の出来でした。甘口のモスカート・ダスティを合わせたいですね。








P1030187.jpg
パンナコッタ アロマフレスカ風

甘い・・・。
物凄く、甘い!
これは、飽きちゃうよ!



サービスのスタッフのレベルが低く、料理ももうひとつ、素材の良さは分かるのだが、まとまりがない・・・。残念です。もう、二度と行くことはないだろう。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/06(土) 21:36:57|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プンタイ「ラグレイン」リゼルヴァ2002エステ&ノイエ

Puntay Lagrein Riserva 2002
                 Erste & Neue

アルト・アディジェ州のカルダロにある「エステ&ノイエ」のワインです。「プンタイ」シリーズは、蔵の一番のワインになります。地ブドウの「ラグレイン」は、注目されているブドウで「色が濃く、繊細なタンニンと冷涼な酸味」が特徴です。イタリアのほとんどの場所で、2002年の収穫は苦労しましたが、この「アルト・アディジェ州」だけと言っていいかな?!素晴らしいものになりました。そのため、良いブドウを収穫し、樽熟成の長い「リゼルヴァ」として日本にやってきました。
税込\2865(輸入元・吟奏の会)

なお、今年よりピエモンテの名エノロゴ(醸造家)ジュゼッペ=カヴィオラ氏を醸造部門に招聘し、「ラグレイン」を含めた「赤ワイン」の生産にも力を入れるとのことです。期待したいです。ヴァルテル氏も今まで通り、蔵の醸造家として残ります。

  1. 2005/08/06(土) 17:12:24|
  2. Wine
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
Total: Now: