一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶の一皿 @ Florilege (東京・南青山)

DSC00539.jpg


ブルゴーニュワインを選んでしまうオイラ、やはり鳩ポッポは大好きです。

中でもフロリレージュで頂いた、このお皿、素晴らしかったです!!


肉の質感や焼きあがり、素材の風味と旨み、付け合わせ、最高レベルです。

もっと風味の強い鳩も好きですが、こういう優しい味わいも素敵ですね。


また食べたい!っす!!







さすがに人気店、予約するのも大変でした。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
  1. 2012/09/18(火) 23:01:07|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素材の美味しさがダイレクトに伝わる、丁寧なフレンチ @ Oh! la Vache (茨城・つくば)

DSC05328.jpg


久しぶりにつくばのフレンチレストラン、オ!ラ・ヴァッシュでランチを頂く、

本日は、シェフがコレを食べてくれー!ということで奮発してシェフお勧めのコースです。



前菜は鮪のタルタル、そしてここの名物である地元の野菜のサラダ仕立て。。。


シンプルに軽く下味がつけられた野菜、素材の旨みがダイレクトに伝わってきます。

葉っぱ一つでも、それが活かされる、邪魔しないドレッシングが抜群にいい!!

添えられいるソースも二種類、自家製マヨネーズとタップナードソース、これも軽快でいい感じです。



DSC05332.jpg


スープは、ゴボウにフォアグラが入り、ミルクのカプチーノ仕立てです。


以前にさつま芋のヴァージョンを頂き、とても印象的でした。

今回のものは、大地が香るゴボの風味、とじゃが芋のコクにミルクの旨みが入り、味わうごとに大地の旨みが広がちます。

繊細な塩加減は、旨みのような甘さが控えられ、ワインとよく合っていました!!


グラス売りのはつらつとした軽い白ワインも濃さが出てきます。



DSC05334.jpg


お魚料理は、渾身の帆立に魚のムースを使ったパイ包み焼きです!

ソースが甲殻類で取って濃度のあるものに、野菜のピューレが添えられ、これが合わせると素晴らしいバランスを生む!

甲殻類のエキスが中和され、繊細な帆立が生き生きとしてきます。


重厚なパイ包み焼きと濃度あるソースが、重苦しくありません!!



DSC05340.jpg


お肉は牛たんの煮込みです。

一緒に入った黄色ニンジンやインカの目覚め、芽キャベツの味が濃くて、お肉に負けていない!

どっちがメインのだか、、、肝心の牛たんも柔らかく味も入っていて、メインにふさわしい一皿だと思います。


パイ包みに煮込みとヘビーな組み合わせも、シェフらしい丁寧で繊細、品のある味わいで残すことなくたいらげられました。



DSC05350.jpg


デセールは、苺です!!


この時期の苺ですが、甘さと酸味が良く、〆として最高に旨いです!

フレッシュな苺も丁寧に下処理されているところが憎いですね。






今日も大満足、今度はディナー食べるためにガンバロー!!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ






  1. 2012/04/05(木) 21:14:59|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安心感のある極上フレンチ @ LA TABLE de Joel Robuchon (東京・恵比寿)

DSC05279.jpg


披露宴以来、久しぶりのラ・ターブルです。

今回はその時頂いた、ご招待でのランチでーす♪ 嬉しい!!


あの時は、大きく感じた箱(店内)ですが、狭く感じる。 ここで90名もよく入ったものだと改めて感心しました。

相変わらず落ち着いた、このシックなラベンダー色の店内が好きです。

良い雰囲気でお料理が楽しめますね。



DSC05281.jpg

アミューズ・ブーシュ


本日は、グレープフルーツのジュレにミントのラインが入り、レモンとライムのムースがのっかっています。

彩が奇麗で見た目からも、さわやか、春を感じます。

少し甘めで、胃が刺激されていきます!

 

DSC05285.jpg

フランス産ホワイトアスパラガス
カラスミと共にしっとりと焼き上げ ソースオランデーズで



旬ですね! ホワイトアスパラガス、しゃきっとした歯ごたえと甘み、品の良いカラスミの旨み・塩みがアクセントになっています。

僕が語るのもなんですが、オランデーズソースも重くも軽くもなく、さすがロブションという絶妙なバランスです!

支配人お勧めの頂いたコルビエールの白(マルサンヌがメイン)ともぴったり! いやーマリアージュですよ!!!

とっても、おいしぃーー!!!


やっぱり、凄いなーと思うお皿であり、ワイン選びだと感心です。



DSC05286.jpg

サラダ菜の温かいスープ カプチーノ仕立て
ほぐしたズワイガニと一緒に



このスープも絶妙ですね!


サラダ菜風味がありながら、ブイヨンなどでコクを出しています。 濃度も絶妙なところで仕上がっています。

ズワイガニみ生き生きしていて、マッシュルームの食感がアクセントになり、これがいい!!



DSC05293.jpg

マグロ頬肉のグリエ
香り高いブールノワゼットをホワイトバルサミコ風味で



お肉料理ばかり食べていたので、お魚を選択。 お嫁様が仔羊でしたので、赤ワインが合いそうなマグロです。

火の入れ方が良いですね! 柔らかくジュージーです。

ホワイトバルサミコを少しつけると、味が引き締まって、また味わい深くなります。


グラスで頼んだ、リオハのワインとも良かったです!

グラスワインは新世界のものが多く、嫁のオーストラリアのメルロは少し野性的でした。



DSC05294.jpg

ラ ターブルのデザート 3種のバリエ


デセールは、やっぱり色々と食べたいですよね!

迷わずに3点盛りです。。。(笑)

クレーム・ダンジュ、飴細工、ショコラブラン、ここのデセールはマジ旨いっす!


腕の良いパティシエがちゃんといるので本当に楽しめます。

これだけを食べに来たいくらいですよ。 それくらいに価値があると思います。

お腹いっぱいでも別腹、ぺろりと食べられます。



今日も大満足、また遊びに行こうと! 仕事頑張って食べに行きたいと強く思うのであった。。。

1周年までに行きたいです。







さすがロブション!バランス感覚が違います。
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ





  1. 2012/03/22(木) 21:26:00|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マリアージュスタイル @ ル・ブルギニオン(東京・西麻布)

DSC03954.jpg


西麻布のフレンチレストラン Le Bourguignon にてマリアージュを楽しむ♪

ワインに造詣の深い菊地シェフのお料理と素晴らしいワインたちの至福の食事会の記憶です。


特に肉料理の二皿は唸ります!!! ワインもばっちりで、素晴らしいハーモニーを奏でていました♪♪♪



-Champagne Blanc de Blanc Extra Brut NV Ulyss Collin (France/Champagne) Excellent!!
-Les Plantieres Haut Brion 2001 (France/Bordeaux)
-Chablis 1er Cru Butteaux 1999 Raveneau (France/Bourgogne)

-Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos de la Boussiere 2001 Domaine Georges Roumier (France/Bourgogne)
-Cotes de Rhone Reserve 2002 Chateau de Fonsalette (France/Rhone) GOOD!


本日のワインはシャンパーニュ1本、白2本、赤2本の構成内容です。

中でもユリス・コランのエクストラ・ブリュットとシャト・ラヤのフォンサレット02が印象的でした。


当日のコース内容は ↓ ↓ ↓


DSC03955.jpg

グジェール

-Champagne Blanc de Blanc Extra Brut NV Ulyss Collin (France/Champagne) Excellent!!


初めて飲む、ユリユリことユリス・コランのシャンパーニュから素晴らしかった!

樽熟シャンパーニュならではの豊かな風味と深い味わい、このボトルは少し瓶熟もしているようで、さらに旨みがありました!

世間で騒がれるのも頷きます。法外な値段にはまだなっていないので今のうちに買っておきたい1本です。



DSC03958.jpg

オマール海老のジュレ



DSC03960.jpg

甘鯛のポワレ スープ仕立て


DSC03966.jpg

兎料理


この兎さん・・・、めちゃ旨かったです!

淡白な兎肉にセップ茸などのキノコを詰めて焼かれ、茸の風味と合わさり素晴らしい風味♪

ワインもジョルジュ・ルーミエのワインとも合います♪ 願わくはワインがもう少し熟成していた方が良かったかも。。。

でもこれは、予算もあるしね・・・


もう一度、いや何度でも食べたい兎料理でした!!!



DSC03974.jpg

仔羊の低温ロースト

-Cotes de Rhone Reserve 2002 Chateau de Fonsalette (France/Rhone) GOOD!


僕の食した羊料理No.1になったでしょうか。。。


フライパンでじっくりと焼かれた羊君は、ジューシーで肉の旨みの塊でした。

低温で焼いては休ませ、また焼く、、、手間のかかる、そして火入れのセンスが成せる神業です。 めちゃ美味!

素材を最大限に生かした、シンプルだが渾身の一皿だと思います。



さてワインですが、ラヤのフォンサレット、今ローヌのトップクラスが造った02が素晴らしい状態です。


難しいヴィンテージになったと言われておりますが、濃すぎず良い意味での透明度とエレガンスがあります。

濃密でいて明るく、甘い果実でありながら素敵な酸味がある!

時間とともに香りと味わいの伸び方が華々しく、素晴らしかったです!!!



DSC03990.jpg


デザートはさわやかな桃で〆、今日も素晴らしい一日となりました。






うさぎさんとひつじさんに乾杯♪
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ



  1. 2012/01/10(火) 09:20:48|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローヌワインを楽しむ会 @ JALITA (阿見町)

_DSC7713.jpg


ローヌワインを楽しむ会でした☆


パンチがきき、ハーブとミネラル感、そしてアルコールの太さのある白ワイン、

そして、赤ワインは、濃度があってジャミーなグルナッシュ、エレガントで繊細なシラー。。。


シャトーヌフ・デュ・パプにエルミタージュ、どちらも98年と91年という、素晴らしい出来のワインです!

まだまだ熟成していく、すさまじいタンニンのスケールがあります。

あと10年、いや20年、恐ろしいほどのスタミナを持っていそうです。




_DSC7708.jpg

和牛胃袋のパン粉焼き



_DSC7704.jpg

大洗産スズキのクネル ソース・ナンテュア



_DSC7721.jpg

アンドゥイエットのグリル
    リヨネーズオニオンとドーフィノワ添え





_DSC7726.jpg

仔羊の赤ワイン煮込み




_DSC7734.jpg

利平栗のコンフィと栗のアイスクリーム


ワインとお料理の相性、写真では分からないハーモニーがありました。

今日の組み合わせは、なかなかのものですよ!!


とっても美味しかったです☆






  1. 2010/10/18(月) 21:50:03|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: