一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠い日の記憶・・・。

あの天才料理人は、今、何処へ。。。
どうしても1年のサイクルでいなくなってしまう・・・。
あの大胆かつ繊細、そして究極的な肉の火入れ、もったいない才能だ・・・。

再び、あの料理と再会したい!
復活を願っています。

アグー豚とハニーキャベツのタリアテッレ
P1000917.jpg

写真を整理していたら出てきました。
極上の豚、アグーの上品な旨みとキャベツの甘さだったと記憶しています。

アラビアータ
P1000922.jpg

辛い!でも美味しい辛さです。
もっと辛いのではないか?!と思っていましたが、意外にも丁度良い辛さでした。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/29(月) 16:23:58|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お手本。。。

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ
P1010483.jpg

久しぶりに、えびちゃんのアリオリが食べたかったので、無理を言って1皿だけ食べてきました。
やっぱり、シンプルなこのパスタが一番美味しいんだなぁ~♪
あさりダシが決め手です。
  1. 2006/07/29(土) 23:50:49|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイン会の食事 (池袋・KITCHEN 胡)

-Antipasto Misto-
P1000749.jpg

4点盛りの贅沢な前菜です。白ワイン、特に硬質な「シャブリ」に合わせるため「魚介」です。とくに「貝」を旨く使って貰いました。
「初鰹のたたき、バーニャフレイダ風味」
「鰯とインカのめざめのテリーヌ」
「北陸産岩かきのオーブン焼き」
「春の貝をいろいろ、九条ねぎと合わせて」

-Pesce-
活締めはたの皿焼きカルパッチョ仕立て
    徳島産ルネッサンストマトのソース

P1000752.jpg

シンプルなんだけど、「はた」の旨味とフルーツトマトの上品な甘みが抜群でした!もう一皿食べたくなりました!

-1 Pasta-
ポルチーニ茸のタリアテッレ

P1000757.jpg

最近、よく出てくるパスタです。手打ちのタリアテッレにポルチーニのシンプルな味わいです。食感も楽しめます。

-2 Pasta-
ラグー入りアニョロッティ「プリン」
  タレッジョのソースとくるみのロースト

P1000759.jpg

熟した「バローロ」といことで、こちらも伝統的なパスタにしました。風味豊かで、素晴しいプルノットのバローロと、最高のマリアージュ! ここまでばっちりだと、うっとりさせられます。このアニョロッティ「プリン」とタレッジオのソースは絶品です!

バローロ・ブッシア86プルノット
P1000758.jpg


-Secondo Piatto-
フランスブレス産鳩のロースト、フォワグラのポワレ添え
    サルサペヴェラーダとフランボワーズの2種のソースで

P1000762.jpg

甘いイメージの「グルナッシュ」のワインでメインを悩ましました。ソースも難しい。。。よくこちらのリクエストに応えてくれたと思います。シェフの素晴しい仕事です。

-Dolce-
微妙なガトーショコラ・クラシック
          パンナモンターレ添え

P1000765.jpg

やっぱり、シェフの造る「ドルチェ」は絶品です!しっとりとしてガトーショコラの甘みが絶妙で、グラムノンの「パスカル」とばっちり!赤ワインとデザートが合うとは。。。衝撃的でした!
  1. 2006/05/24(水) 17:11:02|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

説明必要なしのウマさです!

-1 Antipasti-
イン・サラーダ・ディ・マーレ

P1000248.jpg

さっぱりとした魚介のサラダです。

-2 Antipasti-
縞鰺のカルパッチョ

P1000250.jpg

2つ目も魚、今度は極上のシマアジをシンプルにカルパッチョにしています。

-3 Antipasti-
かきのグラタン

P1000253.jpg

最近よくでてくる、牡蠣のグラタンです。

-1 Pasta-
たこの辛いトマトソース スパゲッティ
              カラブリア風

P1000256.jpg

ピリっと辛~い!かなり辛いのに、す~とひいていきます。イタリアの小さい唐辛子らしいです。

-2 Pasta-
ポルチーニとラグーソースのピッコロ・ペンネッテ

P1000258.jpg

この時期に「ポルチーニ」?ということで伺ってみると、冷凍ものだそうです。だから、この時期でも、そして安く食べられるのです!でもあの香りと食感はしっかりと楽しめます。冷凍技術、恐るべし!

-Secondo Piatto-
自家製サルシッチャと牛腹身のグリル

P1000262.jpg

自家製のサルシッチャで~す♪
ハーブの香りと肉の旨みが詰まっています。グリルは、サルシッチャのよさが最大限に発揮するような気がします。

-Dolce-
ココナッツパンナコッタとマチェドニア

P1000266.jpg

ドルチェは、旨い!
  1. 2006/05/06(土) 23:44:04|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ書いていない、えびす料理が3つもあります。(苦笑)

-1 Antipasti-
甘えびとポロネギの冷たいリングエッティーネ

P1070064.jpg

カノビアーノの話になって、そのスペチャリテを改良しようと珍しく出てきた「冷製パスタ」です。ポロネギとフルーツトマトをソースにして和えています。自分もそうですが、細いパスタの「カッペリーニ」はあまり好きではないで、リングイネの細いやつで作っています。さっぱりしながら、食材の味がしっかりと引き出されています。

-2 Antipasti-
白アスパラのトリュフ風味
      &
ビンクアスパラとイカのサラダ

P1070068.jpg

浅野さんから「3色のアスパラ」が入ったとのことで、いったのですが、数が少なく緑色のヤツは残念ながらありませんでした。しかし、よくもまあ、千葉でこんな立派なアスパラが出来るなあと感心させられます。白は軽くボイルしてから、バターソテーし、終いにトリュフでお化粧です。ボイルしているので、あのしっとりとしながら、シャキっと感もあります。おいし~い!ピンクは、グリルです。こちらは、しっかりとした歯応えがあり、シャキっと感がいっそう強くありました。

-3 Antipasti-
小ふぐのラルド巻き、白子のディップ
        &
白魚のフリッタータ、菜花のピュレ

P1070070.jpg

さっぱりしたねぎとふぐに、濃厚な白子のソースは相性が良いです。綺麗な色合いのソース、菜花の仄かな苦味がさっぱりした白身のフリットに合います。どちらも上品なお料理です。

-4 Antipasti-
シャンピニオンのロワイヤルとフォアグラ
           牛房のカプチーノ仕立て

P1070072.jpg

これはシェフのスペチャリテですね。何度か頂いています。その都度、改良されていますので、同じものは二度と食べられません。(笑)フォアグラとマッシュルーム、いいですね!グチャグチャにすると最高に美味しいです。

-Primo Piatto-
桜えびと菜花のペペロンチーノ

P1070074.jpg

時期ですね!桜えび、菜花とさっぱりしたアリオリです。色合いも良いし、味も良いし、あっという間に食べてしまいます。美味しいのですが、桜えびのもぞもぞ感が、個人的にはちょっとかな・・・。


-Risotto-
春のリゾット

P1070076.jpg

今日は珍しいものが続きます。今度はリゾットです!ズッキーニ、そらまめ、その他の野菜は忘れてしまった。。。(汗)何か足りず、最後にプロシュートをちぎってできました。さっぱりしたリゾットでたくさん食べられそうです。すげ~旨いではなく、なんかこう心温まるお皿でした。

-Secondo Piatto-
いろいろ野菜、牛腹身のグリル添え

P1070078.jpg

「アル・ページュ」の話で盛り上がり、アラン=パッサール並みの超低温でソテーした、紫ほうれん草、普通のほうれん草、そして今年最後のハニーキャベツ、ズッキーニのグリル、野菜のオンパレードです。付け合わせに牛腹身のグリルです。もちろん、メインは「野菜君」です!とろけるような、ほうれん草は独特の風味が美味しく、紫のほうが、火を通すと甘くなっています。

-Dolce-
いちごのカプチーノ仕立て

P1070080.jpg

ホワイトチョコのプリン、その上にパンナコッタのジェラート、そこにフランボワーズのソース、その上に牛乳の泡が乗っけられています。4層です。固まるギリギリのところで作られているWチョコのプリンの仄かな苦味と甘みと風味が冴えるパンナコッタ、そして酸味が利いているフランボワーズ、全部をまとめ、口当たりを良くする牛乳、いや~、見かけは分かりませんが、もの凄く手の込んた、そして美味しいデザートでした。色々な味わいが楽しめ、最高の出来でした。また食いたいといっても、もう恐らく出てこないでしょう。。。やったね!
  1. 2006/05/01(月) 00:07:12|
  2. えびす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: