一期一会 【美味しいものとの出会い】

「ワイン」と「食」の世界を中心に勝手に掘り下げていく特集です。現地から、そして誰も知らないマニアックな情報をお伝えします。最近はカワイイ動物たちも登場します!東京、つくば、土浦の食べ歩き、グルメ情報も随時UP中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソルスティス号の引退について

Solstice.jpg

Solstice

「お兄さんの活躍を見てもソルスティスに対する期待は大きかったのですが、
前向きさが見られず、なかなかいい走りができません。
距離を延ばしたりダートから芝に替えてみたり、また気持ちを維持できるように工夫して、
少しでもいい結果を出せるように試行錯誤してきました。
しかしながら、課題のメンタル面は改善されず、競馬に行くとどうしても走ることをやめてしまいます。
最近は特に牝馬特有の繊細さが出てきていますし、今後大きく変わるのは難しいと言わざるを得ません」(伊藤圭師)

走ることに対しての前向きさが足りない現状を打破するため、馬具を用いるなど調教から様々な対策を行ってきました。
またレースの条件をいろいろと試しましたが、前進することができませんでした。
これまでの戦績を踏まえると、これ以上の上積みを見込むのは難しいと判断し、伊藤圭三調教師と協議を行った結果、
28日付で中央競馬登録を抹消(繁殖)することになりました。



正直、最近のキャロットでの出資馬の成績が、全く振るいません。

馬見の少なさ、新しい勉強も不足ぎみ、毎年同じような結果が出てしまっている現状、
牧場や競馬場に行く回数もわずかでは、これは致し方がないのかもしれません。

どうしたものだろうか、、、



牝馬としては雄大すぎる馬体、そして難しい気性、いろいろな原因はあったとは思いますが、
大きな問題は、単純に能力がなかったと思います。

SSのバネと筋力にクロフネのパワーがあると見えたのですが、残念。




スポンサーサイト
  1. 2010/05/06(木) 23:05:07|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュテンダルについて

_DSC3757.jpg

シュテンダル @ 2009キャロットクラブ募集馬見学ツアー


しばらく舎飼で経過を観察していましたが、日によって多少の波はあるものの歩様には一向に回復の兆しがうかがえず、
運動再開のメドが立たない状況です。
頚椎を痛めていることにより、今後急激な状態の悪化を見せる可能性もあれば、数ヶ月このような歩様が続くこともあります。

本日の定期検査にて獣医師より正式に競走能力を喪失するものであると診断されたことから、
牧場関係者と協議を行った結果、本馬の競走馬としての続行を断念することにいたしました。

会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご了承賜りますようお願いいたします。
なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。 

(公式HPより)


かなり期待していたのに、残念です。 本当に残念で仕方がありません。
この時期に競走馬を諦める仔は初めてで、かなりショックなアナウンスとなりました。





  1. 2010/04/16(金) 01:44:10|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュテンダル @ アモリストの2008

_DSC3682.jpg


このたび、競走馬名が シュテンダル に決定いたしました。

Stendal
恋愛小説「赤と黒」の作者である、フランス人作家スタンダールのペンネームの由来となったドイツ北東部の都市名


中間に捻挫したようですが、問題はないでしょう。
絶好調のネオユニヴァース産駒、この仔にも良い遺伝子が流れていると思います。

これからも大きく成長してほしいぞ!!




  1. 2010/03/10(水) 21:54:56|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファームYearling空港展示馬 No.13

_DSC3987.jpg

#39 ピューリティーの2008 @ ノーザンファームYearling空港

馬体重: 428kg  体高: 154.5cm  胸囲: 173cm  管囲: 19cm  (9/3)


かなり更新が進んでいなかった、2009年度キャロットクラブの募集馬見学ツアーの続きです、、、
年末以来ですが、また少しづつやっていきたいと思います。


古賀先生が非常に期待している同馬、もう一頭のキャリアコレクションの名前は覚えていらっしゃらなかった、、、(汗)

父モンズーンは、欧州での有力馬を次々に輩出しているドイツ血統を持つ仔です。
そのドイツ血統は日本に合うかどうか?!そこが焦点となることでしょう。


_DSC3990.jpg


先生も言ってらっしゃいましたが、とても垢ぬけて好馬体の持ち主です。
少し気性面でキツイところがあるそうですが、脚元の造りも良く、本当にバランスの良い体型です。

父パントレセレブルから運動神経と受け継いでいるように思いますので、日本の芝でも出来そうな感触はあります。
また父モンズーンから、骨格とねばり強い筋力、一歩一歩力強くパワフルな筋肉を忠実に受け継いでいます。
正直、スゲーいい馬だと思いました。


3月になり、クラブの近況から現時点での状態も申し分なく、
成長力のある血統がバックグラウンドにあるだけに、ゆっくりと温めてから始動させることになるでしょう。


この馬は、なにか独特の雰囲気を感じさせてくれます。


僕の馬見の無さははっきりとしていますが、
正直、まだ売れの残っていることが不思議なくらいに魅力を感じました。


ギリギリまで粘って、出資しようと考えています。


※競走馬名が「ピュアブリーゼ」(Pure Brise 「純粋なそよ風」の意)に決定しているようです。





  1. 2010/03/04(木) 15:32:39|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年キャロットクラブ募集馬見学ツアー ノーザンファームYearling空港展示馬 No.12

_DSC4035.jpg

#17 ビワプランサーの2008 @ ノーザンファームYearling空港

馬体重: 411kg  体高: 153cm  胸囲: 172.5cm  管囲: 20.7cm (9/3)


同じネオユニヴァース産駒のインペリアルマーチと良く似た特徴を持っています。
では、インペリアルマーチはどのような特徴を持っているのか、、、

背中が固い・・・。 そうです。(汗)

キョウエイマーチの子供の特徴でもあるのですが、この仔も固めに見えます。


_DSC4039.jpg


ネオユニヴァース産駒は、大きく2つに分かれる傾向があります。

非力に感じてしまうほど、しなやかさを持った、ぐにゃぐにゃする柔らかいタイプ、
そして、角ばった体型で、筋肉量が多く、筋肉の粘りが強調され、重くなってしまうタイプ、、、

どちらがよいのか、、、 

やや後者よりといえる、ロジユニヴァースは、大柄でパワフルな体型、粘りのある筋力を持っています。
そこそこのしなやかさも残っています。が、その売りは、軽さのある筋肉の粘りです。


体型には好みもありますが、やはり筋肉の質が重要なのです。
SS系最大の武器である、筋肉の質に軽さと粘りを感じれれば買いなのである!!


_DSC4096.jpg


この仔に、軽いバネのある筋肉を感じたら買いなのである!!
さあ、いかがでしょうか?


_DSC4094.jpg


体型や筋肉の量などから、正直、距離には限界があるかもしれませんね。


_DSC4093.jpg


残念ながら、年内じゅうに募集馬の写真を全てアップできませんでした。
来年も引き続き、2日目の展示会の内容を少しずつではありますが、アップしていきます。
申し訳ありませんが、気長にお待ちくださいませ、、、





  1. 2009/12/31(木) 21:28:40|
  2. Carrot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
Total: Now: